2017年9月21日木曜日

森の小さな美術館 後編


前編のつづき。







窓枠も友永氏の作品。

館内のあちこちの丁寧さを見れば、
クギを使わずにホゾや欠きで組んでいるのは間違いにゃい。

未確認だけど、きっとそうだと思う。


▼こちらは昭和のレトロガラスを再利用した明かり取り。













(なんだろな?)


▼影がリアルな木像。
プニュと柔らかいお肌に見えんね。

そーいえばウチのチェンバロの
製作指導してくださった古楽器作家さんが、
「削り作業のときは、
木材じゃなくて影を見て削るのだ」言ってたけど、

この作品も、明る~い部屋で削りだしたのではなく
↓こんなふうに影がでるような部屋で
影を彫った作品なのかも、と思ったぞ。




しかーも、この作品、
▼広げた腕に羽根が生えていて、




▼「影が翼みたい!」としずく姐さんもビックリ。
うん、やっぱり影を愛でる作品なのだ、そうだ!
(勝手に決定)




▼こちらの木掘り出し物もなかなかの存在感。
人間等身大サイズの作品。
羽織っている洋服をみると
やはり木目って大切なのだなぁと気づかされます。




▼そのお隣りがまたすごかった!




なに、このダークな存在感.....

かっちょええーーーっ!!





猫背加減が
ちびれるねぇ~!!





あ、こっち見てる?







見てんね。

絶対、あたいのこと意識して
こっち、見てんね。

くぅーーーーっ!! (>_<)カッコイイ


......とメロメロして何枚も撮ったんだけど、

あれ、そーいえば、しずくさんが
「これ、女性なんだよね」とか言ってたような??
(勘違いかも??)

いや、もう男も女も超越した
トランスジェンダーな存在なんだな、きっと♪


▼これ、いいなぁ~




▼乗せている猫脚イスもグー。




▼コレも欲しい。
まるで『今、ふくらんでいる途中』みたいだ。




この、暖かい透け感をみていたら
高校生のころに欲しくてたまらなかった
ラクダの胃袋で作られた
ランプシェードのことを思い出した。

お金が足らなくて結局買えなかったけど、
黄金のやわらかな輝きを思い出しました。


今、ふとネットで「ラクダ 胃袋 ランプ」で画像検索したら
いくつか出てきたけど、
大人になった今のあたいは
ラクダよりも↑のほうが欲しいなぁ~





▼ドアの灯りとり(?)の小窓の向こうには
ジィージィーの姿が。
















イスもテーブルも
友永詔三さんの作品です。













喫茶室でアイスティーを注文したら
スイートポテトをサービスしてくださいました♪




この日、たまたま他のお客様がいなくて
あたいたち2人だけ。
このお家に住んでるみたいな気分♪

カメラの話に、レンズの話(笑)
話題は尽きなかったけど
太陽も傾いてきて、そろそろと席を立ったら

な、なんと、そこへ友永詔三さん
ご本人がご登場!

にこやかで、おだやかなお方でした~。


『深沢 小さな美術館』
素敵な空間でした。


2017年9月20日水曜日

森の小さな美術館 前編


谷戸で撮影して、お昼を済ませ、
クルマでちょっと行ったところにある
森の中の美術館へ向かいます。


しずく姐さんは
以前に行ったことがあるその美術館のことを、
あたいが興味あるかどうか気にして
控えめにお誘いくださいました。


あたい、美術館は苦手分野だけど
しずく姐さんのお誘いにハズレなし!

全幅の信頼を寄せているあたいなのであります。


それに、モノづくり的な造形物、
特に木工系は好きなので大丈夫ですよ。
レッツゴー! o(^-^o)==3


▼道中に立つジィージィー(妖精?)を目印に森を進みます。







▼石畳を進んでいくと......





▼水槽のような、池のようなものが突如出現。
黒っぽい魚、チョウザメなんだって。
ベルーガかな~♪





わぉ!

石造りのおうち~ 
この屋上のそっけない手すりが女子メルヘンぽくなくて
なんだか期待が高まってきました♪
















うん! いい!

すごく素敵だーっ! ヽ(*´▽`*)/ ワクワク






くり抜きのドアノブをあけると......




森の中にある
『深沢 小さな美術館』の世界へ~





しずく姐さんが
美術館のかたに確認して
カメラを撮らせていただけることに<(_ _*)>アリガタヤ


▼真っ先に目に入ったのはこちら。
見覚えがある人形!
50cmくらい、かな?
堂々とした風格と美しさに圧倒されます。




そう、こちらの美術館は
NHK『プリンプリン物語』の人形美術を担当された
友永詔三(ともなが あきみつ)さんの美術館なのです。


正直もうしますと、あたい
番組自体はあまり見たことがないのデス......。

たしかにこの人形を
子どもの頃に見た記憶はあるんだけど
たくさんの登場人物と壮大なストーリーを理解するには
あたいちゃん、ちょっとまだ幼かったのデス......。


でも、だからこそ
ただ「なつかしい人形」ではなく
作品として純粋に見られる良点もありますヽ(^o^)丿


あー、ちなみに現在、毎週水曜日
BS103で23時から再放送してます。
今日はたまたま水曜日ですよ~♪


そーいえば大昔のあたいの愛読雑誌
『TV.Bros』の2003年春号で
『プリンプリン物語』が大特集されたことがあったなぁ。


(今回みたのと宝飾品が違う!)


記憶は定かでないけれど
たしかこのカラフルなまつ毛はホロホロ鳥の羽根で
アクセサリー類はインド(だったか)で購入した
本物の装飾品を使っているとかで
当時の値段で1体100万円くらいかかっているとか
書かれていたような。

ひゃ、ひゃっくまーんえーん!?


▼そんなお宝人形がたくさん。
実はこの倍、横に長くズラリ並んでいます。




なにかがズラリ並んでいると
「どれがいいかな」と
欲しいモノ目線になってしまうサモシイあたい(;^ω^)ゞ








▼この子がいいな。





子どもの頃、お人形の髪の毛を丸刈りにして
自分の髪の毛を楊枝で埋め込むことに熱中、
親が幼稚園の先生に相談した
「親泣かせのヤバイ子」
だったこのエキセントリックまめ吉が
普通に、可愛い女の子の人形を選ぶ、と。

すっごい更生したよねぇ♪

(さらに丸刈りにした人形の髪の毛は
束ねてボンドで固めて筆を作るという奇行)








▼窓のそとの石垣が
いい背景になってます。





▼この木目ったら!
視覚的効果のおかげで立体感もさらに増すし、
まるで体組織、筋肉みたい。

ちゃんとまた、逆立ちしている脚である肉の流れ方だよねぇ。
ピンボケ写真なのが悔やまれる。








長くなったので、つづく。

2017年9月18日月曜日

しずく姐とカメラ撮り 谷戸編


しずく姐さんと
とある写真展へ見に、あきる野市へ。

そのまま近くの谷戸へ撮りに行ってきやした。
久しぶりのカメラ散歩です。





















▼カリガネソウ。初めて見た。




▼シベの形が ┐('~`;)┌ みたい♪




▼「不快な臭気あり」。クンクンしたけど分らなかった。
















わぁ。天然モノ(?)のヒガンバナに遭遇!









見渡すと、小川のほとりや
田んぼのあぜ道にもぽつり、ぽつりと。












しずく姐さん曰く、

「ヒガンバナって
ぽつりぽつりと咲いているのがいいと思う」と。

控えめで慎み深い
しずくさんっぽい愛で方ですにゃ~





















(値札……(ToT))







未来を語り合う
バイキンマンとアンパンマンに見送られながら
次の場所へ移動。

『森の小さな美術館 前編』へつづく