2013年10月30日水曜日

スマホライフ

ガラケーが危篤状態になりんして
不本意ながらスマホになって1週間、
初めてのおでかけ。

さっそく現在地がわかる地図とやらを
使ってみたかったのだが撃沈。

うぬぬ。わからないぞ。

私も地図上の矢印みながら
知らない街を あるいてみた~い!!

(のちに、home Wi-Fiに接続したままだったことが判明)


写真撮ってるつもりがビデオモードで3録画してたり。
(のちに、アプリのバグだったことが判明)

魚眼レンズから戻せなかったり。
(これも、アプリのバグが判明)

もはや、迷惑な歩きスマホ族すら尊敬してしまいそう。


あ、自転車乗りながらのスマホ操作は
絶対あこがれませんからねっ。
あれは曲芸みたいで滑稽ざーます!


2013年10月28日月曜日

日比谷ガーデニングショー 2013


ガーデニング友達と行ってきました。

ハンギングバスケット 100基(実際は128基ほどあった)、
コンテナガーデン  50基、
ガーデン部門  40基。


世界観やストーリーを強くアピールできている作品ばかりでした。



↑今回の金賞作品。
写真がイマイチで申し訳ない。
実物はとても素敵でした。





↑私には絶対作れないエレガントっぷり。






↑左に集めた明るいグリーンリーフに陽があたり、
並んで展示されてるなかでひときわ輝いてました。

もしや、左から日光があたる展示場所のことを
計算したうえでこの作り方なのか……!? (°Д°)

トップクラスの作品を一度に見すぎて、
疑り深くなっているあたい(笑)





↑色数おさえてなお、この艶っぽさ。
映画『鬼龍院花子の生涯』が思い浮かびました。大人っぽい~
ダイヤ型ハンギングを、額の形がきわだたせているようです。





↑水色の花に見えたのはシロタエギクでした。
花は白一色のみなんですねー。
近づいてわかる計算力、しかも引き算!
無垢な少女のようで実はしっかり者の
嫁にしたいハンギングNo.1。





↑フルーツ盛り合わせみたい♪
しかも千疋屋とかの高級なカゴ盛り。
かわいくてときめく作品。



「計算なんてしてないのよ、感性のまま
ただ無心で作っただけなの」然とした
とにかく勢いのある作品が多い。

ホントはすごく計算されてるはずだろうに
作為的なものがなくナチュラルな感じが出せるのが


もう1つ上の計算力。


「さすが感性が違うわぁ~ 天才ね!」とうならせる

もう1つ上の説得力。



この如才のなさっぷりったら!!
これがトップクラスの世界なのね……
なにをやるにも のろまなあてくしには
やはりコンテストは無理ざます。

ハンギングバスケットでも、絵でも、演奏でも、芝居でも、
自分の思い描く世界をちゃんと形にできるワザを持つ人はすごいなぁーと思う。


そんな才能が欲しい~(切望)




2013年10月27日日曜日

オリーブ収穫

今年の我が家のオリーブ。



ルッカという品種は自家受粉で実がつきやすいそうです。
植木鉢育ちでも毎年たくさんの実をつけてくれます。

今年は 1.2キロ 収穫できました。



一粒つまんで、ゆっくり揉むと、すぐに内側が液状化するのは油分が含まれているからかな。

潰して、練って、濾して、オイルを採ります。





2013年10月25日金曜日

ホームセンターのトイレ 3

Jマート三鷹店のトイレで。



どなたかプロの店員さんがいますなぁ。

いつもあるわけじゃないけど、
お店にいくと楽しみにトイレを見に行きます。
素敵です。




2013年10月9日水曜日

実技試験を終えて

【関連記事】
■ ハンギングバスケットマスター 実技試験
■ ハンギングバスケットマスター 結果
■ ハンギングバスケットマスター 筆記試験のこと
■ マスター筆記試験会場のこと
■ マスター筆記試験 持ち物



おかえり!!
1週間、よくがんばった!!




あらためて見てみると。

メイン花のケイトウ(赤いの)は
不等辺三角の配置に植えたはずなのに
花首があがってきたら正三角形になっちゃったんだよな。

奇抜すぎる デザイン (。>д<)

なんでしょう、この
「当店は炭火焼き肉です」な感じは……


審査当日までに花が咲き終わる恐怖から
あまり陽に当てないようにしたせいで
サブメインのジニア(黄色い花)が弱ってヒヤヒヤしましたが、
審査の日はギリギリ咲いてくれてました(〃´o`)=3

帰ってきたときは花がない状態に。

「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな」


ありがとう、よくがんばってくれた~(/-\*)




2013年10月2日水曜日

庭すきま


ハンギングや寄せ植えを解体したあとの
リーフ類を植えています。





ギボウシ(葉っぱ)とジュズサンゴ(赤い実)。
きれい~





良いギボウシになかなか出会えず探し続けていたところ、
フラワーガーデン泉にて
さすがの品揃え、何十ものギボウシの中から4種類を選べて
至福のときを過ごせました。


フラワーガーデン泉(前橋市)は、私史上最高の園芸店です。
年に数回、わざわざ遠征してまでも行きます。

地元の生産者さんたちと独自のブランドを立ち上げて
苗を開発しているそうです。
あと、縦長いポット苗のリーフも置いてあるので
ハンギングを組み立てるときは
そーゆう苗を組み立てていけばよいの。


パラダイス! オアシス! ユートピア!

たまーに「田舎の香水」が売場にただようことがあるけど(笑)
周辺の田畑からなのかなぁ。

もしダンナに先立たれたら引っ越して就職したいデス!






ハンギングバスケットマスター、実技試験


【関連記事】
■ 実技試験を終えて
■ ハンギングバスケットマスター 結果
■ ハンギングバスケットマスター 筆記試験のこと
■ マスター筆記試験会場のこと
■ マスター筆記試験 持ち物


9月にあった筆記試験の自己採点がいまいちだったんで
いまいち気分が奮わないまま
先日、実技試験の審査がありました。



ケイトウが首をもたげてきたら
正三角形の配置になっちゃったーー(。>д<)イヤ!!





↓ こんな感じで審査をうけます。




東京会場は全部で100基ほどあったよー。


「育ってもあまり姿が乱れない花材がいいな」と
自宅で育てる目線でケイトウとジニアにしたんだけど、

コンテストではそれとは逆に
花苗を伸ばしながら上手に姿を保つほうが
得点に結び付くんだよねー。

だから、お教室によっては
先生があえて徒長ぎみ(?)の苗を揃えておいてくれて
ソレで作れば大きく作れるとかなんとか小耳にはさんだが……


そうは知ってても、あたいはデカイの作る気しないなー。
あたいはねー、ブーケっぽいのが好き。
花嫁さんが持つような、形がしっかりしてるハンギング。
フワフワしてるほうが
コンテスト的にはいいのは知ってるけどさ。


とにかくみんな、作品が大きい!
うわわっ、ってくらい巨大で
「はー、スゴいよねー」と
他人事のようにみちゃいました……