2014年2月16日日曜日

蒸しガトーショコラ


子供のころからチョコレートはめったに食べない。

甘いものはあんまり食べない。
コカ・コーラだって水で割って飲む。


「じゃあその体型はどう維持してるんだ」

と思ったそこのあーた!!

「ウニ、カニ、白トリュフオイル」

とお答えいたします。



でも、年に一回、
バレンタインデーだけは
「蒸しガトーショコラ」を作んの。


レシピはもちろん小嶋ルミ先生のもの
@東京都小金井市『オーブン・ミトン』の本。


ルミレシピはねー
とにかく「作ってみたくなる」んだよ。

食べたくなくても挑戦したくなるの♪

with サザエさん。
お店の写真みたいにサイン入れてみた(^_-)テヘヘ




自宅で作るお菓子ってとかく

■ 重くて

■ 固くて

■ 口どけ悪くて

■ 不味いよね


一番いやなのは、ベーキングパウダー(ふくらし粉)で
見た目だけ膨らませたお菓子。
いつまでも口の中でモゴモゴしてるようなやつ。


けど、ルミレシピのすごいところは
書いてある通りに作るだけで
そこいらのケーキ屋よりも
格上のものが
シロウトの自分で作れること♪


近所のケーキ屋のシフォンケーキなんて
高さ6cmくらいしかないの。
スポンジケーキみたいな生地だし。

あたい、今、反抗期だから
「ルミ本買って勉強すればいいのに」って
もう口元まで出かかっちゃう。


ルミレシピといえば有名なのが
材料が「卵黄47グラム」などと細かいこと

けど、どうせデジタルはかりで計るんだから
88グラムも90グラムも同じ手間、
ちっともめんどくさくないと思うけどなぁ。


混ぜる回数、へらの返し方なども決まってて
それがヤダっていう人もいるけどさー、

そこいらのレシピ本にある
「生地にツヤが出てきたら止める」とか
「切るように混ぜる」などというよりも
見極めがわかりやすいよ。大親切だよー♪

こっちゃードシロウトなんだもん、
「もし生地が固ければ牛乳を少し入れて」
なんて、固いかどうかなんかわかんないもん。


書いてある通りに作るだけで、
お菓子教室にも行ったことがないシロウトでも
軽くて、柔らかくて、口どけのいい、
美味しいお菓子が作れるレシピってすごくない?

ほんと、よくぞここまで研究、公開してくれました、と

感謝しかありませんっ!!



だから、甘いもの好きじゃない私だけど
作りたくなっちゃうんだよねー。


▼焼きたてを一口お味見。

外カリッ、中とろトロロ~ン♥

(ベタな表現だけどホントにそうなの)




あぁ、一年に一度、
この日に食べるチョコレートで満足でありんす。

ルミ先生、ありがとう!!