2014年2月18日火曜日

ヘレボルス:通称クリスマスローズ

----- ヘレボルスの印象 篇 ------

世間でのヘレボルス人気に反して、
今まではイマイチ惹かれなかったのです。
一言でいうなら「なんで下向いて咲くの? 弱ってるみたい」
二言目は「花が見えないくせに値段が高い!」



なにせ初めて見た実家のヘレボルスがねー、
サヤインゲンほどに大きくなった"タネさや"が
花の中央にいくつも付いているのが不気味に見えたんだよね。

カマキリのメスが、交尾ののちにオスを口にくわえたまま
こっち振り返って見やがった、みたいな印象。ぞぞぞ……


それから「ヘレボルス」って名前もそそられず。
ラスボス(一番つよい敵)かフィクサー(黒い権力者)にいそう。
ヘラクレス、にも似てるし。
とにかくなんか ときめかないんだよね。


というわけで、
ここからは通称の「クリスマスローズ」のほうで
書くことにするね。



----- ついに出逢ってしまった 篇 ------

ところが先日、ガーデンメッセ八王子店で出会ってしまった、
花が下に向かないタイプ!


あぁ、ついにクリスマスローズに心うごかされた~
昔、ママンに
「着物と帯には手を出すな」と戒められた言葉が頭をよぎる。
次々に、あれもこれもと欲しくなる散財の予感 (/▽\)♪



葡萄色がかった つぼみ、くき&葉裏の葉脈。
薄らグリーンの、すっきりした一重タイプで甘すぎないのも好み。


と、相当気に入って持ち帰ってきたその日、
ガーデニング友達のakkoさんが
ブログでクリスマスローズを紹介していた。

うつむいて咲く花のことを、控えめで上品だと書いており……


父さん、それはまるでakkoさんの人となりそのものであり、
ぼくはakkoさんを通じて、
うつむいて咲くクリスマスローズの良さに
ようやく気がついたわけで。
選ぶ花には、自分自身が投影されるというのは
本当だったわけで。


やっちまった~
あたいのツラの皮が厚いせいで
上向きタイプを選んだ気がしてきちまった。
あたいも けなげで控えめな方のクリスマスローズがいい~!



タグに印刷ミスを発見。



はははっ (^_^;)))

ま、いいや、遅ればせながら
クリスマスローズ・デビューしましたよっ! ヘイ!