2014年3月15日土曜日

資格なんて


ニュース見ていたら、

『弁当などの路上販売に、
食品衛生責任者
資格条件化を検討』と

と言っていた。


ジャジャーーーン

あたい、持ってます、
食品衛生責任者!




友だちについていってウトウトしながら取得。

キッチンにお札のように貼っているだけですが
ちょっとお店屋さんみたいで気に入ってる。


あと、検定ブームのときに『料理検定1級』と、

『動物取扱主任』 (笑)





それと、若気のいたりで取った
『小学校教諭』
『幼稚園教諭』


子どもや教育に興味があるというよりも
学校の先生に興味があって……つい。(ダメじゃん!)

だってさー、子どものころ、

■ 先生専用トイレとか
■ 職員室だけ扇風機あったりとか
■ 車で学校来たりとか
■ 休み時間にお菓子食べたり、が

当時すごくうらやましかったんだもん♪


■ テストの採点もしてみたかったし、
■ 習字の朱色の墨汁も使ってみたかったし、
■ 職場に図書館はあるし、
■ 部活の指導では指揮者にもなれちゃうし、
■ 夏休みは1ヶ月と長い(と思ってた)し。

音楽、習字、図工、調理実習、園芸、飼育など
いろんなジャンルを指南できて
小学校の先生って楽しそう♪


と、自己中心的な趣味の延長でのみ
「最高の職業だー!」と
勘違いしまくりまくって教育学部に進学。


入学してすぐに、
自分以外のクラスメイトは
みんな子どもが好きで
真剣に教員を目指していることを知り
ビックリした、っちゅう始末でして Σ(×_×;)


世の中の先生方、親御さん方、
舐めてかかってすみません。

心から反省してます……ハイ。


ただし。
勉強しているうちに
『人になにかを教える姿勢』については興味がわき、
授業は楽しかったです。

ま、どっちにしろあたいじゃ
採用試験には合格しなかったしね。


あ、そうですよ、教員免許があったって
先生になれるわけじゃないんですよー。

教員免許 (イコール)
教員採用試験の受験資格

ってだけですよ。


だから
教員免許もってるだけでは
まったく意味はないし、
自慢してる人、アホかと思う。

普通の会社勤めなのに
「オレ法学部出身だからさー、
弁護士だったかもしれないんだぜ」と、
自己紹介のたびに言う人が昔いたっけね(^o^;)


特に、表現や芸術の世界において資格とは
「基礎を学んだことがある」程度ではないかと思う。

音大出てつまんない演奏の人は山ほどもいるし、
美大出れば芸術家になれるわけでもない。

お金払えば入れる、
海外の短期留学をキャリアに謳って、
「なんじゃそりゃ?」って程度のプロも……いた。
こないだ。マジで。


弁護士や医者のように
資格がなければなれないものならともかく、

資格があろうがなかろうが
実力次第なのが
表現者の世界。


『ハンギングバスケット マスター』

『英国王立園芸協会 認定マスター』


も、やはり取得しただけじゃぜんぜん通用しない。

今度こそ資格を活かしたいものですが。
どーだろか?