2014年4月12日土曜日

桜【山梨県、実相寺】

まず、謳い文句がすごい。

■樹齢1800~2000年(日本で最古)
■ヤマトタケルが植樹した
■日本三大桜のひとつ
■日本で最初(大正時代)の国指定天然記念物


ど-ん!





どど-ん!!



木というよりも……なんだ? 思いつかない。

初めてみたモノって、他のモノに例えられないもんなんだね。


言うならば、
「名盤中の名盤」の呼び声高き、
フルトヴェングラーが指揮した
1951年録音(バイロイト音楽祭)のベートーヴェン交響曲第9番の
4楽章のオーラスの、シンバル叩いてる人の気持ちのような、
堕ちながら昇天していくような感覚と交錯しました。
(音楽が崩壊してるのに感動できる謎の演奏)

私が持っている盤は こちらこちら


▼ スイセンも真っ盛り。遠くに八ヶ岳連峰も



北杜市の公式ホームページには
ラッパスイセンは「8万本」と「15万本」という2つの表記がある。
昨日も書いたけど
役所のやることってノンビリねぇ~(*´∀`)♪


いずれにせよ、いくらお寺さんでも
これだけの球根を植えるのは修行さねぇ。
もし堀り上げたりするなら苦行かも?






のぞき見アングルで





こんなところに住んでたら長生きできそう。





おっと、突然、大音量カラオケが鳴り、演歌歌手登場。

「♪神代さくら~」と、ご当地ソング。


でた。観光地にありがちな騒がしい音、騒音! 迷惑! と思ったのだが、



他の人にも「うるさい」と言われていて、
それでも笑顔で歌っているのを見るとちょっと応援したくなります。

がんばってー、島ひでお!(検索にも引っかからない)







(最近、お出かけが多くて更新が遅れがち)