2014年7月3日木曜日

廻るのと、廻らないのと。


【はま寿司】で
▼1貫で150円する「贅沢フェア」の穴子、
3ドミノってます。しっかりしろ!






【くら寿司】で
▼お皿5枚で1回くじ引きできる『びっくらぽん』が
ついに当たりました。



いらない。どっかの子供にあげました。



▼くら寿司にはかき氷を食べに行くよー。



フワッフワではないけど
ガリジャリってほど悪くもない。
ちゃんと中までシロップが染み込んでて おいちぃ~

味は、シロップにジャムっぽい果肉が混ざってて、
明治のマイシロップ

ソントンのいちごジャムを混ぜた感じかな。



【がってん寿司】で
▼金目鯛のにぎり、美味しくて2皿いっちゃった (о´∀`о)




▼山盛ねぎとろ軍艦。でかい。



ネタは良いけど、まぁ、
がってん寿司は1皿100円ではないけどね。



【某所の個人経営店】にて。
近所で、その日初めて会ったおばちゃんと話がはずみ、
「来週いっしょにお寿司ランチ行きましょうよ」と誘われて
着いて行ったら、デカネタ寿司しかない店だった。


あたい、昔、大阪・天満でデカネタ寿司に連れてってもらって
もうこりごり体験、トラウマなんだよね……


▼案の定、デカすぎて食欲わかない (´д`|||)



もちろん誰も一口では食べられず、
ネタをはがしてネタを食いちぎり、
シャリを箸で切って食べるてんの。

真似せざるを得ず、同じようにして食べたけど
あんなにデカネタだと、なんか生々しくて
「あー、生の魚をナマで食べてるんだな、あたい」って。
なんか気持ち悪かった……。

グルメぶってるんじゃないよ、本当にバランス悪いの。


でも評判はいいらしい。
隣のテーブルでは
「これで1000円なんて安くてびっくりー!」と大喜びしてたし、

ランチ時には行列ができるお店だから
世間的には受け入れられてるみたい。

あー、あれか、もはや寿司というより
デカ体験を楽しむアトラクション的なものかも。


食べ残したらラップを渡されました(;´∀`)


トレイもなく、
ただラップでくるんで持ち帰った生寿司なんて
ますます食べる気しないなぁ……




そーいえば、昔、
中尾彬さん(俳優)がテレビで

「細巻きは何個に切るかで味が変わる。
寿司屋は小さく切りすぎる。4つ切りがいい」

というようなことを言っていたので
試してみたら本当でした。

寿司屋のように6~8個に切るより、
3~4個に切ったほうが数倍おいしく感じる!

彬しゃん、やるぅ~!


ということで

やっぱり一口の食感って大切。
デカネタ寿司は不味い!で決定 (`◇´)ゞ

なーんてほざくわりには
「廻る寿司」でも普通に満足できちゃってる
貧乏舌なんだけどね。