2014年8月4日月曜日

列車でジャーニー


フィギュアスケートの羽生弦結選手の
ソチオリンピック金メダル祝勝パレードが行われた
仙台駅前のメイン通り。


ラウンド型のハンギングが並んでいました~

タクシーの中からパチリ。



ハンギングが街中にあるだけで
なんだかとってもオシャレ~♪

駅前の大きな歩道橋にも
ハンギングがたくさん並んでました。



所用を済ませ、帰りの車窓から。


イングランド湖水地方を旅する気分。
くもり空が最高 (^3^)/~☆




電車旅行ではなく
「列車でジャーニー」なかんじ。

そういえばテレビ朝日の『世界の車窓から』でも
「電車」ではなく「列車」って言ってるな。


▼そんな旅する気分の、今日の一曲。



スコットランド出身のエディ・リーダー。
きっとこんな車窓の風景を流し見ながら
作った曲じゃないのかなぁ~


2分7秒から始まる間奏の笛、
ティン・ホイッスルっていう縦笛です。
いつもあたいの車の助手席に積んでる笛。


さて。 この曲はあたい的にはすごく不思議な曲で
2拍子にも、3拍子にも、4拍子にも聴こえて
グルーヴィーなトリップ感を楽しめます。

たぶんバウロン(アイルランドの太鼓)ぽいリズムの
カスカスした音が始終うすーく
6/8拍子っぽく聴こえているからだと思う。


この、拍を自在に行ったり来たりするファジィ感
列車の不規則な揺れ感
枕木のガタンゴトン感に思えるのです。


で、結局、なに感なんだっ!


実際の新幹線「はやぶさ」は
ぜんぜん揺れなかったけどね~(^o^ゞ