2014年8月23日土曜日

119


高校野球の途中 ↓こんな表示が。




夜、帰宅したダンナに

「今日もお仕事お疲れさまでした。
お風呂、それともお夕飯になさいますか?
今日はあーたの好物の ゆば刺しがありましてよ」

と言うわけもなく、


「ねぇちょっと、119番ってなに?」と聞いたら


「救急車呼ぶ、とかじゃないの?」と。


えっ…… えぇーーーー!!!



なんと、あたい、

救急&消防=119番 を忘れてました


まさかのとき
どうするつもりだったんでしょうかね?
いやーん、バカ~ん(/-\*)



ちょっと前にも、
31個あるはずのモノを数えて
「11個しかないよ」とダンナに言ったら
「見た目でも11個以上あるけど?」と返された。


どうやら
「2,4,6,8,10、 2,4,6,8,10」と
20まで数えたあげく、

最後の「2,4,6,8,10、と1個」を
11個とカウントしたようで。
いやーん、バカ~ん(/-\*)



あとはさー、たとえば夕飯作るときとかさ、
  • 夕飯に、電子レンジで肉を解凍して翌夜まで忘れてしまう
  • 魚を焼いて火を止めて、皿をとりに行った
    2,3歩の間に焼き魚の存在を忘れてしまい、食べそびれる
  • 卵の白身が必要なのに、殻でよっこいしょしながら黄身だけ残して
    白身を捨てちゃう(できる主婦は捨てちゃだめよ)
  • 一番よくやるのは、お米を磨いでいるあいだに
    「あれ?何合だっけ?」と忘れてしまうこと。
    これは本当に頻繁なので、磨いだあとのグラム数を表にしてある...

結婚してから何度繰り返してるか。



頭脳明晰なしらふでコレですよ。

サイフを忘れて愉快なサザエさん、
どころじゃないポカを
日常的にやらかす毎日です。