2014年10月2日木曜日

マスター実技試験 その2


あちゃー!!


今年の搬入は9月30日、
おととい終わったそうです (。>д<)


ま、あたいのやることなんて
たいていこんなもんですよ、ハハハ。

備忘録がてら、昨日につづいて『その2』も
行きますよー おーーーぉっ!!



持ち物のつづき

■はさみ(最終調整)、タオル(なにかと)、
ゴミ袋(なにかと。スーパーの袋など)


■使用植物名を書いた紙をお忘れなく。
(筆記試験のときに配られます)


■植物名は一般的に使われている名前をカタカナで書けばいいと思います。苗にささってる植物タグを参考に。
ただし注意点が2つ。↓以下。


■まず1つめは「商品名に注意」ということです。苗タグに、育苗メーカーが品種改良したオリジナル商品名(×××)しか書かれていない場合があります。その場合には、一般的な植物名(○○○)を自分で調べて書き、そのあとに商品名(×××)を書くのがいいかもしれません。
例「ヘデラ'白雪姫'」など
指導を受けている先生に各自ご確認くださいませ。



■2つめは、苗についている植物名が正しいとはかぎらない、ということです。
あたいはアルテルナンテラを使用したのですが、この苗に付いていたタグに「アルテナンテラ」と書かれており、「アルテナンテラじゃないのかなぁ?」と思ったものの、タグがしっかりした印刷の立派なものだったので信用して「アルテナンテラ」と書いて提出したのですが……

今、やっと「ネットで学名を調べてみる」ということに考えがいたりました!(笑)
学名Alternantheraだからアルテナンテラがやはり正しいのだと思われます。

ヒューケラも「ヘウケラ」と書いてある店もあるし。どちらが正しいか、あたいにはわからないけど、一般的、無難なほうを書いた方がいいんじゃないかな?


■霧吹きに水。活力水(HB-101とか)がいいかもねー。いくら「他の作品にかかっても大丈夫な液」だとしても、1滴も飛ばさないように気を付けてシュッシュしてくださいねー。


■もしもお水をあげる場合、他の作品(とくに下の作品)には絶対に水がかからないように工夫しましょー。会場に友達などいたら、お互いに手伝いながら、ハンギングから流れ出るしずくをタオルやビニール袋で漏らさないようにね。



■下段に展示された方は、水が流れ出ても他のかたの作品にかかることはないですが、床面をジャブジャブと濡らさないように、やはりビニール袋などで水滴を受け止めたほうがスマートかもねー。



■締切時間が来たら、たとえ自分の作品でも手を触れてはいけないとか……? 他の会場の話と混同してるかな??
でも2日後にメンテナンスに行ったときに、係のかたが見当たらなかったんで、勝手に自分のハンギングの花ガラ摘んだりしちゃったけど。
このへんは未確認情報なので確かめてみてください。



あー、眠くなってきちゃったー
今も寝オチしてました。(^_^;
まだ書くことあるけど
もう今年は搬入日を過ぎちゃったわけだし
このへんで、ま、いッっか(笑)


一年後までに
こっそり加筆修正することにしまーす (*‘∀‘)

なにか「こんなのがあると便利だよー」ってモノがあれば
教えてください→マスターさん


ということで、そのうち書き足すねー。
今日はおやすみzzzz。。。