2014年10月16日木曜日

あなご寿司、握る


活き絞めの穴子が手に入ったんで
にぎり寿司に挑戦してみたんだけど
途中で失敗したよ! あはっ♪




ちなみにあたいは
普段クックパッドとかは見ないの。
なぜならば「どうやったら成功するか」を
あーだこーだ考えて作るのが楽しみなんだもん。


なにをするのでも
「なにも分からない、初めてのとき」ってのは
人生でたった1回だけ。

初めての穴子の握りづくり。
発想力をおっ立てて
探るたのしみったら、あーた、ねっ!


とはいえ、あたいもそこそこの歳、
COOKPADなんか見なくたって
穴子の処理くらい見当はつく。


まずは天ぷらのとき同様
よーく滑りをとって、


丸まらないように串をさして、





酒ふって、蒸して、





ガスバーナーで炙って白焼き完成。
ここまではうまくいった。





炙った頭と昆布でダシをとって、



甘辛い味付けでツメを作る。

そのまま冷ましたら
穴子のゼラチン(コラーゲン?)のおかげで
絶妙なトロミがついたのは嬉しい発見。



そして、ダイソーで買った「にぎり寿司の型」。
自作にぎりで難しい
米の量のバラつきがクリアできるの。

穴子と合わせて軽く握る♪






できたーーー!!!
ちょっとシャリが多くておむすびみたいだけど。





合わせ酢の分量は、
『寿司屋のかみさん』シリーズ(佐川芳枝 著)から
「米5合なら、米酢100cc、砂糖30g、塩10g」で。




蒸してから一度も冷蔵庫に入れてないから
穴子がふんわりしてるー!!

特製ツメも「おいちぃ~」って味で大成功。
でた、自画自賛(笑)


けど ↓よく見ると なんかヘン。
なじみの穴子寿司と違うような……




ということで
こないだ がってん寿司で確認。

なーる、切り方を間違えてました!


↓ あたいはこう切ったんだけど、





↓ これが正解なのでした。




ま、見た目は失敗したけど、
豆腐で作った精進うな丼よりも
やはり本物は美味しかったです Ψ( ̄∇ ̄)Ψ