2014年12月16日火曜日

シードル造り


朝ドラ『マッサン』。
まぁ~イライラするよーーー。
「早くウィスキー作れー!!」


うぬ。
もしやマッサンが主人公だと思うからイラつくのか?

いっそ『エリー』ってタイトルだったら、
ダメな夫(マッサン)に振り回されても
めげない主人公ってことで
見ていられるのかな。



そんな ちっとも仕事しないマッサンに代わって、

あたいがシードルを醸造しましたよ!!



まずスーパーで100%のストレート果汁
りんごジュースを探す。
透明じゃないタイプ(にごりタイプ)を使うのが
まめ吉イズム v(^_^)\(-_-)コラッ


ちなみに、たとえ100%でも
「濃縮還元」では美味しく作れませんよー。



▼ここのお店では5種類から選べて大満足。
ジュースによって
出来上がりの味&香りが違うのねん。




ビンタイプでも 紙パックタイプでもOK。


開封したら容器はそのまま使用すんの。
移し替えると雑菌が心配だもんね。

ほら、あたい『食品衛生責任者』の有資格者だから。ふふん。
(と書けるだけで元は取れた (^o^)v)



で、ここに
酵母と砂糖を入れて待つだけ


酵母には
スーパーで普通に売ってるイースト菌が使える。
出来上がりがちょびっと食パンくさいけど
ちゃんとできる。


願わくばシャンパン用やワイン用の
イースト菌がオススメ。
東急ハンズや、通販のメール便でも買える。


リンゴジュース1リットルに
イースト菌を2グラムほど投入。


余談だけど、昔、自宅で天然酵母パン作ってたころ、
巨峰の実から
天然酵母を培養してパン作ってました。

その「巨峰の天然酵母」でも
シードル作りを試したことがあるんだけど、
醸造には弱かったようで失敗。


話をもどし、砂糖について。
イーストのエサとして必要な糖分なので
甘さの好みにかかわらず入れるの。


砂糖の量はナイショだよん。


なぜならば!

砂糖の量の多少でアルコール度数が変化するのね。
で、醸造免許を持っていないあたいが
醸すにはアルコール度数は1%以下で作らないと
お手々にお縄がかかっちゃうんですって。

いやよー、イヤ、イヤっ!



使用するリンゴジュースの糖度によっても
アルコール度数が変わってくるので
砂糖○グラム、と一概には言えないのねん。

……と、逃げ口上をかましておいて、次。



ビンの口にティッシュペーパー。
紙パックの場合は
口を四角に全開してティッシュペーパー。





仕込みから6日目。

▼こまかい泡がシュワシュワと見えるべ?




ここまでシュワシュワしていればもう飲めるけど、
ここに少ーし砂糖を追加して追醸してあげると
さらにシュワシュワ度がUP↑↑するのであーる。
(砂糖の量はくれぐれも合法内で行いますよー)


そしてここからが重要。

ビンのフタを軽く閉めてガス圧を高めること数日間。
これにより、さらにシュワシュワのシードルになる。
ガス抜きを怠って爆発したらイヤだから
「軽くフタを閉めて」が重要です。


数日後。完成。

ビンの下に澱(おり)ってる部分は飲まないように。


【↓クリアタイプのシードル造りはこちら】
http://yosinasigokoro.blogspot.jp/2015/02/blog-post_7.html



▼こちら2007年のシードル造りの写真。

がんばってオシャレ風に撮ったつもりだけど、

7年後の今のあたいには
このワイヤープランツが滑稽なのがわかります!!

と無理やり園芸ネタをぶっこんでみた。