2014年12月8日月曜日

ガーデン フラワー カレンダー2015


買っちった♪




中身のようすはここに載せられないけど、
園芸家で写真家の
青木純子さんて方のお庭で咲いた花々が毎月載っている。


裏表紙に書いてあるお言葉をちょいと引用。

『……(略)、
お花屋さんにはちょっとまねできない、
カーデナーだけが楽しめる
アレンジメントです


あー、なるほど、
ガーデナー発想のアレンジメントか!


たとえば3月の写真、
クリスマスローズスイセン


一般的なイメージでは
■クリスマスローズ=冬、
■スイセン=春、
ってイメージじゃない?イメージ。
なにせ「クリスマスローズ」だし。

だからこの二つが一緒に3月っていうのは
「ん?」って思う人もいるかも。



でもガーデナーは違う。
スイセンとクリロー、あぁそうそう、って
共感するんじゃないかな。

今年も咲いてくれたクリスマスローズと、
今年も再会できた球根 スイセン。

そうなんだよねー、3月って
ピシッと硬い空気が
ほんの少しだけ ほどけ始める季節なんだよね。

毎日、外の空気を体感しているガーデナーだからこそ
肌が気がつく程度の繊細なうつろい。

お部屋の、
蛍光灯の元の、
暖かい部屋の、
テーブルの、
切り花の奥さまには気づけない、
冬の終わりde春の始まり。



そんな、かすかな季節のうつろいを
このスイセンとクリローだけの1枚で表せている、と思う。


この優雅なお庭のオーナー青木純子さんも
実際は、

暑くて、寒くて、土にまみれてどっこいしょ!

の人なのかなー? と親近感がわきました(笑)


ちなみに、さすが主婦の友社のカレンダー。
大安や仏滅などの表記も抜かりありませんよ!


amazonなら送料無料♪ 
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4072959308?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o00_s00

今年の12月+来年1年間(計13か月)使えて853円。
一日たったの2.3円、お買得!(笑)



それにしても
カレンダーを選んで買うなんていつぶりだろう?
気に入ったモノって見つからないし
わざわざ見つけようとも思わないし。


もう20年近く、自作するか
セリア(100均)で事務的なものを買うだけだった。


うちの実家なんてさー
コタツの和室に2つもカレンダー下げてんの。
各自が振り返らずに見られるから、だって。
同じ理由で、掛け時計も2つ掛かっている(^o^;)

しかも「ほにゃらら生命保険」だのと
極太ゴシックで入ってるやつ。

昔、その部分をハサミで切って捨てたら
「ちょめちょめタクシーの
電話番号が分からなくなった!」とママンに怒られ。

お里の程度が知れちゃって恥ずかしいわぁ(笑)



あとはさー、
実家の近くの豪農のお宅なんてさー
広ーい玄関にカレンダーやデパート外商のお伺品が
ズラーッって並んでるの。

大きな農家はお金持ってるからねー。
あちこちの銀行が
「ぜひ当行に預からせてください」って
いろいろ持ってくるんだって。

で、銀行名の入ったカレンダーを玄関にずらり飾り、
各行を張り合わせるんだとかなんとか……と
井戸端でささやかれている。


とにかくさー、カレンダーって野暮ったいイメージなわけよ。


あたいはねー、リビングを
アナーキーでカオスなバイブスで
ドラスティックでドラマティックでバイオレンスな
f分1にゆらいでるファジィな空間にしたいわけ。ね?(え?)


そこへあーた、
ワンちゃんネコちゃん、お花や富士山のカレンダー掛けたら
一気に部屋が和んじゃうでしょ?


あーやだやだやだ!! やだやだやだ!!!


……と思ってましたが、
先日の寄せ植え教室やブログで
土谷ますみ先生紹介されていた↑のガーデンカレンダーを
意を決して買ってみましたよ。

きっとこのカレンダーを毎日見続けていたら
1年後にはなにかが変わってるはず、あたい (σ*´∀`)°゜


お花のカレンダーなんて飾ってたら
悪いお友達に「まめ吉もついに焼きが回ったね」って
ナメられっかな?

もしそんなこと言うヤツがいたら
前髪、極短に切り詰めて
眉間に焼き入れてやっからにゃ!! めっ!!