2015年2月7日土曜日

クリアタイプのシードル造り


ちょ、ちょっと!


朝ドラ『マッサン』で、
マッサンの兄貴分がリンゴワイン作り始めたね。


それって、
あたいが昨年末に書いたブログ『シードル造り』にて
http://yosinasigokoro.blogspot.jp/2014/12/blog-post_16.html


ちっとも仕事しないマッサンに代わって
あたいがシードルを醸造しましたよ!!


って書いたから
やり返してきたんだよね?


絶対そうだよね?


マッサンめーっ!
このあたいに話をふっかけてくるとは
生意気だなっ!! チッ。


あたいがさらに話をかぶせてやる!



実はあたい、
前回書いたシードルを、この2か月間、

追熟成させていたのだよ、ふふんっ。



▼こちらが仕込んでほどないシードル。
細かい発砲を始めている、にごりタイプ。





これを、

■ビンのキャップを1割ほど緩めた状態(炭酸を少し逃がす)で

■冷蔵庫の野菜室で追熟成することにより

■市販品のように

■クリアータイプになることを

■試行錯誤に末に


あてくしが発見したのデス!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




あ、今、あたい、ウソつきました。

『試行錯誤の末に』と書いたけど、

本当は飲み残しを放置しといたら
偶然成功したんだよね (*´з`)
ごめん。


あ、でも、ほら、
『偶然を招くのも運のうち』って言うっしょ?


やっぱり あたい、デキるぅ~!!



▼アンニュイなあてくしが
午後のひとときを
流行りの『鬱イイ女』ふうに過ごしましてよ。






▼初期のころよりも大きめの泡がシュワシュワ。

にごり→クリアになる過程で
糖分を使い切るからなのか、ドライなテイスト。




みなさんもぜひ自宅でシードル造り。
おためしくださいまし。


材料はたった3つ。
  • 100%りんごジュース 1リットル
    (ストレートタイプ。濃縮還元は×)
  • パン用イースト菌 2グラム
    (スーパーで買える。可能ならワイン用イーストが◎だけど、追熟成させればイーストの匂いもわからないです)
  • 砂糖

砂糖の分量はナイショ。
りんごジュースの糖度でも変わってくるし、
酒税法違反とか絡むとイヤだもん。

目安としては
糖度の半分がアルコール度数になるそうなので、
例えばリンゴジュースの糖度+砂糖の合計糖度が
10度だとすると、
アルコール度数は5%になると考えます。


くれぐれもアルコール度数は1%以内にね。
=砂糖の分量は入れすぎちゃダメだよん♪