2015年3月20日金曜日

まだ梅いくよー!


温かくなってきちゃったな。
おとといなんて寝室18℃もあった。
夏が近づいてる…… ぐえぇ……


▼はい、サクラ。





でもね、




桜に浮かれたくないあたいちゃんが
世間に抗って、

▼梅、行くよーー!!




うーめっ! うーめっ!


▼梅ちゃん、濃いめの花びらの色味がいいね。





▼みの吉、カモーン!




この構図、以前にもあったような……



去年サクラ写真だー!!


2014年4月15日 『桜・近所の穴場』


「サクラに浮かれる人になりたくない」

とか言っておいて、

あたいちゃんも浮かれてましたね。

キャハッ (;^ω^)ゞ ゴメン




さて、話をに戻し。

園芸家の大坪孝之さんによると、

 桜は満開を観賞するが、梅は違う。(略)
 梅はちらほら咲いたようなときに
 観賞していただきたい。

だそうです。(NHK『美の壺』の「梅」の回より)


最初のころに咲く花は
養分をバンバン使えるから
とくに大きくて美しいらしいよん。


▼ということで、咲きはじめの白梅。




NHK『美の壺』。
放送が始まった2006年の第1回目から今日まで
全部、録画が残してある。

この手の番組、大好き。


30分間のこの番組、
じつは「file203、梅」の回だけは5分短いんだよね。

福島県の、とある梅の銘木についての部分が
カットされて放送されているのです。


奇しくも「梅」の放送日は2011年3月11日の予定でした。
けどあの震災で放送は延期の延期。

ようやく放送のめどが立ったときに
NHK側が、被災した梅のお宅へ
「放送してもよいですか?」とたずねたところ、

「被災して無くなった(亡くなった)ものを
見られる気持ちではない」とのことで
その部分はカットされたそうなのです。
たしかにねぇ。震災当日の映像だしつらいだろうねぇ。




あれから春がくるたびに
「梅」の再放送があるけれど、
今春もやはりまだ5分間はありませんでした。


被害にあわれた方にとって
あの震災は まだ過去のものではなく
いまだ真っ只中をさまよっているのでしょう。