2015年4月10日金曜日

日本民藝館


高価な芸術作品ではなく、


暮らしの日用品のなかに


「美」を見いだす。


柳宗悦が唱え、
1936年に建設された
日本民藝館(東京都目黒区)へ行ってきたよー。


ここ数日の 冬に戻った寒さに便乗して
先月行ったときのこと、書いちゃうよん (^o^;)ゞ




▼時は3月、まだ梅がまっさかりでした。






▼枝の剪定(残し方)がちょっと独特のような?
主枝ではなく、あえて側枝のほうを残しているような?







▼すぐ近くの他の植物たちも、ウネウネさせてて前衛的!






うぬ。

建物に入る前から
美しさのみどころを主張してくるとはさすが、


暮らしのなかに「美」を見いだす。


ですな。











さあ、いよいよ中へ!


無垢材の引き戸から入場、ってのからして
民・藝・館、ってかんじ。






『文字の美』という特別展の開催中でした。




ちなみに↑の字は
「懲らしめる」の「こら」である「懲」だそうです。



▼チケットもなかなか味わいがござんす。





作品はもちろん撮影できないけど、
スタッフの方にお尋ねして
階段の写真はとらせていただけました♪









文字をデザインに取り入れた食器や布、
本の装丁では
つい先日NHK『美の壺』でみた
漆塗りで文字を浮がらせたものや、
あぶりの印伝で染めた革の袢纏など、

そりゃーもう、お宝が ずんずんずらずら~♪


そういえば小学生の時、
市の「郷土資料館」ってところへ
よく1人で、150円持って
見に行ってたことを思いだした。

100年くらいまえの
農耕具や、おひつ、アイロン、洗濯板など
市井の人びとが日常で使っていたモノが展示されていて、
ある時、館のおじさんが
こっそり脱穀機を動かさせてくれたりして♪


いつ行ったって誰もいない
ホコリ臭い資料館で、
ある時、あっさり取り壊されちゃった。




▼化粧室わきに見えた裏すきま。

かめに溜まった水に景色が映り込んでいるのは
偶然か、演出か。




1階の売店で、
石川昌弘さん作のガラス食器と、
最近集めているスッカラ(韓国のさじ)を購入。

無料駐車場が5台あります(受付で申告)。

*--------------------------------*

ところで明日はライブ。
リコーダー(ソプラノ・アルト・バス)、ティンホイッスル、
鍵盤ハーモニカ、メタロフォン、コーラスをやります。
すでにチケット完売です(ありがたやー)。

急に追加になった3曲を今から覚えます!
覚えられなかったら懐かしの睡眠学習で覚えます!