2015年4月4日土曜日

クレアでスコーン


素敵なゲートにお出迎えいただいて、






クレア Home&Garden (東京都日野市)へ。






▼使い捨てなんてもったいないほど素敵な
オリジナルデザインの紙製マット。






▼クレア、といえばのスコーン。
アツアツ、カリカリ、サクッとしてシットリで美味しい♪

ミルクはイギリス式に「先入れ」ね!(ピンボケ)




臆面もなく本気でツラ皮厚くして書くけど
あたいはね、
自作のスコーンが大好きなの。(でた!)

そりゃー
自分好みに作ってるんだから
あたりまえなんだけどね (;^ω^)


このお店のスコーンも好き。
なにせアツアツだし♪


あたい、アイルランドで
美味しいスコーンに目覚めてしまいました。

アイルランドは
イギリスよりも紅茶の消費量が多く、
世界でも1、2の紅茶好きな国。

だからスコーンもいろんなタイプがありまして
そのなかで1つ「これだ!」という
スコーンに出逢ってしまい。

(コンサーティーナ奏者
クリス・ドローニーChris Droneyさんの
おうちでいただいた、
奥様の手作りスコーン)


「あの時のスコーンをまた食べたい!」の一心で、
帰国後、そのスコーンを思い出しながら
レシピを完成させたのだ。

(そういえばアイルランドで2週間ほど滞在していたのは
奇しくもこの店の名前と同じ、クレア地方だった)



当時、日本でクロテッドクリームは手にいれにくかったんで、
オリジナル製法で自作にチャレンジしたりしてさー。

生クリームの賞味期限を無視した
完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


モンゴルの遊牧民直伝の
クリームを濃くする方法をアレンジした
完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


作り方は簡単なんだけど.....

ここに書いていいのかな.....

えっと.....


ナカザワの45%生クリームを
未開封のまま冷蔵庫の奥の方(動かさない場所)で
1か月以上放置するだけ。

完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


みんなもやってみてねーー!! \(^o^)/

(やるかーっ!)




▼お店の方がサービスで
サンパルなんちゃら(?)とかいう
チリのお菓子をくださいました♪

卵風味の、ちょっと弾力のある
ナボナみたいでした~







▼2階の窓からのお庭の眺め。
あー、隣近所が離れているだけでもうらやましい。









2階ではイギリスの雑貨などが。
ミルクペイントなどのオシャレ塗料の品ぞろえが
素晴らしかったです。



▼カフェを出ると、






ガーデン~♪

▼この、水が流れているかんじが
イギリスの村っぽくていいなー。






やりすぎてないところが気楽でいいかんじ。




裏庭には石釜(っていうのかな)が。
お店で買える自家製パンとか焼いてるのかな?




またバラの季節に行きたいです。



そのあと、近くの『with Garden日野店』

昭島綜合園芸センターへ行って、

でんきち小平店で、ふとテレビ買って帰りました。



先週、花き市場でコンテストがあったそうで
昭島綜合園芸センターには
受賞した花苗がいくつも売られてたよん。