2015年5月2日土曜日

庭すきま改造(完成)


昨日のつづき。


そういえばさ昨日、
土を掘り返していたら
カエルがでてきたよ。

写真だすよー。怖い人、写真1枚、飛ばしてね。


↓ ↓ ↓ はい ↓ ↓ ↓ ↓



本体10センチくらいのヒキガエル。
まだ冬眠してるっぽい。のそのそ。


ヒキガエルって触ると毒吐くっていうじゃん。
「うえぇぇ~ どこに野放ししようか....」と
いったんは、近くの川べりへ追いやろうとおもったのだけど、


ん、カエルって虫たべるよねぇ?
目が覚めたら
庭の虫を食べてもらったらいいんじゃ?

とくにフナムシみたいなきゃつら。
植木鉢を動かすと
集団でゴサゴサ動いて怖いんだもん。

ということでカエルはこのまま残すことに。


その昔、「美人スパイ」をやってたあたい。
各国の要人をメロメロに骨抜きにして
世界をおまたにかけて暗躍してました。

スパイの訓練のひとつに、
「敵国につかまっても自白しない」という
拷問訓練があってね。
虫で攻められる訓練が一番イヤだったな~。


それはさておき、庭のすきまの花壇。

まず、ここは
  • 宿根草は白い花だけ
  • 一年草は青だけ許可
  • リーフ類は、ライム、青、淡い白系の斑入り
  • 黄色は入れない。フウチソウは「黄色じゃなくて明るいきみどり色」と思い込むことにする。
と大まかに色設定。


壁ぎわにツルバラとか這わせたいとも思っていたけど、
去年、外壁塗装をしたときにあきらめたんさ。
レンガとかの、塗装不要な壁に這わせるべきなんだなーって。



冬枯れするものと、常緑と、大きさなどを
自分なりに考えながら

あっちゃこっちゃ、ヘトヘトしながら

▼こう見えても、いちおう完成!



だいぶスッキリした~♪

スカスカになっちゃったけど
これから数年かけて、
こんもりと仕上がっていくのが楽しみです。
宿根草を育てる、これぞ庭づくりの醍醐味!?


この数年間、本を眺めて夢みたりしてたけど
なんも決まらなかった。
結局、自分でやりながらでないと分からないのかもね。

まあさー、本に出ている素敵な庭って
そもそもから人に見せるための庭だったり
プロに設計してもらった庭だったりもあるわけで、
そりゃ素敵で憧れるけど
「出来上がったもの」って面白くなかったりするじゃん。


やっぱり、自分のための庭を
自分で手間かけて作っている人の庭が好きだなー。

いつまでも「ココをこうしたい!」という
夢が進行形の庭主の話はオモシロい。
個人的に取材したいほど(笑)


後悔しながら、やり直しながら
自分の庭のストーリーを作っていくのだ!!