2015年6月15日月曜日

それは道ばたで受け継がれてゆく


庭のサン・キャッチャー。




桑の実(マルベリー)を食べに来るヒヨドリ避け。

効果は……なさげです。



そういえば15年くらい前、
うちにモンゴル人の友人がひと月ほど滞在していたときのこと。

「町で見かける、CDのようなもの
ベランダに吊るしているのはなんだ?」
と訊ねるので

あれは要らなくなった本物のCDで、
鳥を除けるために光るものを吊るしているのだ、

と説明したらビックリ。


「鳥が家にくることの、なにがイヤなのだ?」

「イギリスなどでは、庭に小鳥のための
水飲み場やフルーツを用意してあげるというのに」

と、日本の都市の、世知辛い部分を知ってしまい
凹んでいたようだった。



それから「不要なCD」というモノがあることにも驚いて。

いまでこそモンゴルは経済成長世界第3位(だっけ?)の
経済バブルで
シャネルだのヴィトンだのの路面店もバンバンできてて
日本なんかよりも断然景気がいいわけですが、

15年前はまだそこまでじゃなくて
「いらなくなったCD」という「モノあまり」の状態に驚いていたけど、


セギちゃん、いまや日本ではエロも余ってて
「不要DVD」が道ばたに落ちてるんだよー。




もし、今、セギちゃんが
「なんでゴミ箱に捨てないでココに置いているのか?」
と訊ねるならば
あたいはこう答えよう。


これは「ほどこし」である。
このやさしさを通して
青少年はその脈絡たる伝統を学び、
感謝の意をこめて
次の世代へ受け継いでいくのであーる。

と。

合ってる、よね?