2015年6月6日土曜日

1kg=10円


実家のバイカウツギ。ちょっと前の写真だけど。







▼妙なやきものが飾られてたんですけど......






▼お香を仕込んで、パイプから煙を燻らせるものとか。




ま、いいけどさ。

父の遺産は大事に使ってほしいぞ。



▼トイレットペーパーのカバーにお手製の刺繍。
季節ごとに20枚ほども刺繍してある。



( ↑タイル壁、THE昭和ですね)


身内ながら「エライなー」と思うのは
刺繍の絵柄がオリジナル作品だということ。

下書きも特にせず、お絵かきをするように
適当にチクチクと刺していくのが楽しいんだって。



▼亡くなった父のジャージをリメイクしたというドアノブカバー。




あ、そうそう。

父の洋服がまだ捨てられないママン。
「忘れられない」というよりも
「もったいなくて」だそう。

未使用のタグ付き洋服もあるし、
父は親方体型だったため
ワイシャツやスーツ類はすべて
オーダーメイドで作っていたので
「買ったときの代金を考えると捨てるなんて......」
という気持ちもわかる。


わかるけど、処分!


で、『どんな服でも買います』
というお店へ行こうということになり。

「へんなものを持っていって
値段がつかないとショック」と言うので
未使用品&クリーニング済みの服を選び
精鋭ぞろいで期待して入店したのですが、


結果、8.5kgで 85円でした。

1キロ10円。
二人で大笑い  (;゜∇゜)\/(;゜0゜)


ママンも現実を知り、
ようやく吹っ切れたようで、
「もう、全部、処分!」と。

東南アジアへコンテナ輸送するという収集に
ドカンとお願いすることにしました。


あー、スッキリした♪