2015年7月1日水曜日

今は主にホームセンターで購入


20年ほど前。
シュウ・ウエムラのメイク講座に通ったことがあります。

正しいクレンジングの仕方から始まって
シュウ独特のアイラインの入れ方などなど。

当時流行っていた太マユ・真っ赤なルージュの
今井美樹風なメイクなど教えてもらったけど
もったり顔のあたいがやると
腹話術の人形みたいになっちゃってね~
ま、楽しかったな。


給料が入ると、シュウやケサランパサランなど
発色が美しいコスメショップで
口紅やチークを2~3本ずつ揃えていって
しまいには「店か!」ってくらい増えちゃって
あたいの貴重なオサレ時代の思い出です。


しかしあたい、今やまったくコスメに興味がなく、
  • ファンデ→マツモトキヨシ
  • つけまつ毛(!)→ドン・キホーテ
  • 筆とかチップとか→無印良品
  • クリーム(ハンドクリームを顔に塗る)→サミットスーパー

そして
アイブローや口紅なんて、もう10年ほど

Jマート(ホームセンター)で
買ってるし!(^O^)/あはは~



ところで、おとといのこと。
友達と吉祥寺で遊んだときに
「しまった!シュウ・ウエムラのアイブロー
持ってくればよかった!」
なにやら後悔している様子。


なんでも、シュウ・ウエムラでは
アイブローを買ったお客様ならば
先端が減ってきたときにショップに持っていけば
削り直してくれるのだという。

んで、それがまたちょっと変わった
独特な削り方なので、自分では出来ないとのことで
結局、「あー、じゃあもう、新しく1本、買う!」と言うではないデスカ。


......気になる。
「もう1本買ってもいい」ほど、書きやすい
その削り方が非常に気になる!


で、一緒にショップに付いて行って
その「変わった削り方」のアイブローを物色すると……


▼ ▼ ▼ コレでした ▼ ▼ ▼



「なぎなた」みたいだ。

たしかに変わってるのだが、見覚えある......


そうだ。あたい、この削り方、

シュウ・ウエムラのメイク教室で

教わったぞ!!


てか、メイク教室に行っていたことすら
すっかり忘れてたけど、
そうそう、当時 独身のあたい、
休日に1人でコレ、削ってたわー (;´∀`)



▼で、帰宅後にガサゴソ探したら
当時の教材が出て来た。



EBONYっていう、デッサン用の画材鉛筆。
シュウ・ウエムラのアイブロー
【ハード フォーミュラ】のNO.9(硬め)と、
質感や書き心地がよく似ているのだそうで、

太マユが流行っていた当時、
プロのヘアメイクの人もこれ使っていたことで
雑誌やテレビに出たりしてたから
覚えている人もいるかな?


このEBONYを
シュウ・ウエムラ風にカットするやり方を
明日、お教えしちゃいます!


(トゥモロ~ぉっ!?)

だって今からワンコ病院に行かなきゃだからさ、またねーー!