2015年9月26日土曜日

みの吉、手術


ざっと書くよ、ざっと。


▼元気がないので病院へ連れていき、





▼胃カメラ。異物ポリープ発見!




「ブツによっては開腹手術
出血もすこしある」


いくつかの重要な選択を
翌朝までに決めなければならず
眠りたくても眠れない。

あたい、へとへと。
みの吉、ぐんなり。



で、朝がきて手術。

内視鏡で30分、あっという間に終了!


▼小さな異物が1つだけだった。
っつーか、これくらいなら普通にウンチで出たのかも....




ついでに「耳そうじ」「つめきり」もしてもらう余裕 (;^ω^)


お腹を切る手術だったら
しばらく大変だなぁーって気が重かったけど
よかった。



とはいえ15歳で全身麻酔、心配だ。

「まだフラフラしてるんで半日入院。
夕方、迎えに来てください」

と言われて、あたいだけいったん帰宅。


それにしても、みの吉~。
3年前から毎年1回、
全身麻酔で手術してるな......



数時間後に心配しながらお迎えにいくと
元気に力いっぱいはしゃいでた。

▼「帰る~」とドアパンチの連打 =体がフラフラしていない ヽ(^o^)丿



「今晩からゴハン食べられます」と獣医師。



帰宅後。

▼ほんとに元気そう! もう大丈夫。





たぶんね!




これから数日間、
出したウンチをクリアファイルでつぶして
異物をさがす日々がつづきます (;´∀`)ゞ