2015年9月9日水曜日

古い西洋音楽


ケルトっぽい、
まあアイルランドの伝統音楽が好きなわけですが、
その時代の、いわゆるクラシック音楽もまた好きなのです。

訳するなら「わびさび」があると思うんだよねー。

ちなみにその時代、
リコーダーは独奏楽器として
めっちゃ花形楽器でしたのよ。
のちに、フルートにその座を奪われるまでは……


そんな「とって替わられちゃった楽器」、
リコーダーの新チームが本日始動!
今日は「はじめまして」の顔合わせでした。


なんと、お1人、ヴィオラ・ダ・ガンバも弾ける
リコーダーの達人さんが登場♪

▼チェロっぽい楽器がヴィオラ・ダ・ガンバ。



いにしえの響き。
寂しく憂うような音色で、
リコーダーとの相性バッチリ。



あたい、この秋、3つの音楽活動をしてます。
(もう秋って言ってもいいよね?)

長らくブランクがあったせいで
笛を吹くための筋肉をつけるところから
再スタートだからさー、
毎晩、全身くったくたのへっとへと(〃´o`)=3

あと、左手の親指を意図的に深爪にして
皮を厚めに仕上げてる途中デス。


あ、明日から2、3日
ブログおやすみしまーす(^o^ゞ