2015年9月19日土曜日

味噌汁専門店へ


銀座から東京駅へ向かう途中。

▼ビルとアスファルトだけの街中に異質な一角が。



民家を移築した和風カフェのようでした。たぶん。

植木なんかもいいかんじに古びてて
最初からここにあったものが
取り残されているかのような演出。いいね。



などと横目に見つつ、
オープンから1年半、
遅ればせながら KITTE へ初めて行ってきました。


今までの商業施設とはちょっと違う、
個性的な雑貨屋さんが100店舗近くあるそうで
一度行ってみたかったの。

ちょっぴり大人の商業施設。





▼旧、東京中央郵便局の局長室を見学できる。(無料)




局長室ってのは最上階にあるんかと思いきや
ここでは4階フロアーにあるの。


▼おそらく理由はコレ。
窓から東京駅が真正面にみえるから~(たぶんね)





▼窓際の手すりの「こなれ感」。
郵便局長はきっとここから駅を眺めていたのでしょう。
『西部警察』の裕次郎気分でね♪





▼屋上庭園。
それなりに花などもちょこっと植わってました。

屋上は風あたりや日当たりなど
あまりいい条件ではないと思うのに
弱ったものや、花ガラなどがまったくなくて
見ていて気分がよかったです。





▼東京駅がすぐとなりに。
みんなこの位置から写真撮ってるよん。





▼斜め向かいの新丸の内ビル。
歩いている人と比べて巨大で怖い.....





▼空に、龍みたいな影が。




で。

KITTEの地下階は
日本中のいろんな名産が買えるフロアになってまして。

フードコートみたいになってて
その場で名物品が食べられるようになってまして。



▼テレビで見てぜひ行ってみたかった
「お味噌汁専門店」へ。




あたい、味噌汁があまり好きじゃなくてね。
具や味噌にもよるけど。

でも、今まで何度かお料理屋さんで
「美味しい!」と思えるお味噌汁に
出会えたことがあるので

「お味噌汁専門店」のものなら
さぞかしと期待したのですが、


結果、残念!!


好みではありませんでした。


なんだろな。

「注文ごとに作る」というのがウリだそうだけど
いただいた感じではそうではなく、

「あとは味噌を溶くだけ」って状態のものを作っておいて
注文をうけたら味噌だけを溶くという
作り方のようにかんじました。

だって、素材の味がすっかり抜けちゃってて
味わいがないんだもん。美味しくない。
「味付け」しか感じない。
「味わい」も「香り」も判らなかった。


そのうえ具がすくなくてねぇ。
少ないっていうか
器の大きさと量が合ってないわけさ。
ビジネス量なんだよね。

お味噌汁なんていうマザーフードはさー、
どっかりと具を入れて欲しいわけよ。
「母の愛」っていうの?
「いっぱい食べて元気だしな」的な。

大きすぎるお椀のなかで
具が泳いじゃって寂しかったですよ。


ダンナも
「これならまめ吉がたまに(年に数回)つくる
味噌汁のほうがマシ」
とのことなので、

毎日お味噌汁つくってる奥様方ならば
この1杯700円!のお味噌汁よりも
「つくりばな、煮えばな」のフワッと風味のある
美味しいお味噌汁が作れていると思う。


みんなもKITTE行ったら
試してみてねー! ヽ(^o^)丿アハハ~


※感想には個人差があります。