2015年10月29日木曜日

江崎グリコの社長夫人


グリコのポッキーのCM。

一番右の人から目が離せない。



(↑画面小さいけど『公園編』がオススメ)

まず眉毛、そして目、眉間のシワ、ニヒルな口元、
バブル時代を思い出させる肩幅、
リズミカルに現れるひざの隙間。
ぶれない体幹、スマートなダンス。

あらゆる角度がキレてて、
1回みただけじゃ物足りません。


去年は、関口メンディがテレビに映ると必ず
「あ、関口メンディだ!」と言う人が
あたい以外にもたくさんいると知ったときに
「やっぱり」と思ったけど、

同じようにきっと今、世の中には
「ポッキーのCMの右の人が気になる」中毒者が
たくさんいるんじゃないかな~と思います。


世の中、おもしろいもの、
次々出てくんね♪


グリコといえば、
江崎グリコ社長夫人が書かれた本、
『芦屋スタイル』江崎美恵子(講談社)
おもしろかったです。→ amazon


あたいの自画自賛なんて
まだ甘っちょろいな~と思い知らされた、
そんな感じの一冊です。


筆者の住まう芦屋を
「日本一の住宅街」と言い、
「江崎家=芦屋スタイル」と言い切れる爽快さったら、あーた。

(ちなみに芦屋のなかでも
本物のお金持ちしか住めない六麓荘という地区で
昔、家庭教師をしていたうちのダンナが言うには
「日本一の住宅街」というのも納得だそうですケド)


巻頭写真では、その「日本一の住宅街」をらくらく見下ろす
高台に建つ豪邸から微笑む江崎さまの写真、ナイス!


内容はとても読みやすく、
ノンストップで一気に読めてしまいます。
庶民のあたいは
5行に1度は「ええっーー!」と驚いてました。


たとえば、
日本のオシャレの流行発信地は芦屋なのだそうです。
江崎さまたちがお召しになったファッションをみた
東京や大阪の方々が「あら、素敵ね」と取り入れて
世の中に広まっていくのだそうです。
(半年前に読んだんでうろ覚えだけど)


または、店員があまりにもへりくだりすぎるお店は
居心地が悪いなど、なるほどその通りだなと
共感できる本音も随所にみられ
おもしろかったです。


芦屋ライフにおける人付き合いや買い物美学など、
さまざまについて
生まれながらの大金持ちである江崎美恵子さまが
イヤミではなく
本音で書いている本、
それが『芦屋スタイル』(¥1620)なのです。


内容のわりには値段が高いので
あたいは図書館で借りましたが、

どのページからパッと読み始めても
すぐに楽しめるという点では
購入して、手元に置いておきたい種類の本と
言えるかもしれません。


庶民のあたいからみると
お金持ちの暮らしって窮屈だなーと思ったけど、
でもそうと思わずに暮らせるのが
生まれながらのモノホンのお嬢様なのねぇ。

「ま、あたいはこっち側でいいや♪」と
ハッピーターンの粉をペロペロ舐めながら
今の自分の暮らしに満足できる
そんな一冊なのでありマス。