2015年11月13日金曜日

庭の小さなバラ2種


たとえば。


「ベニス」よりも「ヴェネツィア」のほうが
ちょっぴり素敵に聞こえるのと同じように、

「ミニバラ」よりも「ミニチュア・ローズ」のほうが
素敵だやねー。



さて。
この秋、わがやへやってきた『ミミエデン』。


園芸店のミニバラコーナーに置かれていたけど
ネットで調べると
「ミニバラではないです」と
この世の不正をあばく!ばりに
力説している人を何人か見つけました。


なので、小市民のあたいは
ここはひとつ「小さなバラ」と
ふやかして書くことにしまして(;^ω^)ゞ


この小さなバラ、
包装フィルムをはがしたら
花がガックリと頭をさげちゃってねぇ。

▼2週間経ってもこんな調子。
フィルム付けた状態で育てたのね。イヤだわっ




なーのーで。



▼切っちゃいました。
小さなバラは切り花にしても長持ちするしね。



乙女チックな撮影にチャレンジしてみたよん。
(笑うな!)



『ミミエデン』、外側の花びらは黄緑色ってのがいいね。

赤茶のほうは『コーヒーオベーション』。
春の”国際バラとガーデニングショウ”で購入したもの。

どちらもアンティークっぽい色合いが素敵だ。



ちなみに↑の花瓶はセリアで購入。
100円だけど、ちゃんとガラスでできています。



あ、っと。

みの吉の急性坐骨神経症ですが
注射とリハビリでかなり回復しました。




みの吉は、いい獣医さんと出会えて
幸せだなぁ~と思う。


若いころなら
どこの獣医でも大丈夫だけど、

老犬は一つの症状だけじゃないから
多角的な面から判断してくれる
勉強熱心な先生が必要。


ちょっとした軽い症状のときには
新しい獣医さんをお試ししてみたり
(みの吉の獣医として採用面接)、

院内で、指名の先生を替えたりしながら
探し続けてきたけど、

老犬になるまでに
信頼できる獣医さんに辿りつけてよかったです。

他所より医療費が高いのが難だけど(-_-;)



あたい自身は、もう何年間も内科難民なので
いい先生に出逢えたみの吉が

うらやましいデス!