2015年12月10日木曜日

ロシアのチョコレート


どこの掃除が好きかって
そりゃ冷蔵庫でしょ~♪

なぜならば
あるのを忘れていたチョコレートが
出てきたりするんだもん♪

▼モンゴル人の友達からもらった
大好きなロシアのチョコレート。




このチョコ、大好き!
特に、緑色のほうの、ナッツ混じりのやつ。


▼キリル文字ってカッコイイ。





▼デザインがいいよねぇー。
なんで日本のお菓子ってヘンなのばっかりなんだろ。





じつはこれ、かなり前にいただいたやつ (;´∀`)ゞ

「とっておきの時に食べよ~」としまい込んで忘れてた!


食べてみると、おおっ、
変わりなく美味しいではないデスカ!





「え?まめ吉、チョコレート食べないって
いつも言ってるじゃん?」

ええ、そうですよ。
人生で、板チョコを合計2枚分くらいしか
食べてないやーね。


でも

美味しいものは好きなのさ♪



そういえば、数年前に
別のモンゴル人の友人からいただいた
『モンゴル初の国産チョコレート』ってのも
なかなかでした。


それまでモンゴル国内に
チョコレートを作る会社はなく、
ロシアや中国からの
輸入チョコレートを食べていたのだそうです。

で、モンゴルの菓子メーカーが
ロシアに教えを乞うて、
モンゴル初のチョコレートを販売したのだ、
というものをいただいたことがありました。


基本に忠実に、
ちゃんとマジメに作っている味で。


『美味しんぼ』に描かれていた豆腐の話を思い出す。
アメリカで豆腐がブームになったとき作られるようになった
アメリカ産のTOFUは
日本の市販の豆腐よりも美味しかった、というストーリー。
(だったかな、うろおぼえ)


「え?本場日本の豆腐のほうが美味しいんじゃないの?」
と思うじゃん?
でも、山岡さんが

消泡材や凝固剤をつかって
大量生産される日本の豆腐よりも、
基本に忠実に
まじめに作ったアメリカの豆腐の方が美味しい。
本物の豆腐なのだ。

みたいなことを言っていた、ような。たしか。
(だったかな、うろおぼえ)


そんなかんじで
初のモンゴル産チョコレートも
なかなか美味しかったなー。


あとさ、
ヨーロッパのチョコレートって美味しいよね~。
スイスやベルギーの
数百円の板チョコのレベルの高さったら。


世界には美味しいものがたくさんある!
 (*^o^)/\(^-^*)