2015年12月3日木曜日

大久保のスタジオへ


へいへーい。

ルネサンスやバロックな音楽を演奏する
リコーダーデュオの練習で
大久保(東京都新宿区)へ行ってきたよ。


▼大久保駅にあった『駅スタンプ一覧表』。

へぇー、こんなんあるんだー。




『荻窪』はラーメン......じゃなくて大田黒公園? 

『渋谷』もハチ公じゃなくて全王八幡宮(?)なのね。



▼んで『大久保駅』を押してみた。




『新宿高層ビル群と富士山』が見えますよー、ってことか?

でも、それって、大久保の特徴なのか?

大久保なら他にいろいろ特徴あるじゃんねぇ。

韓国料理に、、、熟女パブ(笑)



さてさて。
本日のスタジオは
クラシックやジャズ系の利用客が多いスタジオ。

キレイで、駅から1分なわりに
1時間800円~と激安料金。
3時間でも2400円よー!

あの立地でこの値段は驚異的。


しかも、トイレには
▼イソジンやら消毒液やらもそろっていて、





▼トイレットロールのカバーもお上品に♪
ラベンダーのサシェタイプなんて
いまどき珍しいわぁ~

もう干し草みたいな香りだったけどね!




クラシック系のスタジオは
タバコのニオイがしないし、
隣りで爆音バンドが入る心配もないから
安心して練習できます♪



もしバンド系ならば
大久保のNo.1のリハスタは▼こちら。
老舗のスタジオM。安いし、ロビーの居心地が最高!

(駅のホームから見える距離。便利)

大久保へは年に数回行くので
そのたびにスタジオMへ
「コニタさん、いるかなー?」と
ふらりと行ってみるのだが

たいてい昼11時ころの訪問なもんで
当然、毎回、ドアは閉ざされているのであります(;^ω^)ゞ

わかってはいても
実際、ドアノブを回してもあかない瞬間は
ちょっぴり寂しい。


次回、大久保へ行くときは夕方。
今度こそドアは開くかもしれないと期待して
懲りずにまた
スタジオMへの階段を登ってみるつもりなのであ~る。