2015年12月23日水曜日

たまたまお玉


ジョイフル本田(瑞穂店)の帰り、
ときどき寄る手打ち蕎麦のお店に寄ったんさー。


土日は外で待つこともある繁盛店。

この日はラストオーダー10分前に滑り込みで
店内にはもう帰りそうなお客さんが
二組あるだけだった。


「年越しそば」なんて貼り紙も見えて
年の瀬をかんじつつ、
あたい(一人で入店ですけど?)が
頼んだのは冷たい掛け蕎麦。ひゅるるる~


▼キュウリが浮かんでて目にも涼しげ~なのだが、




なんだか食べているときに違和感を感じ……



▼あれ、金属のお玉? 冷たい掛け蕎麦に?




これはこういうものなのかな?
木製でできたおたまじゃないんだね?

周りの席を見回したけど
あたいが最後のお客で確認不可能。


いや、べつに金属のお玉でも使用には差し支えないんだけど、
もしも間違って呈されたのだとすると
なんだか不安になってくる。

まさか
作る人が味見に使った
お玉じゃないの?


やだやだやだ、蕎麦屋のおっさんと

間接KISSぶちゅ~なんて汚らわしいわっ!

おえーーっでございますわよ!!


熱い鍋料理なら金属お玉ついてくるけど
あれは取り分け用であって
お行儀わるく直接口をつけて使うものではない。


鍋焼きうどんなど
熱い料理に添えられるお玉は
やけどしないように
木製のお玉が使われることが多いだろうし。



......なんだか家で調理中に味見してる気分。

え?
「お玉から直接お味見なさるなんて下品だわ」ですか?

いやー、あたいもテレビの収録中とか
ダンナの実家とかならやらないけど
自宅なら直にお玉だーね。

とはいえ唇ブチュ~ではないよ。
口を付けないように小粋にスッと吸うの。


というのも、四川料理の陳健一さんが以前テレビで、
「中華の料理人が調理中にお玉で味見をするとき、
口は直接お玉に付けないように吸い込んでいる。
これ、料理人のマナー」と言っててさ。

以降20年ほど、あたいもそのようにしてるんさ。


そしてテレビで中華料理人が調理しているのを見かけると
味見するまでチャンネルを回さずに粘着待機。

その結果、テレビによくでる
脇屋さんや陳健一さん系列の菰田さんあたりは
きちんとキレイに味見をされているが、
そうでない人はそうでもないことが判明しました。


などなど、どーでもいいお玉よもやま話
考えているうちに
あたいのお蕎麦も食べ終わっちゃいました。あはっ


♪小さいことは気にするな
それ! ワカチコ ワカチコ~♪(ゆってぃ)


食べ物ネタ、続いてんね。
食べ物と飼い犬ならネタが尽きないな~
ラクだから明日も食べ物にしよう Ψ( ̄∇ ̄)Ψ