2015年12月4日金曜日

ヤーコン ヤーコン


こないだライブさせていただいた
マクロビオティックなカフェランチで
気になる1品が。




野菜のような、果物のようなものが
やさしい甘さのシロップ漬けになっている一品。

お店の方に訊ねたら
『ヤーコンです』と。


あーっ、これがヤーコンか~!
ヤーコンってイモ類かと思いこんでたから
こういう爽やかな食感のモノとは驚きでした。


さっそく近所の市場で購入。


▼見た目はサツマイモだけど、
皮をむいた感覚はラディッシュのようで、
中身は大根と梨のような質感。




調べによると、「炒め物」でも良いらしいが
「生」でサラダや甘酢に漬けている人もいる。

生で味見してみたところ
そのままでもほんのり甘い。
そして、なにやら黄緑色の香り。



先日のカフェでは
きび糖と少量の黒糖を併せたようなシロップに浸かっていて
美味しかったので
あたいもそれにかなって淡いシロップ漬けにすることに。

そのものが持つ甘さを超えぬよう、
ほとんど同等くらいの、淡い、やさしい甘さをめざして。



▼広島産の無農薬レモンとともに。





「なぜレモン?」というと
カフェの運営をしている松田ゆりさんから
帰りがけにレモンの精油をいただいたことに
ヒントを得てイメージ。


(シロップ漬けにレモン精油は入れてないですよー)


この精油、そこいらのものよりも
断然、「そのものの香り」がする。

うーんと、ほら、
外国産と国産のレモンって
香りの鮮度が違うじゃん?
そんなかんじの違い。


カフェのトイレにあった精油が
あまりにも本物そのものの香りだったので
「販売しているなら購入したい」と申し出たところ
なにやら特別なルートの商品とのことで
おいそれとは手に入れられぬようす......?


残念だなぁ~と思っていたら
帰りがけに「よかったら」と分けてくれたのでした♪
嬉しかった!



▼翌日。あぁ、キレイ。




淡い甘さ。薄いものを重ねていただく食感もいい。


こういう非攻撃的な食べ物ってホッとするね~