2015年7月31日金曜日

トマト収穫


7本のトマト苗から
毎日、よく採れてまっさ。




あたいが玄関を出入りするたびに
みの吉が「トマトおくれー!」とやってくる。


ミニトマト(3cmくらい)を食べる時、
以前、口の中でピューーッ!と爆発して
悲鳴をあげたみの吉。

数年前のその体験をちゃんと覚えていて
毎年、夏が来るたびに
ちゃんと奥歯でゆっくり噛みながら
汁をとばさずに食べます。

学習して、工夫して、ほんとにエライ!



あ、一部では
「犬にナス科のものをあげてはいけない」という説がありますね。
ヘタや葉、未熟の実でなければ大丈夫。

完熟実をあげるのは
むしろ健康上良い効果があるとも言われてますよん。



ミニトマトよりも小さなマイクロミニトマトは
一度に5粒くらいずつ食べると
プチプチと、口の中ではじけて美味しいのだ!






2015年7月30日木曜日

カラスウリの花


▼だよね?




近所の公園の生垣を
枯らす勢いで、全体的を覆ってました。


繁殖力旺盛だからか
日本では雑草として嫌われてるけど、

ヨーロッパへ持って行ったら
人気だったりするんだろうか。



ほんのちょっと昔の20代、独身のころ。
モンゴルの草原で寝泊まりしたとき。

行く前にイメージしていた
緑一色の大草原には、
じつは色とりどりの野の花や
野草のハーブが一面に広がってました。


せっかくの、自然の宝庫モンゴル旅行だったのに
なんと『写ルンです』を
たった2つ持って行っただけでね。

ほら、その当時はまだ
スマホもデジカメもなかったしねー♪

(えっ?「ほんのちょっと昔」のはずなのに?)


キレイだったなぁー
あれこそお花畑ってかんじ。

ああいうの見ちゃうと
園芸品種とかは
ちょっとイヤらしかったり
あざといと思うときがある。



2015年7月29日水曜日

Les Aventures de TINTIN


1930年。

フランス語の漫画、
『Les Aventures de TINTIN』。

邦題『タンタンの冒険』をごぞんじで?




漫画といっても
大人が読んで楽しく、かつ、小難しくない、
ハラドキの冒険物語。


サウジアラビアで悪党をやっつけたり、
月へ冒険したり、
アヘン窟で秘密をあばいたり。


やっつけられる悪党キャラも
おとぼけタイプの憎めないワルばかり。

やっつけ方も「銃殺・血みどろ」なんてシーンはなく、
「バケツでコツン・目から火花が散る」みたいな
ほのぼのした懲らしめかた。


たとえるなら「サザエさんの冒険モノ」みたいな。




なんか、楽しいのです。夢がある!




▼2002年に買ったDVDボックス。

いまや中古でも6万円近い高値がついている、
わが家で ただ唯一の
購入価格より値段が上がったお宝グッズ (^O^)/



フランス語、英語、日本語、日本語字幕の
スペシャルな音声仕様。

ま、

もちろん日本語で聞いてますけどね。



フランスでは
「どこの家庭にも1冊はあるといっても過言ではない本」
と言われ、

ベルギーでは
タンタン生誕75周年の
記念コインが発売された『タンタンの冒険』。

日本で言えば、サザエさん、ドラえもん、か。



あたいも、10代から少しずつ買いそろえて行きました。
お年玉で買い、給料で買い、家計費で買い。


二十歳ころだったかな、
楽しみにしていた新刊の印刷に間違いを見つけ
アンケートはがきで指摘したところ、

な、なんと、登場人物の一人
ハドック船長の差出人名で手書きのハガキが届き、

「次の増刷から修正します!
もしよければ修正版とこっそり交換しますよ。
でもそのまま持っていたらレア本になるかもよ?」

という文面が書かれていたことがありました。
編集部のかたもおちゃめだなーと益々ファンに(笑)
もちろん交換はせず。
なぜなら初版本で揃えたかったので。
(オタク……じゃなくて、コレクターね (^o^ゞ)


そんな愛されキャラクター、タンタン。
世界各国で事件解決していく、タンタン。


今は、ジャパンのトキオーで、

クルマのキーホルダーとして、





首をつったり、




▼あたいのパーカーのポケットに穴をあけやがって、

足を突き出したりしてますよー。


(ちょっと右側の穴から手をだすこともある)





2015年7月28日火曜日

壁にフェンス


家に沿って壁フェンスを置いています。



ためしに1つ買ってきたフェンス。
後日、追加で買いに行ったら
もう同じのが売られていなくてねぇ。

「売られていなくて」どころか、
ガーデン雑貨コーナー自体が縮小に次ぐ、縮小。


なんだよー。
ジョイフル本田 瑞穂店の園芸雑貨の売り場、
けっこう品揃え、よかったのにー。

ちぇっ。


とスネスネしてたら、

土谷ますみ先生からナイス情報をいただいて

▼マネして、Jマートでゲット!
しかも地域振興券でねっ。



いい! いい!!


このフェンスさー、
あたい、今までに売り場で何度か見たことがあったの。

でも、気に留めてなかったんだよね。


なぜならば
近所に、このフェンスを敷地のまわりに
立て並べてる家がある先入観で、

土谷先生のアドバイス、
「壁に立てかけて見せる」ってのは思いつかなかったです。


同じモノを見てても
見る人が見ると
違うものが見えているのねぇ(*´∀`)♪


2015年7月27日月曜日

モバイル表示は廃止


昨日、『スマホで接写&背景ぼかしテク』
得意げにあれこれ書いたところ、
友達から数々のメールが届きました。


「パソコンで見るとキレイだけど、
スマホ(モバイル表示)だとボヤけてる」とか

「なんか、縦横比がへん」

など、など。



で、確かめてみたら、あら、ほんと。

パソコンだとキレイに表示されるのに
スマホだとボヤボヤに見える。


本文内で
「スマホのわりにはキレイに撮れてると思う」だなんて書いてて
とんだ赤っ恥だわぁ~


かねてより気になっていた

モバイル表示時に、
縮尺やら色味やらが変わってしまう問題。


ということで、モバイル表示、廃止しました。

以降、パソコンでみるのと同じレイアウトで表示されることになります。

よろしくねー



2015年7月26日日曜日

スマホで接写&背景ぼかしテク


今日のブログは
虫がキライな人は【閲覧注意!】です。


2センチほどのカマキリの赤ちゃんが
まだ生きているヤマトシジミを取っ捕まえて肉食中。

↓ ↓ ↓



スマホのわりには
キレイに撮れたと思う。



さて、ここで、
自称スマホカメラマン(嘘)、まめ吉による
試行錯誤の末の

「スマホで接写&背景ぼかし」

撮りかたを教えちゃうよん♪



まず、

「一番イイ画質に設定」にして、

「ズームを使わず」に、かつ

「ピントが合う距離までなるべく近づいて」

「画面タッチシャッター」で撮影すること。


「拡大撮るのにズームじゃないの?」
「背景をボカすのに望遠じゃないの?」
というところが、普通のカメラとちがう工夫点。

スマホにはスマホの撮りかたがあるのだ。



ちなみにあたいのスマホは
2年前に買った GALAXY Note です。

一番イイ画質は4128×3096(13M)。

「手ブレ補正」はOFFです。
(撮影後のデータ処理が遅くてイラつくので)



▼で、撮った写真がこちら。これをトリミングしたのが ↑1枚目の写真。






▼これを、




▼こう!




▼こう!!




あ、蝶々さん、こっち見てましたか!


ま、要は、
「いい画質で撮って、トリミングする」ってだけですけどね(^o^ゞ



んもう~
あたいのブログって、すごい親切で役に立つよね~

(↑よく覚えておくように。
そして他の人にも、あたいのイイ評判を言いふらすように)



どう? みんなもでけた?

もし出来なくても
メールでの質問にはお答えしません。
めんどくさいので♪
だって、各機種で操作が違うんだもん。ね?


自分で工夫してやってみてね~(*´∀`)/

会ったときに直接 訊いてくれれば
めんどくさがらずに、ちゃんと教えるよん。




2015年7月25日土曜日

食虫植物サラセ二ア


昨日、ぽっとん系の食虫植物、買いました。


【サラセ二ア】




食虫植物なんてオエーッだけど、
造形美として見惚れました。


虫を食べないと枯れちゃう、ってことは無いそうで
「年に1、2回、ゆで玉子のかけらでも入れとけば大丈夫」
とのこと。




ヒラヒラした手招きでおびき寄せ、
パックリあいたお口の奥の
極上の蜜匂で誘い込む手口は、まるで毒女。



ところで、この苗にはラベルが付いていて
『Saracenia”Oedobijin”』と書いてあったので
ネットで調べてみたら……




_^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y_
 > 奥様3Pラリラリコース!?
 ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄



いやー、実はさ、
「いざというときはお世話になろう」とキープしていた
大久保の老舗熟女ヘルス『寺子屋』
30代後半までしか採用されないんだって。
「熟女ヘルス」なのに。チッ。


『寺子屋』年齢を超えてしまって以降、
万が一、食えなくなったときはどうしようと
かねてより不安にかられていたのですが、

新宿人妻風俗『お江戸美人』
40代でもOKというではないデスカ。

偶然とはいえ、イイ情報を知ったわぁ。
これで万が一のときにも大安心よぉ~ \(^O^)/ヤッター


「お告げや啓示ってあちこちにあるのねぇ~」
と感心していたら、
▼あれ?   今朝、あらためてラベルを見たら、

『Oedobijin(お江戸美人)』
じゃなくて

『Edojiman』(江戸自慢)じゃないか!




あら、やだ、なんで「お江戸美人」だなんて
思ったんでしょうねぇ。


はっ!?
まさか、これぞホンモノの啓示なのか? 
どっひゃ~ (゜ロ゜;ノ)ノ


こりゃあ、もしお店に面接に行くときには

「神のお告げがあったので面接来ましたぁ~」

ってラリラリ行っちゃうぞ!(即不採用)



2015年7月23日木曜日

巨大で臭い!


朝、ミキティからメールが来々。

「神代植物公園で、臭い花が見られるらしいよ」


あー、なんか聞いたことある。

数年に1度しか咲かない巨大な花で、
死臭やら生ゴミやらのニオイがするとかいうアレか。



園芸メイトAさんと一緒に行ってきました!




行列に並ぶこと15分、くらい。


▼どーん!!

ショクダイ オオコンニャク~(ドラえもん風に)




く、くっせーーー!!!


......と言いたかったのだが、
え?ぜんぜん臭くない。


実は、残念ながら
前日の、夜11時(閉園中)に開花してしまい、
職員の方によると
「そのときはかなり臭かった」そうですが

閉じている現在はほぼ臭いませんでした。


えーーーっ!?
なんだよーーー!!
どっかの子供たちもガッカリしてるよ。


園芸メイトAさんはマスク持参で、
あたいはすぐに「オエッ」ってしがちなので
エチケット袋を持参の覚悟で来たというのに、

まったく拍子抜けだよ。
ニオイ嗅げないなんて詐欺だ。
臭いニオイが嗅ぎたーい!!


せめて、どんなニオイか

再現して置いといてよ!!


生ゴミに下水をぶっかけて
なにかの死体を漬けておくとかさー。


…… いや、置いとかなくてもいいデス (/ω\)


一瞬、風にのって、ほのかに
生乾きのぞうきんのようなニオイが嗅げて満足でした♪



ちなみに、前回(7年前)のときも
7月21日に開花したそうですよー。

結婚して以降、たったの1度も
結婚記念日を思い出したことのないあたいとは違うわねぇ~。
(いまも何月何日か諳んじられない)




7年もかかってやっと咲いたのに
この、いい状態は2日間だけだそうで、
あとはドテッと腐れたおれるのを待つのみ、だそう。

ネットで、その「ドテッ」と倒れた姿を発見しました。
1枚目かーらーの2枚目、オモシロい。これもいいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
筑波実験植物園 【ショクダイオオコンニャク】



屋内展示場では『食虫植物展』をやってました。

【パクパク系】




【ネバネバ系】




【ポットン系】



...... か、買っちゃいました (;^ω^)ゞ

(明日へつづく)



2015年7月22日水曜日

やっちまった! Part2


こないだ買ったデジイチで、

案の定、みの吉ばっかり撮ってます。


子犬のころ、
写真を撮るたびにオヤツで目線をつっていたせいなのか、

▼今でもカメラを向けるとガン見してしまい、
なかなか自然な表情が撮れないみの吉(;^ω^)





以前、ワンコのイベントで
プロのカメラマンに写真を撮ってもらったときにも

■微動だにせず
■キメ顔をシャキーンと崩さずに
■まっすぐカメラのレンズを見据えつづけて、

カメラマンさんに
「ものすごいラクだーー!!」
ほめて(?)もらいました。



▼若いころは黒&茶色のワンコだったのに





▼おじいちゃんの今は白髪、色白フェイスに。



老犬だけど、
まだまだイケメンっしょ?



ところで。

失敗したー!


▼2本セットで買ったレンズ。



(左)18-55mm
(右)55-250mm

なんだけどー。

望遠レンズ、250mmじゃモノ足らない。

もっと大きく撮りたい!


なにが悔しいって、
実は数か月前、
カメラのクチコミサイトで
誰かが書いていたコメント、

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

セットの望遠レンズでは物足らないので
セットでは買わずに、
別に望遠レンズを買ったほうがいい

っていうアドバイスをすっかり忘れてたこと。


あぁ、衝動買いのワナ。

やっちまったー!! (/ω\)


カメラを買ったその晩から
早くも、レンズのカタログ(70ページ)を
夜のおかずに物色中。

カメラ貧乏のフチに
夜な夜なたたずんでおります。



2015年7月21日火曜日

やっちまった! Part1


スマホの画面のすべりが悪くなってきたので
保護シールを貼り替えました。

  1. 本体シートを貼ったあと、
  2. 保護シールをはがして
  3. 完成

のはずだったのに、
  1. 本体シール貼ったあと、
  2. 保護シールを剥がしたら
  3. 本体シールまで一緒にはがれちゃって
  4. そのことに気づかず、
  5. ぜんぶまとめて、ゴミ箱へポイしちゃいました (;^ω^)

「見て、見て! すっごい上手に貼れた!
なにも貼ってないみたい!!」

とダンナに見せて発覚。

気付いたときには
使い物にならなくなってました゜゜(´O`)°゜


▼ 一瞬でゴミと化した保護シート、700円。




あたいのスマホ(ファブレット)はさー
人気のない機種なのかな、
ドコモショップにすら
画面保護シートが売られてないんだよね(;^ω^)


だからこれもわざわざ通販で買ったのに。

ムキーーーッ!!


※ 明日も「やっちまった! Part2」です。





練習後の麦酒


リコーダー 、美女4人組の練習日@池袋。




▼お部屋っぽい、キレイな
クラシック系のリハスタジオでした。

ヤニまみれの
バンド系のリハスタとはちょっと違うわねぇ~(;^ω^)




月曜日の深夜、汐留あたりで
「豊島区は消滅可能性都市」
を合言葉に、盛り上がりを見せている池袋。

池袋、なんていつぶりかな。



▼練習のあとはビヤーー!! エビスの琥珀♪




CDデビューしたマルチな美女と、

音に色が見える共感覚美女と、

美しさ以外、なんの取り柄のないあたい。

(もう一人の美女は、ビオラ・ダ・ガンバのレッスンへ移動)






「歌は語るように~ 芝居は唄うように~」

などと、
素敵な会話をおつまみに
気の置けないオシャベリ♪

個性的で才能のある人との会話って
ヘンな謙遜や、無駄なへりくだりとかなくて
非常に楽しいデス。





そういえば。

ほんのすこしだけ昔の、20代のころ。

池袋駅の東口で
早朝、同僚と待ち合わせで1人で待っていたら、

通りすがりの

知らないオジサンが

3000円、くれました!


すぐに去っていったんだけど
なんだったんだ、あれ。

若かったんで、
疑いもせずに「ラッキー★」って
ソッコーで財布に入れちゃったけどね (;^ω^)



また、あるときは......、

それから他にも......、

と、20代の
いくつかのエピソードを思い出させる街、

それがあたいの池袋




2015年7月20日月曜日

ついにカメラを買う!


にゃ、にゃんと、

ついに一眼レフカメラwithレンズ2本、
買っちゃいました。

しかも衝動買い~!



今日、吉祥寺へ行ったの。
で、某家電屋のカメラ売り場を物色してたら
つい買っちゃったんだよね~(;^ω^)


昨日書いた三鷹市の地域振興券
カメラ買う予定だったのに、
吉祥寺(武蔵野市)の店で買ってしまって
使えずじまい、という…… (^。^;)ゞアハハ

ま、衝動買いって言っても
もう機種は絞り込んでいたので
「いつ買うか」だけの問題だったんだけどね♪


本当はこれよりも上位機種
(EOS 70D)を買おうとしてたんだけど、
店員さんが、

「いいえ、初めての一眼レフなら
こっち(EOS Kiss x8i)で充分。
その分でレンズを買った方がいいですよ」

と言って、高いほうのカメラを売ってくれない、という
まさかの営業トークなのでした(笑)

まぁ、たしかに70Dじゃ
あたいには重すぎかもね。

8000Dとの機能的な違いは「ほぼ」ない。
あちらは右肩に液晶モニターが付いていること、
水平機能が付いていること、
made in Japanだということ、
くらいの違いだそうだ。

「キッスなんて言えっかよ!」という
男性客向けの初級一眼レフであって、
Kiss x8iでよし!とのことで。

あたいも、ま、カメラ教室でオススメされた
Kiss x8i(世界最小の一眼レフ)がいいや、
ということでこれに決定、というわけです。


先月、メンテナンスから返ってきたコンデジ
これでもう出番はなくなっちゃうな……
どうしたもんだか。もったいない。


そーいえば、昔のワル~い友達に、

「カメラに興味がでてくるなんて
まさに中高年の趣味だよねー。
ガーデニングにボランティアにカメラだなんて

まめ吉もほんと、焼きが回りきったよねー」

って茶化された。

「そんなことない!! (*`Д´)ノ 怒」と
断固、反対したのだが、

でも......
うちのダンナが10年くらい前に
手打ち蕎麦を始めたときに
あたいもおなじように思ったっけ、

「やっぱ中高年は
蕎麦打ちたくなるんだな」って(笑)


そのうち、
高尾山に登ったり、
俳句詠んだり、
手打ち蕎麦を食べながら、
自作のおちょこで、どぶろく舐めたり
盆栽を語ったりしちゃうのかもねっ(;^ω^)




2015年7月18日土曜日

地域振興券


いまさ、あたい、行列にならんでんの。

市の「地域振興商品券」を買いにきてんの。



続きはのちほど……



と、朝書いて、はい、買ってきた!




■1度に1~5万円分を買えます。

■1万円買うと、1万1000円分の金券になるのです。

■だから、みんなMAXの5万円(5万5000円分)、買っていきます。

■受付のかたも、あらかじめ5冊ずつの束に積み上げてます。

■もっち、あたいも5万円分、買いました。


で、帰ろうと思ったら
みんな、2回目に並びなおしているではないですか。

係員に聞いたら、違反ではないとのこと。


おぉ、そうか。
急ぎ、小走りする人々の流れに乗って
あたいも2回目に並んだのだが、

そんな予定じゃなかった財布には4万円。
その内訳は
3万円+10千円であーる。


うぬぬ。
みんなが5万円でバンバン買っているなかを、
あたいは4万円分、
しかも千円札まじりで買うだなんて、


いかにも

家じゅうのお金をかき集めて

やっとこさ

4万円持ってまいりますた。

ってかんじではないデスカ!!


ま、あたい、そう見られても
じぇーんじぇん平気なタイプ。

販売窓口の人の方は
「......4万円でいいですか?」と戸惑ってたけど、

自信満々で「はい!ヨンマンです!」と
買えるあたいは もうおばちゃん(笑)



結果的に、9万円ぶん買った=+9000円、得した~♪

と 浮かれていたのに
あたいの友達が住む八王子市は、

な、なんと、5000円で6000円分の金券が買えるそうではないか。

もし9万円分買ったら......1万8000円も付くのか!!

ちぇっ。さすが、
八つの王子、エイトプリンス八王子だな。
三つの鷹、スリーホークス三鷹より景気がイイや。


ちなみにこの金券、
市内の参加店で使えます。

スーパー、病院はもちろん、

Jマート 三鷹店や、

astuoさんお勤めの園芸店


などでも使えます。 

行っちゃうよ~、astuoしゃん!




2015年7月17日金曜日

スマホ用のレンズセット


▼スマホのカメラにクリップするレンズセット。
2000円。




たいていのスマホに使えるらしいです。



魚眼レンズはイマイチ。

広角レンズはまぁまぁ。


一番、使えるのがマクロレンズ!


▼スマホのカメラでいつもどおり撮ると
これがピントがあう最接近の距離なんだけどー、






▼マクロレンズをとり付けると、コレ!!





1~2cmに接近して

撮れるのー!!



▼桃の花の、子房? 柱頭? の部分も分かる!



ピントが合う範囲が狭いので
静止したものしか撮れないけど。


オモチャかと思ったら

意外と使えそう♪



2015年7月16日木曜日

セクシかー


「ダメなスーパーのシリーズが好きだ」

という、ありがたい感想をいただくことがあり
あたいとしてもご要望にお答えしたいのですが、

最近、近所に「普通の」スーパーができたので
「ダメなスーパー」にまったく行かなくなってしまいました(;^ω^)



あのダメなスーパーの、唯一よかったところといえば、

スーパーで申し込んだ
クレジットカードの引き落とし口座が
ダンナの口座だったことだけだ。


だから実のところ、
月々の食費代(現金)を浮かせて
あたいのフトコロに入れていたのであーる。

(いや、フトコロにはほとんど残っていないんですけどね)


……ということをココに書いちゃったら
ダンナにもバレてしまいますな(^o^;)ゞ



さて。
最近行っているほうのスーパーで
「スペイン産 紫にんにく」なるものを発見しました。

▼ちょ、この紫色のあみタイツ、セクシーじゃない?
いやらしいニンニクだわぁ~




小学生のころ、
初めて黒いストッキングを履いたときに感じた
あの背徳的恍惚感を思い出しました。



そういえば、むかーし、
あたいが仕事で熊本県へ通っていたころのこと。

熊本支社の同期の女の子たちが

「杉本彩ってセクシかねぇ(セクシーだよねぇ)」

セクシか~(セクシーだ)」

と話してたんだけど、


最後の「か~」

「はぁ~ん」ってかんじの発音でいうわけ。


その言い方のほうがセクシーだぞ!と
いまでも印象に残ってます。

セクシかァ~ん セクシかァァ~ん



↓ 「ダメなスーパー」のやらかしリスト

■ ネジがゆるめ
■ ロシア人気分で
■ またキャベツ
■ 今度は納豆
■ 意外にも塩対応
■ ここはどこ?
■ 返品できません
■ とぐろ系ブリ
■ ひっかけ問題?
■ ナメクジ系ホッキ貝




2015年7月15日水曜日

カメラ手習帖


朝からセミが鳴いてます。


昨日書いた写真のワークショップ。
一眼レフカメラのことだけではなく
コンパクトカメラでの撮り方などの説明もありました。

スマホしか持っていかなかったあたいちゃん。
「あー、一応コンパクトカメラ持ってくればよかった!」と後悔し、
帰宅後、いがり先生のアドバイスを思い出しながら
さっそく練習してみたのです。


▼まず、これはスマホで撮った写真。いつものかんじ。





▼こちらはデジカメのオート設定で。
やっぱりスマホより背景がボケる~。





絞りモード(AV)





▼これはマニュアルモード(M)で撮影したもの。



やはりマニュアル(M)撮影だと
レンズを回していって「ここだ!」ってときの
トキメキが楽しいねー。


ただ、手持ち撮影なので
↑輪郭がブレブレ (´▽`;)ゞ

カメラ+レンズに、三脚も欲しいな。


こないだ。

二子玉川にできたという
蔦屋家電なるオシャレ~なお店で。

外国のいろんなトイカメラとか
3D撮影専用のデジカメなどなどあって
他とは違う品ぞろえでした。

普通のカメラ売り場もあって、
お試し撮影用に雑貨なども置かれてて
選びやすい売り場づくりではあるんだけど、

まー、お客が全員、盗人にでも見えるのかしら、
店員さんが無言の目ヂカラで付いて回って
あからさまに「あなたを監視してます」オーラを出してくるのー。
あたい、展示品だからってゾンザイに扱いませんよぉ~
少年鑑別所の作業時間を思い出すよぉ~ ┐(´д`)┌


あたいの購入候補の
お手頃価格の一眼レフカメラよりもお高い
小さなカメラもあれこれ揃ってて
また迷い始めちゃった。

うーん。
レンズの買い増しなどもあるから
ベースになる本体えらびは大切だよねぇ。

毎日の犬の散歩に持ち歩ける
ミラーレスのほうが
あたいには合っているのかなー



2015年7月14日火曜日

野の花 写真教室へ(2)


5月に続きまして、2度目の写真教室、
またまたスマホで参加してきました~。

植物写真家 いがりまさし氏
植物写真ワークショップ♪




まずは、駐車場の前にあったオカトラノオ。

先日、タカハシプランツで購入しようかと
かなり悩んでやめた植物だったので
つい「無料でこんなに咲いとるで!」
と思っちゃいました~  (´▽`;)ゞセコイ



↑左側にもうちょい小道を入れた方が
奥行が出て、
道に咲き群れるようすが伝わりますよ、と
優しくご指導いただいた写真デス(^。^;) 確かに!

同じアングルから
いがりさんもスマホで撮った写真が
こちらのページの3枚目で見られますよー。


そう、このワークショップの楽しみの1つは
当日いがりさんが撮った写真をUPしてくださること。
あたいが参加した回(2015年7月7日)はもちろん、
他のワークショップでの写真も
見るだけで写真の腕前があがる気がする!←お安いあたい。
■ ワークショップ お手本集 一覧

と・に・か・く 全部、素敵だから見てみて!
その瞬間の、空気感や静けさまでも
写真を見るだけで伝わってくるのー。
(で、見たあとはココに戻ってきてね(^。^;))


▼「背景ボカシが苦手なスマホでも、
暗めの背景を探して撮せば……」と
教えていただいてパチリ。確かに、ね!




▼ご紹介がおくれました、
こちらが本日の先生、
植物写真家いがりまさしさんでーす。




パチリ、パチリと1枚、2枚撮れば
もう ▼コレですよ。



もし撮ったのがあたいなら
「奇跡の1枚!」と大騒ぎするレベルの写真を、
簡単そうに撮ってしまいます。

↑この写真にみな触発されて、
生徒全員で湿った地面に這いつくばって
土下座スタイルで水滴を練習。


▼うぬぬ。
ピントを合わせることにだけ気をとられてしまい、
結局なにが撮りたいのか不明な構図ですね   ┐('~`;)┌





息を止めて激写!





▼激写!





▼今度はマクロで激写!
息止めてシャッター、疲れる~。
スマホ用の長い一脚、あるなら欲しい。




▼スミレの種。
この日の湿気と風ですぐにでも弾けそう、などと
見所などもお話しくださって楽しいです。




そ・し・て。

みなさんがお花を撮る練習をされているときに
あてくしは いがり先生をこーっそり写してました♪
(き、気持ち悪い!?)

▼でも、素敵でしょー?  ねっ♥



先生が↑この時に撮った写真は、
お手本集のなかの一番最後の写真で見られます。



▼あ、一応、花の写真も撮りましたデス (´▽`;)ゞ





▼ホワイトバランスと露出を
「あえて」(たまたま?)いじって
スウェディッシュっぽく撮ってみたかった習作。





▼写真教室のあとはミニライブ♪
なにやらこの日は中学生(?)が郊外学習に来てまして
思わぬ聴客を前に何曲か。

いがりさんはギターと歌と、
今回はリコーダーもご披露くださいましたよ~!

あたいはティンホイッスル&リコーダーなんぞ少々(^。^;)




さて。
ここまで長らくおつきあいくださった方に
お得な情報デス!

いがりさんが
なんと撮影のテクニックや心づもりを
明かしてくださってるページが有るのです!
→  いがりまさし 野の花 撮影術

あたいがお気に入りの回はこちら。
→ 水滴は天からの授かりもの

こんなかんじの素敵エピソードをお話しながらの
進行なので、
「写真教室って敷居が高そう」
「絞り、とか分からないし……」って人でも
写真や風景の見所がわかるようになって楽しいのです。



それにしても。

セコいあたいならこんな手の内、
ぜーったいタダでは教えない。
もったいつけて
「お金を払った者にのみ奥義を授けてやらう」
などと、ありがた感を売りにするわね、きっと。

でもさ、ヒトってさ、結局はさ、
あたいの言う「ありがたや商法」よりも、
いがりさんのような隠しだてない先生を
乞い慕うもんなんだよね。

さながら、あたいはダメな北風、
いがりさんは太陽の優しさなのだわ。

ま、公開されたテクニックを真似したところで
やはりいがりさんのようには
撮影できないんで
結局ワークショップに行くんですけどね (´▽`;)ゞ

あー、次回が楽しみだ~♪

■写真教室に初めて参加したときのことはこちら
→ 野の花 写真教室