2016年1月13日水曜日

抹茶スフレロール、焼いた


昨日『卵ロール、焼いた』につづきまして
ロールケーキ連続投稿。


食べたのは2日連続じゃないから

許してマネージャー(^o^ゞ



今年も『シチュエーション・ダイエット(あたい命名)』を続行中。

去年は「わたしはモデル」で乗り切ったけど
2016年は「あてくしは女優」で行くよー!

次の撮影では入浴シーンがあるから
少し体を絞ろうかしら。





そんな、女優まめ吉(字面に違和感があるな)が
撮影の合間に
抹茶スフレロールを焼いたよん  (°o°C=(_ _; オリャ


焼き菓子づくりって、
食べることよりも
作る過程の方が楽しい。



▼普通のロールケーキ生地(湯煎共だて)とは違い
火にかけて生地を練り上げちゃうのだ!



「生地に抹茶を混ぜると焼きしまる云々」など
詳しくは『知りたがりの、お菓子レシピ』(小嶋ルミ)→ amazon



▼メレンゲは金属のボウルに入れて冷凍庫で15分くらい、
すこし凍りはじめたくらいのもので。

そいえば柴田書房の専門誌を読んでたら
ウチの近所の焼き菓子が人気のケーキ屋さんが出てて
メレンゲ用の白身は
「あえて数日経った卵を使用して
コシを無くしてから使う」と書いてあったっけ。


確かに、冷え冷え白身メレンゲはコシが切れやすく
キメと持続力がいい♪




よく「ツノがピンと立つまで泡立てる」と言うけれど
「立つまで」じゃなくて「立ってから」が大切なんだよね。

フンワリ焼けない原因のひとつに
この「メレンゲの力不足」ってのがある。
メレンゲを生地に混ぜたときに
シュワシュワと消えていっちゃうから。

ツノが立ちはじめてからさらに泡立てたあと、
今度はあえてゆっくりと混ぜて
キメを落ち着かせるのがコツ。
柔らかくて弾力のあるキメの細かいメレンゲが完成♪

以前はバーミックスで泡立ててたけど
あれはモキモキの、キメの荒いメレンゲになっちゃって
生地に混ぜるとだらけちゃってダメだった。

メレンゲづくりには普通の電動ミキサーが良いです。




昔、あたいがバイトしてたお店では
このメレンゲ(淡雪)をイチゴに添えて
食後にお出しすることがありました。

「これはなんですか?美味しい」と
言ってもらえることがときどきあって。

お客様に出すつどに
シャカシャカ手混ぜの手間も報われる
一言でやんした(涙)


「白身、砂糖、少量のレモン汁」だから
サッパリとした後味で、食後にピッタリ。
生クリームよりもカロリーも低いし。

泡立てが足らないと&鮮度が悪いと
生臭いかんじがしちゃうのが注意。



▼あー、ほんと、このモコモコ、何度見てもワクワクする。





いじり過ぎないようにササッと整える。
まるで書道をしているように
男らしく、ぶっとい「一」を書いている気分で。

これもまたロールケーキづくりの楽しいひと場面。





焼いて、塗って、巻いて、完成♪



テーブルフォトのマネごとをば (;^ω^)ゞ

↑このお皿は修学旅行で京都へいったときに
購入したもの。いまでもお気に入り。



思いつきでトッピング。
でも塩昆布はクリームと合わなかった!
お口直しで合間に食べるのがよろしいかと。




やっぱり
焼き菓子づくりって
食べることよりも
作る過程の方が楽しい。


これはホント。ハマる。すごく気分転換になるし。

食べる=結果を確認するだけ。


いや、「だけ。」ではないけどさー(笑)

でも「食べるだけ」「作るだけ」
どちらが快楽かっていえば
断然、「作るだけ」のほう。


気分転換に焼き菓子。

つくったら食べないわけにいかないし
困っちゃうなぁ~(*´▽`*)