2016年3月25日金曜日

楽器あれこれ


こないだ、またチェンバロのあるスタジオ行ったよ。


キレイだなー!





「キレイ」の見どころとしては、

響板(きょうばん)に書かれた絵や
揃った鍵盤はもちろん、


▼弦を張っているクギの向きが揃っていること。
ジャックやバンパーの作りが
寸分たがわぬことの表れなのであーる。
(ま、プロの製作だから当たり前なのだが(;^ω^))


ほら、扇や茶筅(ちゃせん)なども
根元がすこしでもバラついてると
先端が揃わないもんじゃん?





▼んで、本日はその奥になにやら見慣れぬ楽器が。
かよりゑさん、曰く「チェレスターじゃない?」。

一同「チェレスターか~!」。

見た目はオルガン似だけど
中は鉄琴なので
キラキラしたカワイイ音が出る鍵盤楽器っす。




チャイコフスキー『くるみ割り人形』の
「こんぺいとうの踊り」の、あのキラキラした音です。

あ、あと、「ハリー・ポッターと言えば」の
神秘的なテーマ曲もチェレスターのようです。



▼こちらはなんだろ?

電源コードがあるけど……ハモンドオルガンとか?
たんに電子オルガンかな?


もしハモンドオルガンならば、
『太陽にほえろ』でボスが夕陽に目を細めているシーンとか
刑事の殉職シーンで流れる、あの曲であーる。(たぶん)






▼ついでに、こちらはメンバーのかよりゑさんの楽器。

コントラバス(CB)・リコーダー。
「CB子」と名付けているそうな。

一緒に置かれているのは
小学生が吹いてるソプラノリコーダーです。
CB子、デカい!


(特注品のハードケース、ウン十万円だそうです。写真提供かよりゑさん)



▼組み立てるとこんなかんじ。

ちなみに、キーがあるので
体の大きさに関係なくたいてい指は届きます。




世の中にはオモシロい楽器、いっぱいあんねー。


将来の夢は早くもったほうが
成功するという指導法があるけれど、

この歳のあたいですら
「へぇ、こんな楽器あんの? 日本で手に入るんかな?」
ってなくらい
世の中にはいろんな楽器がたくさんあるんだもん、
小さいうちになんかに決めちゃっていいもんかね。

お家芸的な家系ならともかく。



ま、なにか1つ、楽器をやっていれば
他の楽器に持ち替えてもそこそこできるので
ピアニカやリコーダーを授業でやることは
「可能性」やら「原体験」としては
いいことだったのだなぁ、と今は思います。

教師はすぐに「課題」とか「宿題」とかにしちゃうから
つまんないんだけどね。


楽器を教わるならば
演奏家に習うべし!であーる。


工夫のないピアノ教室、撲滅すればいいのに。

↑ 子どもの頃の怨み(#^^#)

高校生から行きはじめたピアノ教室は
ピアニスト(演奏家)がやっている教室だったので
すごい楽しかった~。

だってさー、まず
「一定のテンポで正しく弾くな。つまんない演奏」
って教えて来たもんね。すごい(笑)


もしその演奏家に最初(3歳)から習っていたら
あたい、今頃、ピアニストだったかも~♪


あ、、、

指が短くて、オクターブがやっとこさっとこなんだった。


あ、、、

中3のときに骨折した左小指が曲がったままなので
あんまり動かないんだった。


残念だわぁ。

いや、自分が残念だというよりも
世界中の音楽シーンが
あたいというピアニストに出会えなかったことが
とてつもない損失なのだわぁ~。なのだわぁ~。


その点、リコーダーやティンホイッスル(アイルランドの縦笛)ならば、
指が開かなくても大丈夫だし(テナーリコーダーは×だけど)
左手の小指はそもそも使わないし。ダイジョブ!


ということで、今後、あたいは
世界中の音楽シーンの財産となるべく
日々、笛類を練習するのでありますっ!

(いまさら? 歳、いくつだと思ってんの?)

(ええ、遅咲きタイプなもんで(;^ω^))