2016年7月10日日曜日

シフォンケーキ、焼いた


こないだ青梅『ちゃんちき堂』で買った
シフォンケーキが美味しくて、

「あー、また食べたい! もっと食べたい!」と、
久しぶりに焼いてみたよん。




▲この写真みて
「えー? 焼き上がりの高さ、足りてなくない?」
と思った、心得のある奥さまに主張したい。


いえいえ、これでも充分高く焼けてるの。

なにせ型がデカイ。


▼上が一般的な家庭用サイズ(18cm)。




ドでかいサイズ!

見慣れたモコモコの焼き上がりにしようとすると
材料4倍、使います。卵なら12個(´▽`;)ゞ


「高さ」のある型が欲しくてね。
ネットでもかっぱ橋の専門店でも
日本では見つけられなくて。

その当時、ダンナが毎月
どこかの国へ海外出張していたのでお願いしておいたら
ようやくアメリカで「見つけた」とメールがきて。





ダンナ、早く無事に『持って』帰ってこ~い!

一日千秋の思いでみやげを待っていたのだが
見てビックリ。ビックリを越えて「びつくり」したほど。

「高さ」だけあるのが欲しかったのに
「直径も」メガサイズ( ̄□ ̄;)!!


アメリカの、(実力の怪しい)カリスマ主婦
マーサ・スチュワートが番組内で持ってたとき
デカすぎて大笑いしたブツと同じだ……。



さっすがアメリカっす(;^ω^)ゞデカイ


1、ちなみにアメリカでは
『シフォンケーキ』ではなく
『エンジェルフードケーキ』が一般的だそうです。

2、ヨーロッパでシフォンケーキの写真をみせると
かならずクグロフ型を出してきたそうです。



昔、シフォンケーキで
おこづかい稼ぎしていたころには
暗記していた分量も
すっかり忘れてたのでレシピカードを見ながら。
(↑あえてデカい字で過去を書く)


手で裂くとシュワシュワ~と音をたてるほど
しっとりふんわり、
卵の黄身の香りがしっかりあって
なかなか美味しく焼けました(#^.^#)フフッ


今日はちょっとしたイベントがあるので
デカイので焼いたけど
いつもはやっぱり普通サイズのでいいや(´▽`;)ゞ