2016年7月27日水曜日

『とと姉ちゃん』の小道具


♪普段から~ メイクしない君が 薄化粧した朝
 はじまりと終わりの狭間で 忘れぬ約束した

『花束を君に』 作詞曲 宇多田ヒカル


肉体がこの世に終わりを告げ、
あの世の始まりに向かうキミの
死に化粧の歌を毎朝聴いています。


NHK朝ドラ
『とと姉ちゃん』

戦前、戦後の、
あたいの好きな時代設定であり、
『暮しの手帖』の創設者の話ということで
放送を楽しみにしてました。

たしかに随所に『暮しの手帖』イズムが見られ
購読者としてはウケツボがあるのだが
一般ウケはどうなんだろう? 地味かも?


主人公のよく言う
「どーしたもんじゃろのぉ~」は
あたいの祖母も
同じ節回しで言ってたので
当時の流行語だったのかなぁなどと見てます。


ところで昨日の放送みた?


恩師の、清貧な暮らしを見た主人公たち。

お金をかけずに豊かに暮らせないか?と考える場面で、
「そうだ!リンゴ箱を家具にしてみては?」と思いつく
ワンシーンが▼こちら。




おお、木製リンゴ箱。

ウチにもあるよ。

庭の収納箱にしてるの。




土の袋デザインってダッサイじゃん?

だの だの だの書いてあるし(;^ω^)

あれらをブッ込んで目かくしする用に
近所のスーパーでもらってきたの♪




『果物箱で新しい暮し』だけじゃない、





『野菜箱を犬ゴハン棚』にもしてるし、





▼これと同じイスには、今、まさに座っている。




あ? 
あたいのウチ、
戦後のビンボーな
暮らしの工夫と同じ?(^o^ゞ



今朝はうちのと同じミラーが登場したので
再現してみたよ!

▼こちら『とと姉ちゃん』





▼わが家で再現! (あれ?ショボイ?(笑))




木製の茶箱も持ってました!(#^^#)


ビンは、わが家の愛用ワインビネガー、
1935年創業のホリス(山梨市)のものだから
もしかしたら登場人物の東堂チヨ先生も知ってたかも。


奥に置かれた文庫は
本物の『赤い鳥文庫』(大正10年前後、原本)。


あー、惜しむらくは
先日、処分したばかりの木製クシ。
しかたなく、もんじゃのマイヘラと
三味線のバチを置いてみました。


あ、でも、ごめんなさいネ、
缶類はおキャビアなのっ。
冷蔵庫のなかにキャビアしかなくてぇ♪

数年前にいただいて
ありがたすぎて開封できないキャビア。
もう粉末になってるかも(=^・・^=)



今朝のお茶を飲むシーンでは
「これ、あたいのウチか?」と見まがった。


▼『とと姉ちゃん』





▼ウチ。




などなど、いろんなモノに見覚えある朝ドラ。


モノだけじゃなく、

片桐はいりが
昔のまめ吉にそっくり。
ウリ双子!!

と、メールもいただきまして

「え?髪型だけだよね?」
と弱気に返事を返しつつ、
出演者にまで親近感がわいている毎朝です。





古いモノ、
しかも美術品や工芸品じゃないモノの
美しさってあると
民藝思想で使っているわけだけど、


しかし、

あたいんち、

戦後の貧乏インテリアで

暮らしてる……?


体脂肪だけ現代的でぇーす♪