2016年7月26日火曜日

デュオ&あぶりレバ刺し


昨日。

カルテット(4人)の
リコーダーの練習日だったのだが
諸事情により
トリオ(3人)になりかけてーの
デュオ(2人)に。


さいわいなことに
リコーダーは昔、西洋の宮廷で
超花形の古楽器だけあって
偉大な作曲家たちがたくさんの
デュオ曲を山ほど遺していてくれてます。


こんなときとばかりに
バッハにテレマンにギボンズに
片っ端から吹きまくった2時間でした。

2時間じゃ足らぬ! 楽しい!


一緒に吹いたかよりゑさんは
お金持ちなので
外国のお高い楽譜も
いーっぱい持ってるのよん♪


今回も何冊も持ってきてくれて、


▼中でもこちら、
うっとりするほど美しい曲集。

あたいの持ってるテレマンの曲集(違う出版社の)は
もっとおダサなの(T_T)

中身は一緒でも
こっちを全シリーズを揃えたくなっちゃうよねぇー。





▼今回の楽器。2人なのに5本。



あたいの楽器は左の2本。


左から、

アルトリコーダー
【MOECK】ロッテンブルグモデル(バロック)西洋黄楊
【TAKEYAMA】ブレッサンモデル(モダン)西洋黄楊
【SUZUKI】ステンズビーJr. モデル(バロック)御蔵島黄楊
【SUZUKI】ステンズビーJr. モデル(モダン)黄楊

テナーリコーダー
【TAKEYAMA】スタンダードモデル(モダン)楓材

■モダンピッチ  A=442Hz
■バロックピッチ  A=415Hz

の5本です。


白いパーツが嵌まっている
【SUZUKI】のアルトは
足部管の一部のみ人工象牙で製作してもらった
かよりゑさんのオーダーモデルだそうですよん。
ワンポイントがカワイイね~。

リコーダーがカワイイ、って......(笑)



んで、都内某所焼きとん屋でアフター。

満席で入れないこともある
人気の縄のれんだよん。


外国人をお連れすると、すっごい喜ぶ店。



なんてったって
このご時世に、いまだレバ刺しの看板!


▼レバ刺し皿盛り、クジラベーコン♪





砂肝刺、ガツ刺、とり刺に赤ウインナー  Ψ( ̄∇ ̄)Ψ





ま、実際にはもちろん生レバ刺しは
「提供してません」けど、

レバ刺しは無くても
あぶりレバ刺しがある!


が、『あぶりレバ刺し』をオーダーしたものの、

「本日の『あぶり』は終わっちゃったんですけど
普通のレバーをあぶりっぽくお出しすることは出来ます」

とかなんとか聞こえたような?
ゴニョゴニョ……(ごまかす)


そんなアナーキーでニヒリズムな1品
『あぶりレバ刺し』、

一応、ちゃんと中まで暖かいんだけど
限りなくしっとりしていて
絶妙な火加減が美味しかったー!

(ガッついたんで写真なし)


久しぶりにこれ食べちゃうと
やっぱレバ刺し風コンニャクは違うわー(笑)



肉が炙られて煙い店内。

美味しそうな匂いしかしなーい(=^・・^=)クンカクンカ


無煙ロースターの、
風味のない焼肉屋とは違う
あぶりのアロマをまとったお肉って最高だよね~。


ちゃんと生肉から焼いた味がする!
塩カシラに合う練りがらしが添えられるなんて
わかってんなー。




定時で帰宅してくれたダンナに
みの吉担当を交替してもらったおかげで行けました。


→ スタジオ跳ねたあと
→ 焼きとん屋でジョッキ飲みして
→ 夜の11時に駅までクルマで迎えにきてもらう主婦。

月曜日からすんませーん(;^ω^)ゞ


え?「まめ吉はダンナに甘え過ぎ」?

否定はせぬ。


でもね、でもね、
毎日あれこれ催促しばりのキツい
元気な老犬の介助はなかなか大変なんよ。

わからない人には
想像すら
できないだろーけどよ!

↑いつかの出来事をまだ引きづっている。


なにせ、ママンがあたいを見て泣いたんだから。
「まめ吉がそこまでお世話できるだなんて」って(笑)
(どんだけダメな子なんだよ)


で、ダンナが
「たまには交代するよ」と言ってくれて
出かけられるワケで。


つまりは、あたいの日々のたゆまぬ介助があってこその
ダンナの優しさであるわけで
全てあたいの努力のタマモノであーる。フフッ


……と書いたら反感買いそうなので
別の切り口にすり替えると、


まぁ、ダンナがそうまでしたくなるほど
あたいがイイ女ってことだよねぇ?


......と書くと、今度は失笑されそうなので
無難なところへ落すとして、


まぁ、人間たまには息抜きも必要ですよねっ!


ということで、ひとつ。はい。