2016年8月12日金曜日

庭バラ  ガブリエルとクリーミーエデン

へいへい!

「上級者向けの難しいバラだから
まめ吉にはムリじゃーん」

と言われたバラ、ガブリエル。

意外に夏も元気です!


▼春に撮ったもの。
淡く、はかない気配を写し撮りたくて
仄暗く、シックに撮ってみたけど、







これじゃ本当の色が分からない、
っつーんで撮ったのが......


▼こちら。
うーん、やっぱり明るくても
本当の色には撮れない。

ガブリエルはそれほどに繊細な色なのです。




バラの魔術師 なみちゃんから
「ガブさん、夏バラは咲かせないほうが」と伺って
小さな蕾を毎日ブチっていたんだけど、


けっこう樹勢もあることだしと
夏ガブ1輪だけ咲かせちゃいました(;^ω^)ゞ





この日射しでは
あっという間に開いてしまうし、
夏に咲かせた負担を軽減すべく早めに切り、
涼しい家のなかで愛でることに。


明るい太陽の下では
純白の花びらに目がやられて
ともすれば見えないほどの
淡くせつない中央の紫色が
室内だとキレイに見えます。


いや、紫色という強さではなく、

和色大辞典のなかで見つけた

暁鼠(あかつきねず)という和色が

近いようです。




香りも素晴らしく、本当に素敵なバラです。


「ガブリエル、花持ちがいい」
という記事もまま見かけるけど
あたいは
「思ったより悪くはない」という印象です。


なんといっても花持ちがイイのはこちら。

▼クリーミーエデン。春には2週間ほども咲いていた。





音楽仲間のrobinさんから株分けしてもらったバラ。

今年の2月、わが家へ来たときには
こんなシュールな姿だったけど、




この夏、うちの(数少ない)バラたちの中で
一番の元気っぷり!



春咲きのときは
ウドンコ病にかかりがちで心配したけど
でもぜんぜん負けないでいくつも咲いてくれて
意外と丈夫なバラでした。


バラって、お世話したぶん、
ちゃんとお礼咲きしてくれるから
ハマるのかもなぁ~?