2016年11月15日火曜日

日比谷公園 松本楼でランチプレート


『丸の内ガーデニングショー2016』のつづき。


Aさんとお別れして
日比谷公園内を1人でぶらり。




▼阿部真紀?





▼コッペパン雲、4つ。











▼20m20cm走。
2020年東京オリパラに掛けている模様。





▼ジイちゃん、そりゃメロメロしちゃうよねぇ~の図。




昔、ワンワン運動会に参加したことを思い出した。

飼い主はこっちで待ち、
あっち側で他ワンコたちと
横一列に並ばされたみの吉。


他のワンコたちはみな大人しく
飼い主の「おいで~」を待っているなか、

みの吉一匹だけが
ゆっくりと前脚で土をカリッカリッっと勇んでおり
まさに今すぐ襲いかかってくる闘牛のよう(笑)

「よーい、ドン!」の掛け声でリードが離されると
弾丸のようにツッコんできて
受け止めきれずに
パンツ丸見えで
ひっくり返っちゃったあたいなのでありました(*^。^*)ゞ



(ホトトギス)



▼お馬さまの水飲み場。
歴史ある、日本初の西洋公園ならでは。









さて。

さてさてさて。


木々の帳に見えまする
白亜の館は......




▼日比谷 松本楼だ!(本店)




▼素敵ねぇ~。
モボモガの集う声が聞こえてきそう。





▼通称『首かけイチョウ』。



2本(2人)がくっついて1本になっているから
縁結びの木として
パワースポットとして
紹介されているそうだけども、

▼これを「2人」とみるならば
縁結びどころか
下半身おっつけあって
子宝の木よねぇ~(;^ω^)ゞ んま、下品





あぁ、憧れの3階。
古き良き、良家のおぼっちゃま、おじょうちゃま達は
七五三のお祝いに
ごちそうを戴くでありませう、西洋仏蘭西料理店。





あたいちゃんは身の丈にあった
1階のグリル、カフェへ。






▼ランチプレート(1706円)にしてみた。

オムライスのソースが3種類から選べたので
「松本楼といえば!」のカレーをチョイス。

付け合わせも3品から選べて。
エビフライ、ハンバーグではなく
クリーミィカニコロッケをチョイス。




『ケチャップ味のチキンライス+カレー+揚げ物』と
味の合わせワザが嫌いな
あたいらしからぬセレクトだったけど

はたして、これが美味しいのでありました。


『カレー』は老舗洋食のソレ(というかここが元祖なのか?)で
肉も野菜も煮溶けているタイプのルウで
別煮の大き目カットの肉を後添えしているのかな、
美味しかったです。

カレーの具としてのジャガイモを否定する
あたい好みのルウ( *´艸`)



『クリーミィカニコロッケ』
クリーミィっぷりがナイス!

家で作るのとの違いを舌で探していくと
一つ思い当たるのが、
テレビで見るような
「布で絞りあげて濾したベシャメルソース」
っていうやつのような気がする。

あぁ、なるほどねぇ~。
並みの舌触りではないやー。旨し。


ただ、揚げ物(パン粉)に弱いMyストマック、
揚げたてゆえの油が気になったかなぁ~

いえ、カリッカリで、油っこくはないんですよ。
ただ、揚げたあとにオーブンで油をとばしたタイプの揚げ物を
期待してたもんでね(;^ω^)ゞ


つけ合わせの野菜は
小金井の『ホーマー』を思い出すような
丁寧なポテトフライにグラッセ、昭和の味です。


嬉しい驚きは
自家製ケチャップ!

うぬ。さては、あたいが毎夏、
自家製ケチャップを作っていることを知ってて
挑戦してきやがったな!

松本楼め。
その挑戦、受けて立つぞよ!


市販のケチャップって
トマトってかんじがしないし、
酸っぱいし、なのに砂糖は大量に入ってるから
自分で作ってんの。(美味しいよん)


公正な審査などせんのじゃ。

自分好みに作りあげたMyケチャップに
勝てると思うなよ!


……結果、まめ吉ケチャップ、負けました。

松本楼謹製のほうが
バランスがとれていて美味しかったデス(;^ω^)ゞ


店員さんに訊ねると
「ここの厨房で作った自家製『トマトソース』ですが
ケチャップのようにお使いいただけます」とのことでした。



帰路へ。

▼右も左も、閑散とした霞ヶ関駅。
こんな都心のど真ん中的な駅で
時の合間の不思議。



おしまい。


あ、2年前にも
松本楼やお馬さん水飲み場など
同じ場所からスマホ写真撮ってました。
→ 2014年10月27日『日比谷公園』

写真を見比べて
少しは腕をあげたと
ちょっぴりニンマリしちゃったあたいデ~ス♪