2016年11月22日火曜日

人によってはつまらないモノ


ふっつーの道路っぱた。





朝、みの吉と散歩中に見つけた『鈴なりカリン』を
午後の光を待って撮りにきたよ。





近所の、手クセの悪いおっさん(前科あり)が
まだ生きていたころ、ときどき農産物をくれて。

あのときのカリンもたぶん
こんな道ばたのモノを
かっぱらってきたのだろう。






ふと見上げると......






カリンにカラスウリ、秋の実ものはラブリーどすな。




ウィキペディアの『カラスウリ』には

「名前と異なり、特にカラスの好物という観察例はほとんどない」

という一文があるけど、

いいや、カラスウリに不気味に群がる
何羽ものカラスを見たことがある。

苦くて食べられないと言われる実の
中身をつつき散らしてた。



▼青く写る空と、暖かい光の色。

秋の午後2~3時ごろ
絶好の撮影タイム♪




通る何人かに
「なにを撮ってるの?」
「なにかあるの?」と訊かれ、答えるものの
「はぁ、カラスウリ.....」といった反応。

もっと、こう、ドラマチックな、
『決定的瞬間を激写!』みたいな回答を
期待していた様子だ。


以前、ネコジャラシを撮っていたときにも
くもの巣を撮っていたときにも
ガッカリさせてしまいました(;^ω^)ゞ







ネコにまで
「なにつまんないもの撮ってんだよ!」と
見られちゃいました( *´艸`)ププッ