2016年12月10日土曜日

月の写真、コツのようなもの


昨日のニュース、
アメリカ初の有人地球周回に成功した
元宇宙飛行士のジョン・グレン氏(95歳)が8日、
お亡くなりになられたそうです。

ロケットに乗って地球を周回したのが1962年!
実にあたいが生まれる○年も前に宇宙?
ひょ、ひょえ~~~(゜ロ゜;ノ)ノ





……ということで
存知あげませぬジョン・グレン氏を悼みまして
昨日、久しぶりに
月の写真を撮ってみた。



1/300、F5.6(Auto)、-3、ISO=100、5200K、250mm。


三脚なし。
っつーかベランダの物干しざおに寄りかかって
手持ちで撮影(;^ω^)ゞ


月写真は10年くらい前?に
何回か練習したことがあったけど
コンパクトカメラ(Canon PowerShot)だったので
当時はこのていどでした。



でもね、これでも
3万円程度のバカチョンデジカメで
月のクレーターまで写るなんて!と
当時は相当コーフンしたんだよね。

いや、当時っつーか
去年ですらコーフンしてたっけね。
→ 2015年6月『デジカメ修理』



で、そのころに会得した
月写真を撮るときの自己流コツが
いくつかあるんだけど、

一番のコツは
「夜、撮らないこと」でありました。

かといって朝でも昼でもござーせん。
「夕暮れの終わりの夜の始まり」
が良さげなのです。


というのは
夜だと「月の明かり」と「空の暗さ」の差がありすぎて
三脚なし&コンパクトカメラでは
うまく撮れなかったのです。


↑の月の写真はどちらも
一見、夜のように見えるけど
実際はカメラの設定を
上記数値のようにチョメチョメして
夕方撮った写真なのです。



それと、実際には
▼こんなふうに撮れたものを
トリミングしています。



空の余白を切り取って
月が大きく写るようにトリミング。

なぜならば、大きく写せるような
お高い望遠レンズなんて持ってないんだもん(=^・・^=)


カメラ買ったときに
セットで付いてきた
望遠レンズ(~250mm)しか持ってないもんで、
トリミングは庶民のつましい工夫デス♪

トリミング前提なので
画質は一番イイので撮りまひょ~



あとは
エッジに焦点を合わせる」

クレーターの凸凹を撮りたいなら
満月よりも欠けた月」

「手持ちで撮るなら
2秒後タイマーなどを利用して
すこしでもブレを防ぐ」

「ホワイトバランスを変えて
好みの色の月に写す
(青っぽい月、黄色っぽい月)」

「状況に合わせて
測光モードを変える」


などなど
安いコンパクトカメラ時代にたたき上げた
コツは他にもいくつかあるのだけど、


一眼レフを持ってる今、
そんなコツをコツコツしなくても
カメラがいろいろ考えてくれるし、
そもそもいい望遠レンズを買えば
済むじゃん!と思いながら、

今日もまた
洗濯槽の底にみつけた10円玉を
レンズ貯金箱に入れる
あたいなのでありました。


でもさ、月だけ撮ってもしゃ~ないよね。
ストーリーがないって~の?
誰が撮っても、どこで撮っても一緒だし、
いい機材(お金)次第ってんじゃ
からっぽだ。

やっぱ景色も込みの月空で
「おおっ!」って写真が撮りたいわけさ。


ちょっと前にも紹介したけど、
しずく姐さんの写真
『わくわく、ドキドキの写真セミナー』 は
見てくれたかな?

そのなかの3枚目の提出写真、
『劔岳黎明』みたいな月空写真を撮ってみたいけど
それには山を登らなきゃだしねぇ(≧◇≦)

御岳山頂でヒーハーしてるあたいには
ぜったいムリだ~ね。

年末ジャンボが当たったら
イケメンマッチョを募集して
どっかの山までエッサホイサ、
ラクして乗せてってもらおっと ლ(´ڡ`ლ)