2017年1月10日火曜日

洗わなくても臭わない


みの吉のパンツ、
わがやの通称『おぱんこ』を買いに
衣料品店へ。


▼ん?




『洗わなくても臭わない!!』


わぉ、画期的ぃ!
こんなの欲しかった! ......ですかね? え?

 

いやー、たとえばですよ、
「洗なくても臭わない」ならば
洗いたいのに洗えない状況、
せっぱつまった感もあり、

震災や山登りのときなど
洗濯が不自由なときに役立ちそうだけど

「洗なくても」っていわれちゃうと
「俺っち、風呂入らなくても
へっちゃらだもんね~」といった
ベタつき野郎の
夏の4畳半が目に浮かぶような......


もしくは
ペットボトル焼酎がとっちらかった部屋で
飲み仲間と
「どの酒が一番安く酔えるか」を
語り合ってるような
オッサンが思い浮かぶやね。


そういえば昔、
『今日も元気だ。タバコがうまい』という
タバコの広告に対して、

「一文字を替えて
健康的な標語にしましょう」とかいう
トンチ話だかがあったよね。

『タバコが』の「が」→「か」にして、
→『タバコかうまい』
→『タバコ買うまい』という
禁煙健康増進のススメ。


たった一文字で
意味がこんなに変わるなんて
おもしろいなぁと思った記憶がある。


それと同じころ、国語の授業でやった

「目の前に ホタルが飛んでいた」
「目の前を ホタルが飛んでいた」
「目の前へ ホタルが飛んでいた」

の違いを考えましょう、なんてのも
休み時間になってもなお
友達と話しあって楽しかったなぁ~。


『洗わなくても』でも
『洗えなくても』でも
どっちのほうが良いということはなく、
あれこれ考えて楽しかったデス♪