2017年1月24日火曜日

庭の更地化計画 (1)


わが家は
建物に沿うようにぐるりと
東と南にスペースがあってね。


玄関へつづく東側は
少しは手入れしてるけど
南側は手つかずだったの。


だってさー、
ご近所のご主人たちたちたちたちが
平日のまっ昼間っから
ヒマを持て余してて、

あーしろ、こーしろ言ってきたり
ビデオでこっち撮影しながら
くわえタバコで話しかけられたり。

庭にでるのが
ほんっとイヤだったんだよね(#`皿´)/


んなもんで
いつか刑務所みたいに高っか~い塀で
視線をさえぎるその日を夢見て
ほとんど地植えもせずに、
バラもクリローも鉢植えで並べてたんだけど、


狭いながらも
せっかくの南側なんだし。


っつーことで
ついに始動!


まずたくさんあった鉢植えを
移動および適正処分


ところどころ残っていた
高麗芝をひっぱがし、


こんもり育っていた
サルビアやユーパトリウムなどの株も
すっこ抜いて


引き抜く予定の木を
植木屋の言うとおり
120cmほど残して伐採


それが▼この状態。
なんにも無くなりました。



写真の右手奥につながる
逆L字のスペースです。


そう、スペース。
だってさ、
都内でもっと広い庭の奥さまブログで
「狭い庭でお恥ずかしいです」などと書かれているのを
あっちこっちそっちで見かけるんだもん。

そんな奥さまがたには▲この広さでは
「野良猫の通り道」ていどにしか
見えないんでしょうねぇ、ええ、ええ (-。-)y-゜゜゜


美人が言いがちな謙遜パターン、
「えー、私なんてぜんぜんですよぉ~
私よりほら、まめ吉さんカワイイ!」
と言われたときの
『噛ませ役かよ!』に似た
卑屈な気分になりつつも、


でも今後、改造の経過を
ブログに残していきたいので
載せましょうぞ。


で、まずは抜根。

よく見りゃこんな狭い場所に
木が8本もあるのね。

2本は残し(鉢)、
3本は実家に疎開させ、

最初に造園屋が植えていった
ハナミズキ・ヤマボウシ・ベニカナメモチの3本を
抜根をすることに。


▼ハナミズキさん、さようなら。




1年半ほどまえに幹を伐られてからも
何度もあきらめずに新芽を出し続けて。

そのたびに
あたいにバチバチ切られて
ついに事切れました。合掌。






▼ヤマボウシさん、ありがとう。
花も葉も気に入っていたけど
隣家との境界に落葉樹は厳しかった.....





▼ベニカナメモチ。
ゴメン、うちの庭にはテイストが合わないと
幹を伐ってから早7、8年。
ひこばえバンバン、いまだに枯れず。






あ、でね、いよいよ抜根に来てね。
(11月のことだけど)




ハナミズキ 1本5000円
ベニカナメモチ 1本5000円
ヤマボウシ6本(木立仕立て) 1万円

という見積もりで
激安だなぁと思ってたら、

当日、さわやかイケメンがやってきて

え? 一人で手掘り!?

だいじょうび?

(明日へつづく)