2017年2月16日木曜日

花郷園さんへ


クリスマスローズの老舗といえば、の
府中市の花郷園さんへ行ってきたよー。



花郷園さんは、日本にいちはやく
クリスマスローズを紹介したナーセリー。
大正15年創業の老舗です。


クリスマスローズ普及のための協会をつくったお父様から
現在は元国際キャビンアテンダントの華麗な経歴をお持ちの
三代目の野口貴子さんが切り盛りしています。


実はさー、去年、花郷園のホームページで
▼このクリスマスローズにひとめ惚れしたの。ホワイト・セミダブル♪



真っ白な丸弁、中も色もステキ♪


で、ガーデニング友達たちに写真をみせたら
「よくある種類だよ」「めずらしくはない」と聞いたので
そこいらの園芸店や農協で買うつもりが
その後、一向に見つからない。

じゃ、やっぱり花郷園通販で買おうかね、と見たら
売り切れたあとだったのであーる。

あたいの「見つけたときに迷わずすぐ買う」クセが
さらに加速した瞬間でした(=^・・^=)



で、この一年間、あきらめきれずに
画像をスマホ保存して、
今年、ついぞ販売元の花郷園さんへ突撃したのであーる!


といっても、いつものJマート三鷹店から
車で10分かからない近さなんだけどね。



「ごめんくださーい」


(撮影許可をいただいて撮っています)


中にいたお兄さんに写真を見せたけど
同じモノはない、とのこと (>_<) あぁ......




「関係者以外 立入禁止」という看板の手前から
中をチラチラのぞき見ていたあたいに、
お兄さんが
「よかったら上がって、選んできてもいいですよ」と。

きゃ~、上がる、上がる!うれしい!


やっぱこういうとき
キレイな女って得だよねぇ~♪
(あたいに会ったことない人へ、
ここ笑う、いや、哂うところです((´∀`*))ヶラヶラ)



「上がって」というのは、
ハウスの中はクリスマスローズが3段に育てられていて
その2段目、3段目を見にいく「足場を上がって」ということです。


それがさー、手すりもないし、
幅もあたいの肩幅よりも狭いの!

怖かったけど
せっかくこんなにたくさんある中から
1鉢を選べるチャンスだもん、

ヒザ下までのロングカーディガンを
泥にひっかけながら
よじ登ってきましたよ!


▼高くて怖~い!!
もし人が居るなら、の図。






▼おお、最上階に開花株がいろいろあるで。






▼お兄さんも、写真と似たものを集めてきてくださいました。





結局▼こちら、お持ち帰り。

指でつまんだような花びらの形と、
薄いエレガントなヒラヒラ多弁、
白とグリーンの色も気に入りました。









▼あたいの好きな庭スイセン
”ステンレス”にも通じるかんじ♪






ちょうど一年前、
ブラックデスという恐ろしい伝染病で
泣く泣く処分したクリスマスローズ、
これにも似ているようで
いや、それ以上に気に入りました。


花郷園のマダムが
あたいのクルマ(カングーのジヴェルニーグリーン)を
すごく気に入ってくれて
しばしクルマ話で盛り上がったあと、

「今日はね、みんな深大寺へ行ってるのよ」と。


聞けば、昨日から
神代植物公園の展示室で
クリスマスローズ展が開催されているとのこと。

やだー! そうなのぉー?


で、そのまま神代植物公園へ。
駐車場へ入れたんだけど
みの吉が心配で一旦帰宅。

寝返りうたせたり、オシッコさせたりして
ふたたび神代植物公園へ。

(つづく)