2017年1月31日火曜日

ラピュタ写真部(1)奥多摩駅へ


植物写真家いがりまさしさんの
写真教室に参加している仲間
しずく姐さん、ずうたさん、あたいの3人で
奥多摩めぐりをしてきたよ!

もう10日前だけどね(;^ω^)ゞ


▼JR奥多摩駅。
カーブのところは50cmもの隙間があるの!
こわーっ。ベビーカーママも真っ青。

ま、でも、あれか、
50cmならあたいは下まで抜け落ちないか。
ぼよよ~ん♪





▼ホームから見た奥多摩駅舎の裏側。





▼奥に見えるは愛宕山(あたごやま)。
こじんまりしてカワイイんだけど、
登るには急階段でヒーハーなんだって。

その手前のスーパーマーケットの看板には
なぜか伊勢丹デパートの『伊』とよく似たマークが。

ここの社長さんが伊勢丹の大株主だから、
というウワサがあるらしいけど、だからって!(笑)





▼ホームから改札口への下り階段途中。
たくさんの情報がありすぎてコケそう。
海抜343メートル、ということはわかった。





▼あぁ、キレイなポスター。1両ってのがまたいいね。
この色、大好き。いつかの青虫と同じ色だ→ ■ 





▼窓の手すりの形状など
スイスはアイガーふもとの山小屋なんかに似てる。
赤花でも飾ったら似合うだろうね。




さて、旅の始まりはまずトイレ!
山のぼりの日は
行けるときに行っとかないとね。


▼雑貨屋みたいな字体の駅トイレ。
さぞかしオシャレ~なトイレと思いきや......





▼おお、アナログな『ちり紙の自販機』。
あたいの姪っ子なんかは
「なんて読むの?」とか言うに違いにゃい。
お金を入れてレバーをガシャっとするあたりが
昭和だよねぇ~ 



去年ニュース番組によると
自販機業者が廃業したため
順次撤廃されているそうだ。

もしかしたら今回ラストチャンスかもしれないけど
1つ100円なんて高級品、
緊急時じゃないかぎり買えないわぁ。



その奥にはガラス張りがあって、

▼かがみ貼りのなかでなぜか
ピーターパンとウェンディが空を飛んでいた。
『探偵!ナイトスクープ』でいうところの
パラダイス臭がプンプン匂います。





▼それぞれのオブジェが重なるポイントを見つけ、
手をつながせ、鳥とkissさせてみたよ。
(もっと左寄りで撮らなきゃだったね)



「マヤ!指先まで演じなさい!」
月影千草の激が飛びそうな
ピーターパンの指先がス・テ・キ。



▼昭和タッチの若妻。
昔のドラマの女優みたいに
「滑りますから」の前に小さい「ん」が入る
お色気ムンムンの話し方だよ、きっと♪

「ン滑りますから、ッンフン♥」







あー、撮り忘れたんだけどトイレ入口には
銅板でできたカッパのオブジェもあった。

銅(copper)だけに
コッパーカッパか!(#^^#) なーんて。


で、いま「copper」のスペル確認で
ネットで検索かけたら
【copper:「コッパー」「カッパー」と発音】とのこと。


え?
カッパーカッパ!?

みなさん、お願い、笑ってぇー!(/´△`\)



▼すぐ向かいの観光案内所へ。
登山ガイドをしているしずく姐さんなので
質問もマニアックに「氷の状況」など訊いてました。





▼観光案内所の薪ストーブ。
「取っ手がシカの角だね」と、しずくさん。
そういわれてやっと細部を見る鈍感なあたい。

あ、空気の調整口の取っ手は……
サクラ材かな~?ん~??(知ったかぶる)





▼オモテには木製案内図。
上を見上げると……





おおーっ!







ここ奥多摩や、青梅もそうだけど
古い町並みをまったく否定しない発想の
新しいモノたちがまたイイ雰囲気をかもしていて
調和しているの。


小池百合子都知事が
東京オリパラリンピックへ向けて
奥多摩地区の魅力を
外国人へアピールするプロジェクトを立ち上げたとか。

そうだよねー、あたいも少ない海外経験ながら
マーライオン(シンガポール)だのオペラハウス(カナダ)よりも
地元のスーパーや、団地や、パブなど、
見世物ではない暮らしにふれたいと思うもん。

いいぞ、ゆりこ! 



で、ふと左を見やればコレ。

▼お稲荷こみち。駅前繁華街ナイス!




ヨシちゃんやシゲちゃんが居そうな
健全そうなスナックや料理屋が並びます。
「いつかランチにでも行ってみたいね」という
しずく姐さんの言葉に
「そしてそこで兄弟の盃でも交わしやしょうや」と
独りごちるまめ吉であった。

なーんて(笑)

見どころが多すぎて
逆にほとんど写真撮ってなかった(*_*;





▼一升瓶ケースを台に、花だけの寄せ植え。
普段寄せ植えを作るときに
いかにオシャレそうに見えるかばかり気にしている
あたいの胸ぐらを揺さぶるTHE奥多摩スタイル!





▼しばらく行くと……あ、電車!







▼オレンジ色の帽子のおじさん。
奥多摩や青梅にはオレンジ色が似合うね、と
しずくさん。ホントにね。





▼虹がでた





▼日当たりのいい場所ではもうシバザクラが。





▼『あいさつ通り』にある消防署の向こうには......




小学校が。
「東京都で一番西にある小学校だって」としずく姐さん。




......あれ?

▼なんか、なんかな、
小学校のうしろにドデカイもんがある?

ざわざわ...... ざわざわざわ......
『賭博黙示録カイジ』(福本伸行)ばりに胸さわぎが止まらない。




「じゃーん、実は今日はあそこで写真を撮りま~す」と
しずく姐さん。

「実は」と付いたのは、この日
「奥多摩駅に集合」というだけしか知らされない
シークレットツアーだったのです。


これまでのハナネコ女子会における
しずくさんのコースに絶対的信頼をもつあたい。

かならずや驚きと喜びのコースになることがわかっていて
かつ、行き先がわからないというのは
大好きな作家の新作本を手にしたときと似ていて
めちゃめちゃ楽しみにしていたの。

でもねー、
きっと秘密のお花畑とか
鳥たちのパラダイスとかかなぁ~と思ってたから
いやー、山の中の建築物とは
まーーーったく想定外だったなぁ!


この手の廃墟っぽい建物も大好きな
シャビー・マテリアル・ガールのあたいですもん、
登り坂をすすむ足どりもがぜん軽やかに。

(つづく)


2017年1月30日月曜日

戦国時代の前もわからない


義理姉が来て、帰った。

姉は遺跡、史跡の専門家。

仕事とは別に趣味で
江戸時代の陶製オモチャについて調べているそうで

同じジャンルに魅了されている
日本中の何人かとの集まりで上京。




キツネだの、イヌだの、ハトだの。


そうだよねぇ~

プラスチックも電池もない時代には
おもちゃって
陶器や布や木だったりするんだねぇ。



んで、お茶飲んでるときの食器を鑑定してもらい。
あ、皿の鑑定とかは普段してないんですけどね。





▼右下のお皿は
以前、骨董屋から水屋箪笥を買ったときに
乞うてもいないのに
おまけで2枚つけてくれた皿で
金銭的な価値は数千円程度なのだけど、

江戸末期から明治の初期のものでは?とのこと。




へぇー、歴史ロマンだわねぇ~♪


「江戸時代っていつですか?」

「いつ? ......え?」

「えっと、いま平成でしょ?
昭和、大正、明治、徳川、戦国......」

「ちょ、ちょ、徳川時代ってなに?
そこが江戸時代というか、、、」


義理ねえさん、
話にならん義理妹でスミマセン!


ちなみに、
徳川時代、戦国時代の前は
豊臣時代、織田時代、かと......(;^ω^)ゞ


2017年1月28日土曜日

クロッカス


▼掘りかえして荒れた庭から
球根たちがけなげにも顔を出してきた。




10数年も植えっぱなしで
マグァンプ(お手軽肥料)すらあげたこともなかったというに
こうなると急にかわいそうな気がしてくる。










めぼしい球根を拾い上げて
適当に寄せ植えしてみたらば、


▼クロッカスが速攻で咲いた。

でも、あれ?
クロッカスって買った記憶がないんだけどな。





去年、見切り品で買ってきた球根の寄せ植えに
入っていたのかな?
解体後に球根拾い上げといたから。




今、リコーダーカルテットの練習へ向かう電車の中。

京王線が人身事故で、
バスで小田急線にでて、
下北沢駅を通過したところ。

目的地まで40分も遅れて
めんどくさいけど、
振り替え輸送は初めての体験♪

普段は使わない路線でちと楽しい。


今日は夜、
義姉が泊まりに来るので
ダンナが今頃、布団だしたり
掃除機かけたりして奮闘中。

あたいが帰ったころには
ピカピカになっているはず♪

もし片付いてなかったら……(○_○)死



2017年1月27日金曜日

庭の更地化計画 (3)


庭の更地化計画 (1) 
庭の更地化計画 (2) のつづき。


お兄さんが20cm掘っていったあと
自分たちでちょろっと掘ってみたんだけど、

ところが、やはりプロがお手上げなだけあって
真下に伸びた根がびくともしない。





▼ベニカナメモチにいたっては
まだ1本も根っこが見えず。





んで、こないだ
近所の造園屋さんに見てもらったら、

「真下に根が伸びてるんで
ユンボでもダメそう。
クレーンで上方向へ吊りながら
同時に人が掘っていかないと、かな」と。

予算は「やってみないと分からない」
とのこと。


はぁ......(*_*;

もういっそ地道に少しずつ掘っていくか。
毎日5cm3、とか。
春ごろまでにはそこそこ掘れるだろうし。

もしくは地際で伐って
上に壺だのベンチだの置く場所にするとか。
ちょうどフォーカルポイントだし。


といったところで作業が止まりました(;^ω^)ゞ


まぁ20年近く放置したんだもん、
のんびり進めます。



あ、でも庭のコンセプトは決まってるの。

写真スタジオみたいな庭!


雑誌に紹介されているような
『素敵なお庭!』な世界観は無くなるけど、

あっちゃこっちゃで
いろんなシーンで写真を撮れて
いいんじゃないかな~(*^^*)

と、まず写真ありきの庭。


一つに決められないで
結局、色違いで買っちゃう
あたいにピッタリの庭かも ( *´艸`)デヘヘ


どなたかアドバイスがあれば
どしどしお知らせください。

イイとこ取り
させていただきま~す(´▽`*)\(-""-;)


2017年1月26日木曜日

庭の更地化計画 (2)


庭の更地化計画 (1) のつづき。


さわやか兄さんが1人で
シャベルですこすこ掘りはじめた。

案の定、近所のオッサン登場。
くわえタバコで始終話しかけてて
はは、かわいそうに
お相手させられながら掘ること40分。


♪ピンポ~ン

チャイムが鳴ったので庭に出ていくと、

「すみません、1本しか抜けませんでした」と。


▼ハナミズキ




まぁねぇ。

これはもうだいぶ前から枯木だったし
あたいでも抜けるかも?って思ってたもん。
抜いてもらっておいて
そんなこと言うのもアレだけど。


ほんで、奥の2本を抜くには
重機で抜かないと、とかで
見積もりが大幅UP。

1万5000円→7万円!くらい(あとで確認する)




やだっ、ななまんえーん!?
無くなるモノに7万円か……


重機で抜くならいっそこの
青虫垣根(西洋つげ)も引っこ抜いちゃうか、と
訊ねたら14万円に跳ねあがった!
処分代は抜きで、だよ。


一瞬にしてゲッソリ痩せ細ったあたいを見て
「1月に20%オフ見積もり企画があるんで
少しお安くなりますよ」と。

あと1.5ヶ月。そりゃ待つがな。


で、結局、本日は1本ぶんの
5000円だけでよい、とのことで解散し、


年も明け、現在。
『20%オフの1月』の真っ只中でござんすが
お兄さんが格闘してってくれたおかげで、

▼けっこう掘れてるんだよね。あとちょいなんじゃ?




......ってことで、

ダメ元で掘ってみてから決めることに。


▼さっそくJマートで
先っぽに刃がついてる根切シャベルを買ってきて
だんなへプ・レ・ゼ・ン・ト♪



左から、カマ付つるはし、根切シャベル、そして
『英国王立植物園キューガーデン』のフォーク。


ついでにラウンドアップマックスロードを
ドバドバドドド~っとほんの1リットルを
原液で掛けておいたのだが
まったく弱る気配がない。

ちゃんとうすめて日々こまめに掛けていくほうが
よかったかもなぁ。


まだつづくのだ (;^ω^)ゞ


2017年1月24日火曜日

庭の更地化計画 (1)


わが家は
建物に沿うようにぐるりと
東と南にスペースがあってね。


玄関へつづく東側は
少しは手入れしてるけど
南側は手つかずだったの。


だってさー、
ご近所のご主人たちたちたちたちが
平日のまっ昼間っから
ヒマを持て余してて、

あーしろ、こーしろ言ってきたり
ビデオでこっち撮影しながら
くわえタバコで話しかけられたり。

庭にでるのが
ほんっとイヤだったんだよね(#`皿´)/


んなもんで
いつか刑務所みたいに高っか~い塀で
視線をさえぎるその日を夢見て
ほとんど地植えもせずに、
バラもクリローも鉢植えで並べてたんだけど、


狭いながらも
せっかくの南側なんだし。


っつーことで
ついに始動!


まずたくさんあった鉢植えを
移動および適正処分


ところどころ残っていた
高麗芝をひっぱがし、


こんもり育っていた
サルビアやユーパトリウムなどの株も
すっこ抜いて


引き抜く予定の木を
植木屋の言うとおり
120cmほど残して伐採


それが▼この状態。
なんにも無くなりました。



写真の右手奥につながる
逆L字のスペースです。


そう、スペース。
だってさ、
都内でもっと広い庭の奥さまブログで
「狭い庭でお恥ずかしいです」などと書かれているのを
あっちこっちそっちで見かけるんだもん。

そんな奥さまがたには▲この広さでは
「野良猫の通り道」ていどにしか
見えないんでしょうねぇ、ええ、ええ (-。-)y-゜゜゜


美人が言いがちな謙遜パターン、
「えー、私なんてぜんぜんですよぉ~
私よりほら、まめ吉さんカワイイ!」
と言われたときの
『噛ませ役かよ!』に似た
卑屈な気分になりつつも、


でも今後、改造の経過を
ブログに残していきたいので
載せましょうぞ。


で、まずは抜根。

よく見りゃこんな狭い場所に
木が8本もあるのね。

2本は残し(鉢)、
3本は実家に疎開させ、

最初に造園屋が植えていった
ハナミズキ・ヤマボウシ・ベニカナメモチの3本を
抜根をすることに。


▼ハナミズキさん、さようなら。




1年半ほどまえに幹を伐られてからも
何度もあきらめずに新芽を出し続けて。

そのたびに
あたいにバチバチ切られて
ついに事切れました。合掌。






▼ヤマボウシさん、ありがとう。
花も葉も気に入っていたけど
隣家との境界に落葉樹は厳しかった.....





▼ベニカナメモチ。
ゴメン、うちの庭にはテイストが合わないと
幹を伐ってから早7、8年。
ひこばえバンバン、いまだに枯れず。






あ、でね、いよいよ抜根に来てね。
(11月のことだけど)




ハナミズキ 1本5000円
ベニカナメモチ 1本5000円
ヤマボウシ6本(木立仕立て) 1万円

という見積もりで
激安だなぁと思ってたら、

当日、さわやかイケメンがやってきて

え? 一人で手掘り!?

だいじょうび?

(明日へつづく)


2017年1月22日日曜日

まめ吉謹製 チャーシュー

あたいの得意料理の1つ、
焼豚を作ったよん。

いつものように
誰にも訊かれてないのに
得意げに書く、
のでは無いのだ。


今回はれいちゃんに
リクエストいただきました(∩´∀`)∩


れいちゃんはねー、
お取り寄せ焼豚で日本一有名な
『肉のたかさご』のよりも断然美味しい!」
と褒めてくれるから
作ってはプレゼントしちゃうの。
(あれ?そういう作戦?)

でもさー、
あたいが作ったのより
自宅で作りたてのほうが
ぜーったい美味しいよ!ということで

今回は胸を張って
鼻高々にご披露いたしまする~ v(*^^*)v


▼バラ肉のときもあるけど今回は肩ロース。
タコ糸で適当にグルグルしとく。

しょうゆ、砂糖(ザラメなども良い)、酒、中華練りダシ、にんにく、しょうが、
オイスターソースや水あめなんかも。

砂糖が溶ける程度に加熱し(ぜったい沸騰させない)、
冷ましたあとに肉を入れ、
空気を抜いて冷蔵庫で漬けこみます。


(もしよければ分量お教えいたします(*^^*))



2~3日後、飴色に。
味が濃そうに見えるけど大丈夫。



冷蔵庫から出して常温に戻して。

掃除がラクなようにアルミホイル敷いてから
網に肉を乗せます。



▼ガスオーブン、予熱220℃、
焼くときには200℃に下げて。
焼き時間は今回800gで35分。
(電気オーブンではわかりません)

脂身を上側にして置くのがコツ。
脂が溶けながら焼けるのでパサつかないし、
適度に脂も抜けるし、
色づきも良くなるし。

いいことばかりだから
脂身が外側に1枚あるのものを選んでね。

フランス料理の、肉汁をかけながら焼く『アロゼ』のオーブン版。
でへ、あたい、あったまイイネ~





▼その間に漬け汁を鍋に。
とろみが出るまで煮詰める。

冷めながらさらに粘度が増すので
煮詰め過ぎに注意。
冷めたときにとろみが足らなければ
また加熱すればよろし。





▼焼けた~。
しみ込んだ糖分が焼けて
表面がカリッとカラメル状に。最高!





▼見て。見て見て見て。
内側にのこる、ほんのりピンクを。
ギリギリを攻めた焼き加減、大成功!




豚肉だからちゃんと加熱しなきゃだし、
でもシットリ焼き上げたいし。

今回はうまくいきました♪



▼なにしろジューシー。
飴でコーティングされた表面から
逃れられなかった上質な肉スープが
ドバドバドバババ~ 
飲み物ですか?ってぐらい。まじで。



焼きたてを食べるなら、

■ すぐにオーブンから出さずにしばし余熱で落ち着かせるか、
■ オーブンから出したあとアルミホイルにくるんで
肉汁を落ちつかせて。



でも、でもね。

すぐに食べても美味しいんだけど、

▼追い漬け込みしながら冷ますのもオススメ。
粗熱がとれた、まだ温かいくらいで漬け汁に戻す。



(冬は)冷蔵庫に入れずに放置。
(『入れずに』が最重要ポイント)



数時間......

▼わお! 肉汁がまた肉にもどって
しっとりが半端ない!! 





▼焼きたての『表面カリッ』は無くなるものの
脂身がコラーゲン化してプリップリに。





▼脂分は焼き落とされるから油っこくにゃーい。





薄く切ってもひらりと美味しいし、
厚切りでもしっとりと美味しいし。

あたいが作ったから、じゃないよ。

誰が作ったって
作りたては美味しいのだ!




(ここでハンディバーナーでさっと炙ってもまた旨し)



日本一売れてる焼き豚
『肉のたかさご』のを食べたことないし
井の中のかわずなのは自覚あるけど(笑)、

あたいの一貫した主張として
どんな料理でも
作りたての美味しさってのは
やっぱりあるんだよねぇ。


ブランド肉でも
高級焼き豚でもないけど

いや、

ブランド肉だの
高級焼き豚だとしても
真空パックにしたり
冷蔵した時点で、

多少なりとも
シロウトの家庭料理のほうに
分があるんじゃないかな、と。


世界一のバリスタが淹れた
最高の一杯のコーヒーを
真空パックにして
冷凍して空輸したものを
家で解凍して
レンジでチンして温め直したものよりも、

たとえスーパーで買ってきた豆だとしても
シロウトが
自宅で心をこめた
淹れたての一杯のほうが
美味しいんじゃないかな、と信じてる
あたいちゃんなのであります。


......って、
コーヒーを飲めないあたいが
コーヒーで例えるという滑稽さ(;^ω^)ゞ



漬けこんで焼くだけ。
お取り寄せより簡単で美味しいから
みんなも自宅でつくろーよ!



「うちのチャーシューも美味しいよ」
というレシピありましたら
教えてくださいまし。
さらにレシピを練り上げたいのです(^o^ゞ