2013年7月25日木曜日

ホームセンターのトイレ 2

削れてる! 掘られてる!

三鷹市にあるホームセンターのトイレ。

ロングなネイルの方々による協同作品。

昔から爪がフニャフニャなせいで
伸びた状態を維持できない私には、
爪が長い人の暮らしが想像できない。

いろんなことが出来なさそうな毎日は
すごくつまらなそうな気がするけど、
見た目のために我慢できるというなら
私は一生、女の人にはなれないなぁ。

もう15年も口紅つけたこともない私には
そもそも女の身だしなみの何一つもわからないんだけどね。てへっ。


2013年7月24日水曜日

ホームセンターのトイレ 1


瑞穂町にある巨大ホームセンターで。

トイレ、個室のドア内側、宣伝文句の紙の下に……



                            ↓

                            ↓

                            ↓




ぼ、ぼ、ボイン (°Д°)!?
女子トイレの落書きとは思えぬ一言。

この昭和な言葉センス、字ヅラ、妙なイラスト、
かなりの破壊力です。


2013年6月3日月曜日

webCGで紹介された♪


WebCGというサイトの
『カングージャンボリー』紹介記事のなかで

うちのクルマの写真が載ってました!!

↓↓ これですの ↓↓
http://www.webcg.net/articles/-/28510?ph=22

↑↑   携帯で見ているかたは
「PC版を表示」とけな」にすればタダで見られます




うれしいなー



2013年5月21日火曜日

第5回カングージャンボリー(2)


昨日のつづき

メインステージでは「スチャダラパー」が野外ライヴ。
ボーカルのBOSEさんがカングーに乗っているそうで。

イエーイ!

スチャダラパーってヒップホップざーましょ?
あてくし、そういうアゲアゲ音楽は聴かないざーますよ。


と思ってたけど、

イメージしていた「みんないっしょにウホウホヘーイ!」みたいなうっとおしさはなく、
意外にもゆるやかな抜け感が心地良かったです。

ゆらゆらと揺れ動いて、定まっていないようでいて
上昇志向↑↑の縦のビートはぴったり合っていて、
その浮遊感がいい。


もちろん『今夜はブギーバック』も演ってくれました。
ええ、持ってますよ、シングルCD。
縦長ケースのやつ。
マキシシングルなんて言葉がなかった時代のやつ。

当時、ラップ部分を自宅で練習して、得意げにカラオケで歌ってたねぇ。
まゆ毛くっきり、口紅は真っ赤。
あれがバブル時代だったのねん。



↑↑   迷彩柄なのにファスナー部分の柄が合ってる!

 パーカーなのに高級そうだ。
さすが あやまんJapanの人と結婚した男は違いますわねぇ。

てか、

生地の柄合わせ見ちゃうなんて
おばちゃん化してるな、自分。


2013年5月20日月曜日

第5回カングージャンボリー(1)


今年も行ってきました。
「第5回 ルノー  カングージャンボリー in山中湖」

日本中からKangooが集まるイベント。





去年は↑メイン会場↑が満車になってしまい、
会場裏の「従業員駐車場」に案内されたの(泣)


せっかく奮発して手洗い洗車コースしてったのに~


今年こそはメイン会場に入るぞー、と早めに到着。

が。
なんと予想外の1200台(去年の2倍)も集まっちゃって
またしてもメイン会場には入れませんでした。


で、今年も場外駐車場 ┐(´д`)┌
ほぼ人通りのない中、意地でオープン。






2組から「私、園芸関係やってます」と声をかけていただき、
(うち一人はハンギングバスケットマスターさんだった)
来年は並んで出店しようということに!
うわぁ~ 来年焦るわ~ どうしよう~

さて。
セグウェイの無料券をいただいたので
そーいうの好きそうなダンナに譲渡してあげた模範的妻のあてくし。


なーのーに。
ダンナのやつ、
「アメリカにいるときにセグウェイ乗ったことある」
と、乗ったあとに告白。
こらっ! だったらあたいに譲りなさいよ!
お尻ペンペン(通称ケツバット)をしたおしたあてくしでした。




2013年5月18日土曜日

空き缶のエイジング

2日後のイベントに持っていく缶をエイジング加工。

内側がサビ止め加工してある食品缶は植物にも安心。



それっぽい色で塗ったあと、わざと潰して
ヤレた感じを出してみましたよ。





これ、ホントにサビ反応させてるのー。
だから水がかかっても色落ちしないのがウリ。
そこいらの、ただのペイントものじゃありゃーせんよ!


んで、フランスみやげでもらった古本を貼る。




フランス語というだけで
とりあえずはオシャレにみえるかという発想が
貧乏くさい(笑)


こないだのハンギングバスケットのコンテスト用に
「念のため買い」しすぎてあまってた花材や、

バンキングバスケットを解体したリーフ類を植えまくり
あさっての準備完了。


2013年4月29日月曜日

南大沢 ハンギングバスケット 春のコンテスト2013

(覚え書き)

ハンギングバスケットのコンテストに初めて出してみた。



たまたま後ろに青い看板がありところに飾られて、
黄色が栄えてラッキーでした。

それにしても、
初めてのコンテスト養生は大変でした。
審査日にあわせて花いっぱいになるよう、
太陽をおいかけて向きを変えること毎時……精神ストレス状態。
もうコンテストは出したくにゃい! ストレス!

マスターの部、一般の部に分かれて、受付順に並ぶ



だいたいやねー、
ハンギング習いはじめてまだ3回目なのに出すか、普通。

それにやねー、
今までに一度もコンテストやショーを見たこともないのに
出さないだろ、普通。


一番の失敗は、メインの花選び。
マリーゴールド  ″アフリカン″ (花経7センチほどの大きなタイプ)がすぐに折れる。




【学んだこと】

  • 花の重いものはつかわない
  • 茎がパキッと折れやすいもの注意
  • "アフリカン"は養生しても首の角度があがって来にくい
  • 予備は多めの多めに。2ポットの予備はすぐに使ってしまい、"アフリカン"をさがして2日間中、隣県でも見つからず疲弊。結局、近所のスーパーのしょぼい切り花コーナーで大発見して事なきを得たが。



お次は犬、みの吉。
スタンドごと倒して、じゃれて、破壊  (*`Д´)ノ!!!




とくにラグラスバニーテール(おしゃれネコジャラシ)は
使えないほどぐちゃぐちゃに。
翌日、みの吉のブツにふわふわ部分が多数。

【学んだこと】
  • イネ科のラグラスバニーテールは葉先が枯れたようになるのが早いため余計には仕入れない、と某園芸店で聞いた。予備ポット必須。
  • 犬はやって欲しくないことを見抜く。

みの吉 13歳


悪い老犬じゃ!




2013年2月27日水曜日

資格とるぞ~

今年『ハンギングバスケットマスター』という園芸関係の資格をとりたいなぁー、と。


↓↓ 去年作ったハンギングバスケット ↓↓






初めてハンギングを見る方、スミマセン、
これ世間的にイマイチのものであります。
なんの情緒もない幼稚な出来だけど
当時はこれでも得意気に写真撮りまくったのであります。(>д<))))


ハンギング歴5年目、ついに行き詰まった!
だれかに直接ダメ出ししてもらいたい。
上級者のコツを知りたい。


教えてもらえるなら誰でもいい、わけじゃない。
有名な先生なら誰でもいい、わけでもない。

『感覚的』なことを学ぶときに 最初につく先生選びは大切だと思ってます。
真っ白な状態の自分に、最初に色をつける人ですもん。


 で。
 『園芸ガイド』でもおなじみ、『この植物をお買い!』(主婦の友社)の著者である
土谷ますみ先生のマスター養成クラスの門戸を伺うことにいたしました。

 ■土谷ますみ先生の大人気ブログはこちら
    kusakiの「この植物をお買い!」


うだうだ書いてたわりには結局有名な先生なわけだが。
だって。
土谷先生の作品がやっぱり一番好きなんだもん。


実際、去年何度か単発クラスに通って、
先生のアドバイスには毎回感動することばかりだった。

感覚的なことを
「これはこういうものなの!」みたいな言い方ではなく
「これはこうだから、こうにしたほうがいい」と、

どう考えていくかを説明してくださるので
めきめき実力つきそうな予感です♪


何よりも
「自分の好きな花材でアドバイスをいただける」
ってのが自由度高くてひかれました。
難易度も高そうだけど。


まめ吉、リボーン。がんばるぜぃ~♪


2013年1月1日火曜日

テスト

ベランダガーデニングの写真