2014年5月15日木曜日

国際バラとガーデニングショウ ~ その2


吉谷桂子さんによる
『モナコ公国公妃 グレース・ケリーの庭』



▲ 花の傾きっぷりが絶妙!
手前から「右→左→右……」に振って植えてるから
まるで風が通って動いてるみたい~

屋内での展示でありながら
モナコの五月風を感じさせる傾きです。



さらに、高さの付け方にリズム感があるのねー。
「低→中→高」と行ったあと
〆に「→中」が入っているので

実寸よりも遠近感がでて
「く」の字のように
目線を奥に誘い込む効果があるのだわぁ♥



おいおい、ド素人がなに語ってるんだい。

基本中の基本だっちゅーの!!


それにしても吉谷さんの作品、さすが大人気。
まるで年始の初詣のような混雑。

後ろのおばちゃんにわざとらしく小突かれながら、
手ブレしない写真をとるのがやっとでした(#`皿´)


なので、写真の構図が残念なかんじで
吉谷さんに申し訳ないです。



▲ 写真じゃ分かりにくいけど
大きな門扉の片方だけ開いているストーリー性が素敵なの。
うー、引きで撮りたい。


▼ 門の上にバラのアーチがあるのです。
うー、引きで撮りたい。








さて、こちらはケイ山田さんによる『不思議の国のアリス』。

ご本人の登場で、こちらもたくさんの人々。


▼ アリス像があることで
まるで自分がそこに立っているかのように投影できる。


うぬぬ。
白ウサギが奥まって置かれていて見えにくいために
追いかけていくはずのアリスの進行方向がわからず、
最初、のっぺらぼうに見えてしまったぞ(笑)




そしてなぜかチェシャ猫があっちむいてる配置。


ナマ言ってすみません




どのブースも
限られたスペースの中に
奥行き感やストーリー性がある。


わが家にもうまく取り入れたいものだ。

クネった小道と、偽ドアと、縮小ベンチを置くことは決定。




2014年5月14日水曜日

国際バラとガーデニングショウ ~ その1

今年も詣でました、西武ドーム。




マスタークラスで同級生だった
akkoさん、かまろんさんと3人で参戦♪


今回の大会タイトル、

『La Vie en Rose(ラ ヴィ アン ローズ)~バラ色の人生~』

をテーマに作られた
いくつものガーデンスタイルが展示されている。



ラ ヴィ アン ローズ と言えば
もちろんエディット・ピアフの唄う
『La Vie en Rose』
なわけですが、


あたいの脳内で
ピアフの歌声が鳴り響いたブースは ↓こちら。



ああ、これこそ『♪La Vie en Rose』の世界。
鏡に移る景色も計算されているのね~


このラグジュアリー感ったら! あーた!






▼テーブルに酒。
薔薇色の人生に陶酔感は欠かせませぬ。

しかも「飲み食いしたあと」って展示の仕方が憎いね。
人生、酸いも甘いも経験したあと、みたいな? 的な?




年老いた自分が
人生を振り返って笑い泣きしているときに
こんな暮らしをしていたら最高だわ~♥



いや、あたい、
酒も煙草も男も女もやめたし(女も!?( ̄□ ̄;))
家具類も↑こういう趣味はないんだけどさ、
小汚なリッチ感って好きだなー。



逆に、お花いっぱいの光かがやくキレイなお庭は
パッと見は素敵なんだけど、
ワビー&サビーがなくてつまらないんすよ。

テンション高いものはツルッと浅くて
もの足らないんすよ。


「人生、ざらついてたほうがオモシロイじゃん?」

矢沢まめ吉ッス! いえーい! (ばーか)



いやー、それにしても
ここが野球場のアリーナだとは思えぬトリップ感。


西武ライオンズのレオとライナも

ぶったまげでござーますわね。



以上、ローラン・ボーニッシュさんの作品でござんした。

(つづく)

2014年5月13日火曜日

ホームでの活動 2回目

■ ホームでの活動 1回目


デイサービスセンターでのガーデニング活動 第2回目。

1度目の様子はこちら


な、なんと、今回はニューカマーかまろんさん登場!
atsuoさんとあたいの、3人での活動でした。








ガーデニング作業のあとは楽しいミーティング♪

はま寿司で平日90円ランチしながら
ガーデニングについて議論を交わし、
〆に『はまアイス 抹茶味』で3人、キメました♥











2014年5月12日月曜日

油壺マリンパーク


犬と入れる水族館『油壷マリンパーク』に
2度目の来園。




「水族館に犬なんか連れてったって
意味ないだろ!!」

というご意見もおありでしょうが

みの吉のやつ、ちゃんと見学するんだよね。


▼ペンギンをガン見



このあと、
「ねぇ、見た?見た?」と言わんばかりに
あたいのほうを振りかえってねぇ。



▼動きのないヒトデもじっくり見学





▼サメから泳ぎを学ぶ









▼ちょっと疲れて、アゴのせ観察





▼イルカさん、逆さまになってふざけてる~




『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日)を視て知ったんだけど
ここのイルカは犬好きなんだってね。

何度も寄ってきて、
↑このときは、この状態でぜんぜん動かないんで
ビデオで撮ったんさー。


犬の絵でも寄ってくるんだって。

とにかく犬が大好きらしい。


このときビデオ撮ったんだけど
イルカさん、10分近くずっと窓から離れないんで
しまいにはみの吉がフセ寝してね。


とにかく犬が好きなのねぇ。

ってか、そりゃプールなんかに閉じ込められて
刺激がなくてつまらなくて
イルカも気がヘンになっちゃうよねぇ。


賢いイルカ、かわいそうー

海に帰りたかろうのぉ。




だから水族館とか動物園って嫌い!

でもあたいの友だちなんぞは
「犬や猫を『飼う』ってのも
ヒトの思い上がり、エゴだよね」
って言うしね。

(えーっ、楽しかった思い出のブログが
この感想で終わるなんて!(笑))


2014年5月11日日曜日

三浦半島の海岸

山道の長いトンネルを抜けると……






海だった。





いつ来ても、あんまり人がいない浜。






水、キレイ~♪



遠浅の海だから、波も静かめです。





小さな岩場もある。

岩場って、ほら、東映の映画のオープニングみたいに
高波ザッパ~ンってイメージがあるんだけど、

ここは静か。ラグーンっぽい。





小魚もいっぱい。見えるかな~?





生きているヒトデ発見★





お出かけのときのみの吉のおやつは
野菜スティックなのです。
今回はニンジンと野良坊(江戸伝統野菜)。














ハマヒルガオ(無理矢理、花ネタをぶっこんでみた)






みの吉のやつ、トンビに狙われました……


犬と入れる水族館、
『油壷マリンパーク』へつづく。

↑絶対、写真みて。
みの吉かわいいから!ヽ(^o^)丿



2014年5月10日土曜日

食用マルベリー

祝!

群馬県 富岡製糸場&絹産業遺産群

世界文化遺産 登録勧告


と、まるで中国人のブログのような
漢字だらけの書き始まりですが、

あたい、日本人。群馬出身者です。


子供の頃、家の周辺にはクワ畑がたくさんあって
養蚕場や工場もいくつかありました。

あたいが通っていた書道教室も
養蚕場の片隅スペースにあって、
無数の「おかいこ様」がモシャモシャと
クワの葉を食む静かな音のなかで
お習字していたせいなのか、

いまやアレルギー血液検査で
「チョウ、ガ」に陽性がでんの。
(蚕の成虫は蛾 ガです……)



そんな、お蚕ランド出身のあたい。

みなさまに、ぜひ、
「一家に1本、庭に食用クワの木」をオススメしたいのです。


食用のクワの木(マルベリー)、
プランターに植えて
水あげていれば
甘~い実がたくさん生ります♪




葉っぱの色もキレイだし、形もいいから
料理のあしらいにもなりますよ~

だし巻き玉子や焼き魚の下とかね。


葉っぱにはケールを上回る栄養素があるそうで
お茶にして飲むといいとか。



5粒くらいを一度に食べるのがオススメです。
とにかく甘い~♪




だけど。


うっかり踏みつけると、コンクリート、染まっちゃいますけどね。







2014年5月9日金曜日

マルコロッシの寄せ植え

以前作ったこの寄せ植え
例のペットホテルの方が気に入ってくださり、



似たかんじの寄せ植えを
お店に置いていただけることになりました~♪



こんな感じで作ってみたけど……どかな?(いつも不安)



リシマキアとハニーサックルが、かぶってる……

白いボンボコボン(マルコロッシ)が片寄ってる……

こんなとき、園芸店で作れたら
苗を選びながら作れていいのになーっと思う。

ま、自然になじんでくるのを待ちますかね f(^_^;



さてさて、この白いボンボコボン、
マルコロッシという名前の花ですが、
『母をたずねて三千里』の主人公マルコの
フルネームと同じですね。




似てるかもねー



いまお店に置いてもらってるハンギングバスケットも
黄色いボンボコボン(雪ほたる)を気に入ってくれての納品。



ここのオーナーさん、趣味が合うみたい ♪(*´-`)/★*☆♪



さらに。
こちら用に作ったラウンド型のハンギングを
いま、養生中です。

初のラウンド型、ドキドキ (’-’*)



2014年5月8日木曜日

車が出せません……

近所のスーパーの駐車場で。

帰りたいのだが
行く手を阻まれてクルマが出せない。 



なんちゅう迷惑駐車。
完全に出口をふさいでる。


不逞の輩、こんにゃろめ!

店内で子供が追いかけっこしてるのを
放置してるような
きゃつらに違いにゃい! (#`皿´)


などと息巻いていたら、


店内からヨボヨボのクニャクニャのおじいさんが来た。

105歳で元気ピンピンな
あたいのおばあちゃんと見比べて
あのじいさんは150歳でしょうな、たぶん。

で、じいさまは「逆に難しくね?」というくらいの
ス-パ-スロ-ペ-スで車に乗り込みまして。


この停め方じゃあ、じいさまも一旦バックしないと
出て行きにくいわけですが、

一度もバックせずに、何度もきりかえして
ギリギリを攻めながら出ていきました。


誰か、家族の人、見守ってあげてちょ-だい (*_*)







2014年5月7日水曜日

観葉植物のハンギングバスケット

フラワーガーデン泉で購入した観葉植物で
実家用ハンギングバスケットを作りました。





レックスベゴニア(中央のぐるぐる)が
不気味に皆様をお迎えいたします……


いや、いいの、いいの。
ここの玄関は実際はあまり使ってないのに
通りからは見える場所なので、



防犯の意味も込めてヘンテコリンにしてるんです。




あえて

京劇のサルっぽくしてるんですっ!




あえて…… あえて…… (。>д<)






2014年5月6日火曜日

ピンク色の香りバラ ヘルシューレン


フラワーガーデン泉さん、
バラ売場もなかなか広いです。





▼きれい~♪
『ローゼンドルフ・シュパリースホップ』っていう名前だそうです。
微炭酸のマスカッティなシャンパンみたいな名前さねぇ。




生まれて初めて
ピンク色にみとれたわ~♥
これがお庭にあったら絶対に素敵よ、きゃあ~♥


が! しかし!

つるバラだったので購入は断念、あぁ……残念 (´O`)/~~~



しかしすっかりピンクの
バラ肉バラに心を奪われ
お目目はピンク色だけを探してしまう。



▼『ピエール・ドゥ・ロンサール』はやはり美しわ~
さすがの殿堂入りの薔薇、色も形もグーなのねん。

いや、グーとか言っちゃ失礼なくらいの気品ね。
この薔薇を好きな人達が
「ピエール様」とか「お世話して差し上げた」などと
言いたくなる気持ちがよくわかる。

香りはあまり無いそうだけど
見ただけでもいい香りがしてくる薔薇に存じます。



ああ、しかし。これまた
惜しむらくはつるバラなこと。
しかも一季咲きなのねん。
あてぇは無念でありんす。


さて、あたいは特別にバラが好きという訳ではない。
うちにはバラは4種類だけだし
剪定もよくわからない。


だけどバラの香りは大好き!
ダマスク系のローズのあの香り♥



だからあたいがバラに惹かれるとすれば
それは

香り薔薇なのです!



で、
強香ピンク色四季咲きバラ、
『ヘルシューレン』を我が家にお迎えすることにしました。

斑入りの葉もナイスっす。




ついにピンク色の花を買ってしまっただよ!だよ!





2014年5月5日月曜日

フラワーガーデン泉(前橋市)

群馬県にある あたいのパラダイス、
フラワーガーデン泉さんへ詣でました!!





▼草花コーナーはこの感じが×4面ほど。
ほかに室内観葉、バラ、庭木、雑貨など。






▼1種類の仕入れ量が多いから1つ選ぶのも疲れちゃう♥
贅沢よねぇ~♪





▼かまろんさんから聞いていた
オレンジ色の新作ペチュニアがありました。





▼ドでかい スイレンの苗や




▼牡蠣の香りのリーフ!?



リーフの香り、まさしく牡蠣そのもの!

だけど…… 新鮮な牡蠣ってニオイしないよねぇ?
なんだか逆に、生臭く感じちゃう (*´-`)


うーん、塩辛チックに日本酒のアテならいいかも?
あ、加熱料理なら合うのかな?
焼いたホタテやエビにのせたり。
炊いた白米にリーフ混ぜただけで牡蠣ごはんになるかも!



▼ヒューケラも鮮度バツグン!






▼初のラウンド型挑戦用にペチュニア購入。
ぼんぼこぼんの「てんてん手まり」(ローダンセ)も併せて。





そして、なんと、フラワーガーデン泉さん、

ハンギングバスケット・マスターの認定証を見せると



10%オフで購入できるんだそうです!!!




えーー!? 知らなかった!!!
今回3万5000円ほど買ったので
ああ、もし認定証持ってきていたら…… 悔しい(。>д<)




悔しいので帰り道で
厚切りチャーシュー しおラーメン食べちゃいました~ Ψ(´▽`)Ψ