2015年3月10日火曜日

江戸東京たてもの園(2)


昨日の続き


▼文房具屋さんへ。(外観、撮り忘れ。かろうじて↓)






▼店内は、小さな引き出しが
天井までズラリと並んでいて圧巻。
ハシゴがかかっていて、外国の大図書館みたい。




この文具店、スタジオジブリの宮崎駿監督が
「たてもの園の中で一番好きな建物」と公言してるそう。

あたいも東ゾーンでは一番好きだなー。
部屋以上の奥行きと高さがあってトリップ感♪



以前は係りの人がいて
「引き出しの中を開けてみてもいいですよ」
って言ってくれて、

当時の新古品の筆やら便箋やらが
たくさん入っているのが楽しめました。

現在は眺めるだけになってた~ 残念!



▼こちら商品棚の便箋。
鍋敷きにでもしたような丸い跡があるな。





▼帰宅してからガサゴソしたら家に同じ便箋を発見。
鍋敷きみたいな跡はデザインだと判明。 

↓亡きパパリンの字、落書きしまくってる(*´з`)






▼お次は銭湯へGO! (↓一番右)






▼「入浴者心得」をよーく読むと.....








「とくに下の方を……」「またがらない」「ペタリ」
入浴者のたしなみのようです。



↑なにかに配慮して隠しているのは.... 893的なこと?




▼「貸す」は旧字のほうがカッコイイね。










▼「貝は専門店で」










▼女湯側の仕切りには おとぎ話の絵が。
子どもあやし用?



タイルのわりには、濃淡あってキレイ。

だけど、


▼ちょっとヤダ~。
耳たぶはかなりの爺ちゃんなのに、
黒髪で、鼻の下のばしたオチョボ口(おちょぼろ)が
精力絶倫っぽくてヤダ(笑)






▼つま先立ちでピシッと見送る。立派。





▼こちらは「さるかに合戦」のカニ。
見るからにヤシガニだな。

カニといえば海だけど、
ヤシガニは山(沢)カニだから
このように陸で活躍するのも可能であろう。
ふむふむ。奥深いイラストだ。




いや、あれか?
単に、カニのお面かぶってるカニサムライか!?

バッタのお面かぶってる仮面ライダー的な。




▼銭湯を出たら、隣の居酒屋で一杯♪





▼あー、この時代は、あたいの好きな泡はないのね。






▼シャンパンないけどビールあった~!





シュワッと一杯ひっかけてから、
明日は
西ゾーンの高級住宅街へ向かいます。

(つづく)


2015年3月9日月曜日

江戸東京たてもの園(1)


ここはどちらの街角でしょーか?






江戸東京たてもの園 です♪
http://www.tatemonoen.jp/

(ブログのタイトルでバレてるっつーの!)


古い建築を移築展示している公園へ
小雨パラつく平日に友達と行ってきました。


あたいにとってはディズニーランドよりもときめく。
今回で4、5回目の来園。


商店街を再現している東エリアから見学。






NHK『美の壺』で知った、看板建築、発見。



看板建築ってのは、二階の軒を隠すように
西洋風の装飾をほどこした建物なんだって。
(※看板を掲げている建物のこと、ではない)



▼こちらも看板建築。
THE木造、なーのーに、西洋風♪

小さな看板に「ナハ」と書いてあるのは
「ハナ」(花屋)のこと。






▼水で濡れても大丈夫なように
タイルや板金で什器が作られているのは
花屋さんならでは。




子どもの頃にみた花屋さんと似ている、と
ふと思い出しました。

「まだそんな記憶が残っていたのか」と
自分でも驚いちゃう。





▼花屋さんの脇には、鉢モノコーナー?
それとも、店で売れ残ったものを育てているのかな?



この雑草まみれの鉢植え、
園芸店のバックヤード感、満載!
うちの近所の園芸店に似てる。



▼いまや、朝ドラかサザエさんちでしか見ないような
洗濯物干場。







▼さあ、お次は乾物屋さんに行きますよ~






▼プラスチックやビニールの包装紙がないだけで
高級店に見える~!




昔、実家の近くに卵屋さんがあって。

ほの暗く、広い土間に
↑こんな風に籾殻に卵が並べられてたなー。


ママンに「まめ吉ちゃん、卵買ってきて」と頼まれたら
ボウルを持って、ひとりでお買い物。

「ごめんくださーい」
耳の遠いおばちゃんが出てくるまで叫び、
「双子の卵を6個、普通のを10個」と言うと
おばちゃんが籾殻のなかから選んで
静かにボウルに入れてくれて買うのでしたー。




▼ちょ、ちょっと、なにこの素敵なかつお節コーナー。

上のほうのが品質がいいのかな?
「お値段が高くて手が届かない」って
言い回しがあるもんねぇ。




そういえば、2年くらい前には無かった
↑のような「さわらないでください」
「立入制限のしきり」
今回、あちこちで目についたのがホント残念。


以前は、説明員の方が
「どうぞ、手にとって見てください」とか
「引き出し開けてみていいですよ」とか
言ってくれてたのに、
その範疇を超える人が増えちゃったんかなぁ。




▼うちも土間欲しい!






▼お次は旅籠。
上がり口に置かれた
越中富山の薬売りの荷物がイイ。

ガラスケースに入った展示じゃ素通りしちゃうけど、
やっぱ展示の仕方はこうでなきゃね♪






▼「薬売りさん、いざ出発」の目線でパチリ。











(つづく)



2015年3月8日日曜日

サポート付き農園


▼春まきの、準備万端の畑。

うちの畑でもないのに
「ここにはトマト、あそこは何をまこうかな~」って
思う あたいは  ドリーマー♪





さて。

こないだ、近所に有料の「サポート付き農場」ができた。
エアコン完備の休憩小屋がついているのがポイント。


入口にのぼりが立っててね、

  めんどうな草とりや水やりは
  スタッフにおまかせ

って はためいてるんだけどさー、


■植えるだけ
■たまに手入れするだけ
■収穫するだけ
って、あたいには魅力的に感じないなー。


ま、道具も土も用意されてるから
初心者でも手を出しやすいってのはいい!けどね。

あと、
成功することが見えてないと
新しいことに手を出そうとしないタイプの人や、

『適当にユルくやって、そこそこできれば良い』
っていう人にもちょうどいいのかもね♪




でさー、
入口には↑の客寄せのぼりと一緒に

スタッフ募集。
未経験者でもかまいません!

っていうのも貼ってあるんだよね。
未経験者のスタッフなんて
頼りなさげで逆効果な気もするけど(^o^;)


でも。

へぇー。

 あたいならスタッフのほうがいいな~♪
どうせ農業体験するなら
「お金払ってお客」じゃなくて
「お金もらってスタッフ」のほうがおもしろくない?


この話を2人の友達(ミュージシャン、旅人)に
それぞれ話したら、
あたいが意見を言うより先に2人とも
「じゃあスタッフでいいじゃん」って感想を言って。

結局、自分と似たような
思考回路の友達が残ってきたなーって
可笑しかった。


面倒くさい=面倒くさい、よりも、

面倒くさい=体験値ふえる!

って発想の友達はやっぱり魅力的だ~ (*´∀`)♪



2015年3月7日土曜日

春のはじまりは何色?


晴れた日よりも
くもりの日が好き。




光が痛くないし、影も強くないし。

晴れの日のテンションの高さって
疲れることがあるんだよね.....


などと書くと
「あら、まめちゃん、お疲れ気味なの?」と
やさしい皆様、心配しちゃうかもしれないけど、


はい、疲れてますよ。
ここ数十年、毎日めいっぱい疲れてるよ。

寝て起きたら、疲れとれちゃうけどね!!

(↑わざわざ書くところがオバハン臭い)




▼モクレンのつぼみは
シルバーに見える日と
シャンパンゴールドに見える日があるよね。






さてさて。

ちみの春の色は何色ですか? サクラ色?



あたいは黄色かな。


ロウバイの黄色で春に気づいてから
スイセン、フクジュソウ
菜の花、ミモザ、タンポポ・・・・


自分の庭に生えるとうっとおしいカタバミも
あの黄色い花はかわいい。


春のはじまりは黄色。



↑ サンシュユであってる? いつも不安(笑)



2015年3月6日金曜日

ブランド名はKumamon


▼婦人シューズ売り場で。




くまモン!!!! (゜ロ゜ノ)ノ?


▼ちなみに、こちらは先日ダンナの会社に
お越しいただいたくまモン。




見比べてみると
この靴、なかなかの出来ばえではないですか。

かの国の、コピー商品の品質と比べると
かなり真剣にくまモンです。立派。


でもさー、くまモンはカワイイけどさー、

婦人靴にするのはどうかな?


ワゴンを見ると
対象はハイミセスっぽい。

.....買う人いないと思う。


あ。今、気づいたんだけど、
うしろの方にある赤い靴にも
「Kumamon」って入ってんね!


まさかの別色展開。

ということは、
本気で売れると思って作った商品なのかもね。。。ごめん。



そーいえばさー
昔、韓国ドラマ『冬のソナタ』が流行っていたころに
新大久保駅のコリアンタウンに行ったときのこと。

当時書いた文章があったので貼り付けてみる。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

2005年11月1日(火曜日)

街を歩いていたら韓流スターのグッズが売られていた。
歩きながら横目でチラッと見たときに
扇子が目に入って立ち止まる。
人気俳優クォン・サンウ!
扇子にしちゃダメでしょー。

ヘン顔になってるがな(笑)


まさかの「事務所公式商品」シール付き。

こんな「冗談グッズ」を3500円で売るなんて
所属事務所の企画会議、楽しそうだなぁ~♪


他には写真入りTシャツ。
「韓流スターの優しい微笑みがあなたの胸に」と
店長おすすめコメント。
こちらもヘン顔のキケンな予感。

おばさまたち、
己の体で、スターをブサイクに伸ばしてもなお
ファンだと言いはる おつもりかっ!?


さらに
ヨン様の顔写真入り靴下も発見。


ヨン様のほほえみが

伸びる! 汚れる! におう!!

ファンならこんな踏み絵みたいな商品
イヤじゃないの?と思ったら、


な、なんと

ヨン様の顔写真入り まな板

まであるではないデスか!


ちょいと、そこのオバさま?
大好きなヨン様のお顔のうえで
キムチなんぞ切っちゃうおつもりですか?

あたいにはムリだ。
田宮二郎や新沼謙治のまな板で
たくあんを切ることはできない。


おばさまへの道は
まだまだ遠く険しいということを知って
ホッと一安心しました。


--------------------- 以上 ---------------------------


くまもんシューズを買うマダムは
きっと毎日が楽しい人だろうなぁ~♥



2015年3月5日木曜日

2015 深大寺、だるま市



(サクラ)


来てます、来てます、

もう、

すぐそこに、


大キライな夏が近づいてきてます!

あぁ~ 憂鬱。

やだやだやだーー!! (。>д<)




さてさて。

東京都調布市の深大寺だるま市へいってきたよー





公式アナウンスでは「300出店」と謳ってるけど
そんなに出てないと思うけどな。

だって、だるま屋さん……50店くらい?
テキ屋さんが50店くらい?

合計100ちょいくらいじゃないですかのぉ???




境内のだるま屋さんは
毎年同じ場所に出店してるっぽい。

常連さんは同じ店で
一番小さいのから毎年すこしずつ大きくしていくんだって。

だからどの店も新規顧客の囲い込みに熱心♪



熱心、っつったって
だるまさんじゃぁ
試食で客寄せするわけにいかないからねぇ、
通りすがる客に声をかけるだけだけどね。



▼今年も、いつものオジサマが
だるまカラーでキメてたよん。






▼だるまさんを買って、お坊さんに開眼していただきます。







顔の、黒い犬が、赤い服を着て。

だるまカラーでキメた みの吉。




コーディネートは こうでねーと!!


で。
どんだけズームで撮るんだ?ってくらい
大きなレンズのキャメラをかまえた
おじさま、おばさまたちに
写真モデルを請われた みの吉。

やったね!




なーのーに。


▼ずーっと このツラざーますよ (-"-)チッ




顔をこっちに向けちゃうから
薄目あけてるの、バレてますよー。


イヤなことがあるといつも目をつむって
現実逃避する みの吉なのでした~

(めざましテレビ『きょうのワンコ』風に)



去年のはこちら → ■ 2014 深大寺、だるま市



2015年3月4日水曜日

イヌノフグリ


せんせい、あのね、
いぬのさんぽにいったら
イヌノフグリがきれいだったよ。


春の気配って、
作文っぽい文章が似合う、よね?




あたいの、人生で一番最初の記憶は
幼稚園に入園前の、
数日間の実家の庭での記憶。


映像と音はぼんやりなんだけど
そのときの空気の温度とか匂いは
よーく覚えてる。

あれこそまさに春だったんだなー。



せんせい、あのね、
しゃしんをとっていたら
くろいいぬがじゃまをしたよ。




ところで、昨日から
ブログの字が大きくなったの、わかった?
ついでに写真も大きくしてみたけどどう?


実は文字サイズを変える設定が
今までどこにあるのか、わからなかったんさ。

こーゆーの

↑は分かるんだけど、
なぜか、普通の本文の大きさを変えるやりかたが
わかんなかったんだよね。

だって「上級者向け」っていうカテのなかの
さらに深い階層のなかで設けられてたんだもん。

文字サイズの変更が
「上級者向け」なんて思わなかったんだもん。


外国の無料ブログサイトのやることは分からんのぉ。
「無料ブログなのに広告が一切でない」から
許しちゃうんだけどね。



▼ あたり一面、イヌノフグリってる~♪



でもさー、この写真とるために
手前がわのイヌノフグリを
踏んづけちゃってる、ってのはどーなんだろね? (^o^;)



2015年3月3日火曜日

カングー 50,000km


本日、カングーが
総走行距離50000キロを迎えましたん。




2008年5月に買って
2015年3月の現在。


ほぼ毎日乗ってるけど
ディーラーさんに「少ないほう」と言われた。

「買い物」と「犬の散歩」で乗るくらいだからね~

(犬の散歩にクルマで行くという( ;∀;))




ところでカングーってさ、

エンジンが止まってるときでも
速度メーターが10km/h表示なの。



10キロ越えるまでピクリともしない。

昨日、ショッピングセンターの駐車場で
「場内8キロ走行」って書かれてたけど
なんとなくカンで走ったよー。

(てか「8キロ」ってのもなんだろね?)



↑ 最高時速210キロ。
もっちろん、いつも
メーター振り切って走ってるよ~


昔、ナンバー【11-07】(イイ女)のシャコタンで
黒の女豹でならしてたころの口癖は
「何人(なんぴと)たりともあたいの前は走らせねぇ!」
だったやね。

愛読書は『F』と『バリバリ伝説』!


なーんちって(^_-)


そういえばディーラーさんが、
「230キロで走るBMWと
並走してるカングー動画が
外国のサイトである」って言ってたけど、

カングーのタイヤの大きさ14インチなのに!?
ホントかなぁ~(爆)



ところで、毎年5月に山中湖で開かれる
カングーのオフ会。
日本中から1200台くらい集まって、
だれでも1日カングーショップを開くことができるの。


▼おととし、あたいが出したお店。

↑コンテスト帰りで疲れ切ったハンギングが看板娘



このときはさー、急に出店することにしたんで、
準備期間が3日しかなくて、

1日目 空き缶のエイジング加工
2日目 自宅にあった余り植物を空き缶に植える
3日目 洗車

で、当日の朝、
リビングにあったあれこれを
「とりあえず」クルマにぶっこみ、

現場でレイアウト考えて出店。


おかげで ↓運転席・助手席は、
使わなかったインテリアが山積み (;^ω^)





今年こそ、計画的になんか出店するぞーー!



なんのお店にしようかな~♪

おととし、花屋さんが出店してて
仕入れたままのプラ鉢のデージーとか
けっこう売れてたんだよねー。


だからちょっとした寄せ植えとかも
売れる、かも!?

ハンギングのお店は見たことないけど
やれる自分じゃないのがツラい……



うーん、ワークショップはどうかな?

好きな木材でスプーン作るとか、

トランスパレントスター(西洋おりがみ)なら
人に教えたことがあるけど……


うーん、うーん、あと2ヶ月。


どうしようかね。





2015年3月2日月曜日

ゴミ用のペール缶


あたいんちのあたりは
各家が自宅前にゴミを出す個別収集なんさー。

この方式はすごく気に入ってる。
収集所の掃除当番も不要だし、
責任の所在がハッキリするから
みんな分別もちゃんとやるもんね。


ただ、ビン・缶・ペットボトルなどは
市のほうでコンテナ用意してもらいたいけどねー。
数年前に廃止されちゃってさ。

狭い家で、わざわざ別々のカゴを用意するのは
場所に困るんだよねー (^_^;)



さて、わが家の「燃えるゴミ」用のペール缶。

昔、Jマート三鷹店で買った無地の缶に、
ペンキでグリムなキャラを描いてみたやつ。

たぶん絵本とかで見た図柄を
使わせてもらったんじゃなかったかな (^_^;)



目を、油性ペンで描いてたんだけど
いつのまにか消えてた。
でもこのほうが可愛くなくてイイかも。


もう15年くらい使ってる。
ペンキも剥げないし、気に入ってたのに、


▼やっちまっただよ!!!





洗って、乾かしていることを忘れてて
足元でムエタイばりの膝蹴り入れてべっこりんこ。

たまたまチェンバロ製作中で
ちょうどゴムハンマーを持っていたので
その場で即座に打ち込んで直した。


この「蹴って→凹まして→写真を撮って→ハンマーで直す」をこなすのに

な、なんと、ほぼ1分!

しかもほぼ歩かずにその場で完了!


ふぅ~。
ここ数十年間で
もっとも何かを成し遂げた1分間だったぜ~

イエーイ(゜∇^d)!!


2015年3月1日日曜日

本『人気ガーデナー 83の寄せ植え』


amazonから届きました~!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

『人気ガーデナー 83の寄せ植え
17人の人気ガーデナーが提案する
季節の寄せ植えコーディネート』




季刊誌『ガーデン&ガーデン』のムック本。

特に人気の高かった寄せ植えを
1冊に集めたんだって。

しっとりと、マットな紙質が使われていて
写真が光らず、見やすいわぁ~


人気ガーデナー17人、となると
有名なあの方々がずらり……かと思いきや、
ドシロウトのあたいちゃんは
存じ上げない方もいらして
「まだまだ素敵な園芸家さんはいるなぁ~」と
新鮮なトキメキ (#^.^#)♪


 --------------------------------------

あえて目次はみないで
パラパラ~とめくって見たんだけど、
土谷ますみ先生の作品はすぐに
わかっちゃいました。
やっぱり「おっ!」って目をひくんだよねー。
(これが掲載されている『ガーデン&ガーデン』を
持っているから、見覚えあっただけ?)


そういえばあたい、
土谷先生のブログを見ているうちに
強い色の花に対する苦手意識が
薄まってきたんだよね。

例えば赤い花ってさ、
なーんか「派手、あか抜けない」って
イメージがあったんだけど、

使い方次第では
「シックでノーブルなオトナの赤」
できるんだなぁ~って。



そんな、一歩間違えば野暮ったくなる
赤色 黄色 紫色をテーマにした
秋の寄せ植えが
それぞれ大・小サイズで6作品、
紹介されてました。

土谷先生の秋の寄せ植えがとくに好きなあたい。
「秋」の枠に土谷先生を選んだ編集部のかたに
ハイタッチしたいデス!


--------------------------------------

そしてなんと、
あたいの数少ない「ガーデニングのblog」リンク(右側→)にも
載させていただいている iceberg-nさま
6作品、紹介されていました~!


ブリキ雑貨などの
素敵な容器にピッタリ合った
ナチュラルでシックな作品たち。

マンション住まいのかたでも
玄関先にちょっと置けるような
ちょうどいいサイズの寄せ植えたちだったよん♪

--------------------------------------


あー、あたい、ムック本、大好き!
だってイイ作品だけが
1冊になってるなんて
すごくお得な気分だも~ん  \(´∇`)/


このムック本、
「春 夏 秋 冬」の寄せ植えが83も紹介されているから
1年中 寄せ植えの参考にできるよ~