2015年4月10日金曜日

日本民藝館


高価な芸術作品ではなく、


暮らしの日用品のなかに


「美」を見いだす。


柳宗悦が唱え、
1936年に建設された
日本民藝館(東京都目黒区)へ行ってきたよー。


ここ数日の 冬に戻った寒さに便乗して
先月行ったときのこと、書いちゃうよん (^o^;)ゞ




▼時は3月、まだ梅がまっさかりでした。






▼枝の剪定(残し方)がちょっと独特のような?
主枝ではなく、あえて側枝のほうを残しているような?







▼すぐ近くの他の植物たちも、ウネウネさせてて前衛的!






うぬ。

建物に入る前から
美しさのみどころを主張してくるとはさすが、


暮らしのなかに「美」を見いだす。


ですな。











さあ、いよいよ中へ!


無垢材の引き戸から入場、ってのからして
民・藝・館、ってかんじ。






『文字の美』という特別展の開催中でした。




ちなみに↑の字は
「懲らしめる」の「こら」である「懲」だそうです。



▼チケットもなかなか味わいがござんす。





作品はもちろん撮影できないけど、
スタッフの方にお尋ねして
階段の写真はとらせていただけました♪









文字をデザインに取り入れた食器や布、
本の装丁では
つい先日NHK『美の壺』でみた
漆塗りで文字を浮がらせたものや、
あぶりの印伝で染めた革の袢纏など、

そりゃーもう、お宝が ずんずんずらずら~♪


そういえば小学生の時、
市の「郷土資料館」ってところへ
よく1人で、150円持って
見に行ってたことを思いだした。

100年くらいまえの
農耕具や、おひつ、アイロン、洗濯板など
市井の人びとが日常で使っていたモノが展示されていて、
ある時、館のおじさんが
こっそり脱穀機を動かさせてくれたりして♪


いつ行ったって誰もいない
ホコリ臭い資料館で、
ある時、あっさり取り壊されちゃった。




▼化粧室わきに見えた裏すきま。

かめに溜まった水に景色が映り込んでいるのは
偶然か、演出か。




1階の売店で、
石川昌弘さん作のガラス食器と、
最近集めているスッカラ(韓国のさじ)を購入。

無料駐車場が5台あります(受付で申告)。

*--------------------------------*

ところで明日はライブ。
リコーダー(ソプラノ・アルト・バス)、ティンホイッスル、
鍵盤ハーモニカ、メタロフォン、コーラスをやります。
すでにチケット完売です(ありがたやー)。

急に追加になった3曲を今から覚えます!
覚えられなかったら懐かしの睡眠学習で覚えます! 



2015年4月9日木曜日

ご自由にクリスマスローズ


クリスマスローズ、切りつめました。







▼で、家の前に置いてみた。




丈が伸びちゃったシロタエギクがあったんで、
大根のツマ的に添えてみました。


しかし、時すでに夕方の4時30分  (^o^;)遅い!

しかもウチの前は
5分に1回、人が通るかな?程度の住宅街。


日が落ちるまでに何人が気付くかな……
と思いきや、置いてすぐに話しかけられた♪


通りすがりのおばあちゃん。推定85歳。

「これ、タダでいいの?」

「あー、いいですよ~」

「造花?」

「いや、庭に咲いてた花ですよー」

(ここの近所の人、なんかよく
「これ造花?」って聞いてくるよなぁ)


で、おばさま、嬉しそうに
容器ごと手にとった!

「あ!すみません、お花だけなんです」

「え? お花だけ?
この入れ物に入っているのがよかったのに」

「これはJマートで売ってます……」

「なーんだ。じゃあいいわ


と去って行きました。

お花じゃなくて青い容器が欲しかったのね……

ひゅるるるる~(心がさまよう音)



うぬ。紙の書き方が悪かったのかな。
てか、まさか容器ごと持っていくなんて想定してなかったぞ。
「容器持っていくな」的なことを
どう書いたらいいもんだろか?


遠回しに否定を伝えてくる人のことを
普段から「ズルい大人」カテゴリーにぶっこんでるせいで
こーゆーときに
うまい言い回しが思いつかない
お子ちゃまな あたいちゃん (;´Д`)ゞ


とりあえず「ご自由に」のうしろに
「お花」と書き足し&容器にヒモ引っ掛けてから
いぬ君の散歩へ行ってきたら、

▼おー、減ってた!!



意外と嬉しいな。
明日、また出してみよう。


2015年4月8日水曜日

オードムーゲ、はじめました


薬局の店先って、いろんな文字が並んでるよね♪

「水虫」
「肥満」
「口臭」
「子宝体質」
「便秘」
「おねしょ」
「すっぽん」

力強い字体で店先にズラリ。

旅の途中に見かける、地方の薬局などでは
店主のスパイシーなセンス全開!
「ぢ」「ぢ」「いんきん」「ぢ」「ぢ」などと
挟みこんでみたりしてさー。


あー、ところでちみは
オードムーゲを知っているか!?


▼薬局の店先ののぼりを見たことあるかい?



口にだして読むと
より一層ゲジゲジ感がわく
オードムーゲ というネーミング。

「パピプペポ」と「らりるれろ」をかきまぜることで
子供や女性好みに仕立てるのはよくある手法だけど、
「オードムーゲ」だなんて
ふんわりカワイイの真逆の響き。


ということは男性向け商品?

昔から時々目にしている「キヨーレオピン」同様、
その正体は不明だが

なにかがギンギンしそうな
精力的な響きだ。

オードムーゲ!


そっち系の秘薬に違いない。

子どもに「ママ、オードムーゲってなに?」と訊かれたら
なんて答えたらいいんだろう?

「それはね、オットセイとスッポンと
トナカイの角とマムシのエキスで作った
バッキバキな味の、
パが毎晩飲んでる汁のことよ」

みたいなことでいいのかな?



が、このまえ、近所のマツキヨで
「オードムーゲ、はじめました」のPOPを発見!

平日の昼間、
いやらしいオードムーゲなんぞを品定めしているところを
近所の人に見られた場合を想定して、
あえて売り場をいったん通り過ぎてから
振り返り気味に半身の姿勢で見てみたところ、

オードムーゲの正体は
薬用ローションでした。



マツキヨの店員さんによると、
オードムーゲは戦後すぐから売られている
歴史ある消毒系の化粧水だそうで、
ニキビ肌の殺菌のみならず、
ふきとり化粧水やプレ化粧水として人気なのだそうだ。

「試してみますか?」と
コットンを用意してくれたので
顔を拭いてみたら(化粧してなかった)、
白いコットンがすぐに薄汚れ……

▼買ってみた。160mlで1000円くらい。



で、帰宅後にシャワー入って洗顔してから、
改めて拭き取ってみたら。


やっぱり薄汚れた!!(↓うっすらだけど見える?)



ひょえ~~
洗顔したあとなのに
なにが拭き取れてるの!?

毛穴につまった黄砂とかPM2.5とか?

もう、ビックリです。
すごいモノと出会ってしまった!


でも実は、日本最大の美容サイト@cosmeでは
とっくの昔に話題になっていたそうで、


しかもあたいが書いたのと同じく
「精力剤かと思った」「養毛剤だと思った」 かーらーの
「実際に使ってみた!」話を書いたブログも
よくあることが判明。


今ごろ言ってるようじゃ遅かったか。ははは……(;^ω^)


2015年4月7日火曜日

ひっかけ問題?


近所のスーパーがまたやらかしてたので
ご報告いたします。


▼値引きシールが、結果的に割高シールになってました!



78円の商品なのに
95円で販売しちゃってます♪

うっかり
「あ、値引き品がある♪」って手にとっちゃったよ。

危っぶねー。

ひっかけ問題かよ!!


またさー、「3%引き」ってのも(笑)
98円から3%引いたって95円…… どうなん?


そういえば以前。
45円のモヤシに50円引シール、貼ってたな~(^o^;)





それと、これはもういつものガッカリ光景なんだけど

▼ここのスーパー、
直射日光のあたる場所で野菜を販売するんだよね……



このときは新たまねぎが煮えちゃったのかな、
ちょっぴりズルグニャっとしてたよー

新たまねぎさんは
グニャッっとして捨てられるために
冬を乗りこえ育ってきたんじゃないんだかんね! (。>д<)


あ、でもあたいもよく
野菜室でお野菜ダメにしちゃうけどね。



↓ よかったら他のやらかしも見てってね。

■ ネジがゆるめ
■ ロシア人気分で
■ またキャベツ
■ 今度は納豆
■ 意外にも塩対応
■ ここはどこ?
■ 返品できません
■ とぐろ系ブリ
■ セクシーか





2015年4月6日月曜日

サクラ以外



▼もうギボウシが!?






▼ローズマリー&ユキヤナギ






▼木の葉っぱ。かと思ったら
ハナミズキに似た、ガクのようだった。







▼こーゆーの、よく見かけるけど、なんか不思議。





▼菜の花がいっぱい!



----------------------
(※2015.6.13に追記 訂正)
↑の黄色い花は「菜の花」というよりも
正確には「芥子菜(カラシナ)」なのだそうです。
深大寺の栗さんから教えていただきました( ´∀`)センキュ
名前の通り、おひたしにするとちょっぴり辛いそうですよー
----------------------


♪菜の花ばたけに~
と来れば、歌曲『朧月夜』。

『朧月夜』 作詞 高野辰之、作曲 岡野貞一

菜の花畠に入日薄れ
見わたす山の端(は) 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて にほひ淡し

里わの火影(ほかげ)も
森の色も
田中の小路をたどる人も
蛙(かわず)の鳴く音(ね)も
鐘の音も
さながら霞める 朧月夜


さて。
あやしい情報も多いウィキペディアだけど、
『朧月夜』の歌詞についての解説は
おもしろかったよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A7%E6%9C%88%E5%A4%9C_(%E6%AD%8C%E6%9B%B2)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 抜粋 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詩は1番2番とも脚韻を踏み、
各行4+4+3+3音で構成されている。
特に2番の「も」音の繰り返しが音楽的である。
初めの2行に視覚的描写を置き、
第3行で体性感覚、聴覚に言及し、
最後の1行で締める起承転結の一種ともなっている。
岡野はこれに弱起で始まる3拍子のリズムをあてはめている。

---------------------------------------------------

と。わかるような、わからないような(笑)

でも、ちょっと賢くなった気分♪


昔の唱歌は「情景」を描いているものが多く、
どんな思いを重ねるかは
それぞれに委ねている、というのが
自由でいいと思うな。

井上陽水の『少年時代』も
ほとんど「情景」を描いているだけなところが
かえって万人の思い出の夏に当てはまって、
みんなに愛されているんじゃないかね?




2015年4月5日日曜日

桜日和


三鷹市政100周年(平成元年)に建てられた
平和記念像のある公園へ。

「長崎の平和の像とそっくり」なのは
それを原型に作ったから、なんだって。





桜の名所、というわけでもないけど
ま、こういう「ウチの近くの公園へ桜を見に行く」っていう
気楽さがいいよね。





▼カモものんびり♪ 






▼とろみ感♪






▼ふつう。だからこそ、「いつかどこかで見た、懐かしさ」。






▼仄暗い桜の木の下に入ると、菜の花が輝いて見えて。






▼川面もまた、桜鑑賞の楽しみのひとつ。





▼やわらかい 春の空色 桜日和



こんなのんびりした空気吸っちゃうと
毒がぬけるな~







ここの近くにある大学病院から、
お医者様や看護師さんたちが
ベッドに寝たままの患者さんを連れてきてあげて
お花見をされてました。

もしかしたら……人生最後のお花見なのかも。

でも、そんなしんみり感はみじんもなく
患者さんも、看護師さんたちも
みんなで楽しそうに笑顔で
花吹雪に はしゃいでました。



2015年4月4日土曜日

クレアでスコーン


素敵なゲートにお出迎えいただいて、






クレア Home&Garden (東京都日野市)へ。






▼使い捨てなんてもったいないほど素敵な
オリジナルデザインの紙製マット。






▼クレア、といえばのスコーン。
アツアツ、カリカリ、サクッとしてシットリで美味しい♪

ミルクはイギリス式に「先入れ」ね!(ピンボケ)




臆面もなく本気でツラ皮厚くして書くけど
あたいはね、
自作のスコーンが大好きなの。(でた!)

そりゃー
自分好みに作ってるんだから
あたりまえなんだけどね (;^ω^)


このお店のスコーンも好き。
なにせアツアツだし♪


あたい、アイルランドで
美味しいスコーンに目覚めてしまいました。

アイルランドは
イギリスよりも紅茶の消費量が多く、
世界でも1、2の紅茶好きな国。

だからスコーンもいろんなタイプがありまして
そのなかで1つ「これだ!」という
スコーンに出逢ってしまい。

(コンサーティーナ奏者
クリス・ドローニーChris Droneyさんの
おうちでいただいた、
奥様の手作りスコーン)


「あの時のスコーンをまた食べたい!」の一心で、
帰国後、そのスコーンを思い出しながら
レシピを完成させたのだ。

(そういえばアイルランドで2週間ほど滞在していたのは
奇しくもこの店の名前と同じ、クレア地方だった)



当時、日本でクロテッドクリームは手にいれにくかったんで、
オリジナル製法で自作にチャレンジしたりしてさー。

生クリームの賞味期限を無視した
完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


モンゴルの遊牧民直伝の
クリームを濃くする方法をアレンジした
完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


作り方は簡単なんだけど.....

ここに書いていいのかな.....

えっと.....


ナカザワの45%生クリームを
未開封のまま冷蔵庫の奥の方(動かさない場所)で
1か月以上放置するだけ。

完全オリジナル製法の
まめ吉式のクロテッドクリーム。


みんなもやってみてねーー!! \(^o^)/

(やるかーっ!)




▼お店の方がサービスで
サンパルなんちゃら(?)とかいう
チリのお菓子をくださいました♪

卵風味の、ちょっと弾力のある
ナボナみたいでした~







▼2階の窓からのお庭の眺め。
あー、隣近所が離れているだけでもうらやましい。









2階ではイギリスの雑貨などが。
ミルクペイントなどのオシャレ塗料の品ぞろえが
素晴らしかったです。



▼カフェを出ると、






ガーデン~♪

▼この、水が流れているかんじが
イギリスの村っぽくていいなー。






やりすぎてないところが気楽でいいかんじ。




裏庭には石釜(っていうのかな)が。
お店で買える自家製パンとか焼いてるのかな?




またバラの季節に行きたいです。



そのあと、近くの『with Garden日野店』

昭島綜合園芸センターへ行って、

でんきち小平店で、ふとテレビ買って帰りました。



先週、花き市場でコンテストがあったそうで
昭島綜合園芸センターには
受賞した花苗がいくつも売られてたよん。



2015年4月3日金曜日

葉の蜜だってばさ!


ちょ、ちょっと聞いてよ。

昨日もブログに書いた
「バラの葉蜜」のことを電話でママンに話したわけ。


あたい「バラに葉蜜がでてさー、ペラペラ……」

ママン「え? バラに何がでた?」

あたい「葉蜜(はみつ)

ママン「 ……  『Her Meets you』?

あたい「ちがうよ、バラに!はー・みー・つー!」

ママン「バラに…… 『I miss you』?


えぇーーーー!?
日本語しか話せないおばはんが
まさかの英語で聞き間違い!!


無料通話で音質が悪かったとはいえ(笑)



そういえばさ、以前も書いたことだけど、
(こちら→■2014年1月2日「聞き間違い」)
昔、空耳アワーみたいな番組をみてたときのこと。


オフコース(小田和正)の名曲
『言葉にできない』の歌詞、

♪あなたに会えて 本当によかった

のつづき、
『うれしくて うれしくて』の部分を
『Fresh goodday、fresh goodday』とする
聞き間違いが投稿され、
世間をザワつかせたことがあったよねー。


小田さんならそう唄いそうな気もするし(笑)


日本人が
日本語を聞いて
英語に聴こえる。


あたい的には『Fresh goodday』に匹敵するくらい笑った
今回のママンの聞き間違い。


ちっきしょー、
あたいがバラの講義をすることがあれば
ぜーったいネタにするのにな~
そんな機会はまず無いよな。



おまけのコーナー。
本日の「捨て画像」をどうぞ。


▼「れ」もアレだし、「ま」もヘタ。



みの吉もあきれ顔




▼ハトもイヌも西を向いたまま動かない図

♪西にはあるんだ 夢の国ニンニキニン




2015年4月2日木曜日

バラの葉蜜


この時期、バラがグングンと大きくなってるね。

冬剪定して
つい最近までただの枝だったのに、

「あれ? 昨日よりまた大きくなった?」と判るほど
ツボミも毎日ふくらんでいる。


斑入りの葉っぱが特徴のバラ、
ヘルシューレン
花のないこの時期から目を楽しませてくれる。





さて、バラ【プリ・P・J・ルドゥーテ】。

▼葉っぱの先っぽから透明の汁がでででででている!?






▼触るとベタベタする..... 蜜きゃ?




舐めてみたら 甘かった!!



うちにはバラが6種類あるけど、
葉蜜がでているのは【プリ・P・J・ルドゥーテ】だけ。


モッコウバラに葉蜜がでるのは知ってたけど
普通のバラでも出るんだね♪
プリたん♥


なーんてほんのりしている場合ではない。

蜜が出てるってことは
モッコウバラみたいに
アリが寄ってくるってことじゃないのか!?


毎朝、せっせと

舐めてたおしてやっぞ!!

(後日追記 その後、一匹も虫は寄ってきませんでした)


『葉蜜』を『Her meets you?』と聞き間違えたバカ話は → こちら



2015年4月1日水曜日

ユキヤナギ 2015


日記を見返していたら、去年の今日、
「サクラとユキヤナギを見に行った」と書いてあったので

神代公園(東京都調布市)へ行ってみることに。


▼桜の花びらを追って進むと、






▼深大寺裏の穴場スポットへ





うぬ、ひと気がなくていいぞー!





去年も書いたけど(桜【近所の穴場】)、

やっぱサクラの足元は草がいいー!!



「草がいい」というか、
草とか川とか畑とか、自然の中のサクラがいい。


▼青空もいいけど、春霞な空の
淡いコントラストのほうが静かで好きですな。









近づくにつれ感じる
ユキヤナギのパウダリーな香りを
すーはー すーはー♪


▼はれ? みの吉がなにかやっている?






▼振り返ったお鼻にユキヤナギ 一片つけてた。




▼目の中にあたいが写ってる♪
目ヤニついててもカワイイな。




「カワイイ!」と思わせることで
ゴハンもらえて、介護してもらえて。

ペット、偉いな。



■ 去年の→ ユキヤナギ2014