2016年8月28日日曜日

しばし休止


レンゲショウマの連載中ですが、
昨日、焼肉食べたあと
胃痛のため一時休止です(´▽`;)ゞ

元気になったらまた書くね~


それまでの間、
下の2枚の写真どっちが好きか
よかったら考えてみて(^o^;)








似てるけど違くて。

こんなふうに「どっちを載せようかな~」と
悩むことに時間をとられがちの
最近の写真ブログです。

イテテ……



2016年8月26日金曜日

しずく会 御岳山 ①日本一の群生地へ

やほ。

しずくさんの女子会で
御岳山へ行ってきたよー!


御岳山(みたけさん 929メートル)は
高尾山と並んで
「都内で日帰り登山できる人気の山」どすぇ。


土日はホリデー快速電車が出るので
三鷹駅から乗り換えなしで
ちょっきり1時間で着くんどすぇ。


ケーブルカーやリフトで途中までいけるし
道もよく整備されてるから、
「この世から無くなってほしいモノ:階段、坂道」の
あたいでも大丈夫な山なのよん。



なーのーに。

雨……  大雨…… いやん。 


まだ3時過ぎなのに▼この暗闇。



↑ここに至るまでの怒濤の1日を
書いていくよー!おーっ!



まず朝10時に青梅線御岳駅に集合。

この時点ではyahoo天気予報では
青梅地方、雨は昼ごろ止む予報でした。
(先に買いとく。ハズレました)




この日の参加者は
しずくさん、あっこさん、せっつさん、ポチさん、あたい。


雨の予報にもめげずに
全員集まりました (^o^)!スゴイネ

そう、あたいも
「雨で煙ぶってイイ雰囲気なのでは?」と期待して
出かけたのでありました。



御嶽駅前のバス停から乗って
御岳山駅のバス停で降ります。


▼バスのシート。踊る文字に心もウキウキ♪




バスを降りてから
ケーブルカーまでの250m、
このしょっぱなの上り坂が急坂でねぇ。

あたい、左足首だけ手前に曲がりにくいんだけど
その稼動範囲をこえる急な坂道の登場に
うしろ向きやらジグザグで登りまして……

「やべ、このあと大丈夫かな?」と焦ったけど
ド頭のこの坂がこの日の一番の急所でした (´▽`;)ゞヨカッタ!



▼ホウホウノテイでケーブルカーに乗り込み。
この駐車場にバス停が来てくれたらいいのにな(笑)





7年前の8月29日。
みの吉(犬)8歳の誕生日に
このケーブルカー&リフト(抱っこ)に乗りました。

ちゃんとペット切符があったのが可愛くて
捨てられなくてとってあんの。




みの吉のやつ、2本足で立ったまま
窓の外をずーーっと眺めて終点まで。





時おり、なにか嬉しそうに目をキラキラさせながら
振り返ってあたいの顔を見上げてねぇ。

周囲の人に「かわいい!」の拍手をいただいて
写真も撮ってもらって楽しかったよね!





なーんてことを思い出しながら
号泣して、嗚咽して、鼻をかんでいたら到着。(ウソ)



このころさらに雨が強くなっちゃって
みなで泥水階段を前進。

頭の中では『コンバット』『戦場にかける橋』
テーマ曲が鳴り響きます。


▼再生しながら読んでくださいまし



(子どもの頃、このドラマにハマって
雨の日に庭でほふく前進の練習をする幼い姉妹であった。
戦争ドラマだけどけっこうおもしろかったです)



足元の悪さに不安を感じ、
傘はもう閉じて必死ぶっこいて登りまして。





▼振り返るとこんな。
こんなところでツルッと足を滑らせたら......おえーっ!




これはチョコレート汁なのよっ!

今あたい、お菓子の国
ハイキングしてるんだわっ!


とか、

あー、小学生のとき
遠足の「行き」ですでに疲れ果てて
「お腹が痛い」とズルして
先生のクルマで帰ってきた罰なのだ、きっと。


……などと、妄想やら懺悔やらしつつ
足元だけを見て登っていくうちに
いつのまにか
『日本一のレンゲショウマ群生地』に到着しました!






▼煙ぶってて素敵~♪
なんだかすごく山深く見えるなぁ。
ケーブルカー降りてほどない場所なのに。




レンゲショウマを
絶滅危惧種に指定している地域もあるそうだけど
ここではドーンと群生してました。





数日前に下見に来たてくれたしずくさんの予想では
もっと満開に咲いているはずだったのに??とのこと。

あとで売店のおじさんに伺った話によると
この3,4日前に来た大風雨で
花が散ってしまったのだそう。






数は少なくも
生まれて初めてみるレンゲショウマは
とても綺麗で。



キンポウゲ科。
クリスマスローズの親戚らしく
うつむきがちに咲いてます。

4cmくらいの大きさ。


ぼんぼり玉のようなツボミも、
花びらが落ちたあとの、電球笠のような形も
いつ、どの状態でもイイね!









▼こんな植物や、





▼こんなのもあった。しずくさんが
名前を教えてくれたけど忘れちゃった(;^ω^)






▼「背景が抜けてていいですよ」と
しずくさんが教えてくれた被写体。



しずくさんはピントばっちりで撮れてるんだろうなぁ。



雨はますます強くなり、
何度もぬかるみで足をシャーーっと取られたり
泥水に手をついてギリギリセーフだったり、
柵にしがみついたり。


まだ撮りたかったけど
いよいよあきらめて
休憩センター(?)のようなところで雨宿り。


ここではレンゲショウマの写真集なども出されている
まえのかつみ氏のパネル展示を拝見しつつ
窓の外を見やると▼この状態。





足元悪いなか、下りは不安ということで
リフト(¥100)を利用することになりました。



これはこれで楽しかった!



雨の日対策として
ビニールシートのひざ掛けを貸してくれたりして
レディーにとても親切でしたよ!



▼われわれ以外には誰もいません……




リフトを降りた売店前に1鉢、
レンゲショウマがありまして
撮りやすいブツの出現に
カメラ組はバチバチ撮りまくりまくり。






▼あー、この電球ソケットのしずくを
もっと近づいて撮っておけばよかった。
かわいい!





さて、ここからは頂上の
御嶽神社を目指します。


▼看板文字にご注目。

レンゲショウマ、
「こっちも
ちょこっと群生中!!」だって。




「ちょこっと」、なのに「群生」!わぉ。


よーし、いきますよ~

(つづく)



2016年8月25日木曜日

ボツ写のボツ写


19日前にあった写真セミナー
提出できないボツ写真を
21日前に載せたわけだけど、

それにすら載せなかった
ボツ写のボツ写でもう1ネタいくぜ~


なぜならば
明日からの連載(予定)に向けて
ちゃちゃっとやっつけブログにしちゃいたいのだ(;^ω^)ゞ


なぜボツにしたのか
理由も併せて書いてくよ~♪
ただ載せるだけよりもイイっしょ?


まずはこちらから。



↑透過光がキレイだな~と思って撮ったんだけど
虫喰いの葉っぱが素敵に撮れず
結局なにが撮りたかったのか?という印象の一枚。






↑実物は迫力あったんだけど写真になると.....
木洩れ日とかあるとよかったのか?





↑ 葉っぱが光って白トビしちゃった。
うしろの木はちょい右にしたらよかったけど
どっちにしてもトキメキのない写真。






↑ これはさー

▼春に撮ったやつのその後を撮ったのだけど、



なんか黒くて男らしい写真になっちったぜ!チッ

あたい
自分の心そのままの
キレイでカワイイ写真が撮りたいんだもーん。






↑ 動き回る蝶やトンボを撮るのは
ギャンブルに似た興奮がある。
「来い!来い!キターーー!!」的な。

虫には興味ないあたいだけど
撮るのは楽しいです。

水が光ってたら可愛かったかもね。





↑ クモの糸がもっと虹色に輝いていれば。
クモ、怖いけど、絵にはなる。







↑ 光がここにだけ当たっていて、って
シロウトがアーティストぶいてやがる、って感じだよね(;^ω^)ゞ





↑ 背景はボカしたいし、ピントは合わせたいし。
兼ね合いがわからん。






↑ これもボカシとピントの兼ね合いが難しい。







↑ この、中心部だけフワフワしたクモの巣、
見かけるたびに「カワイイなぁ」って思う。

背景にちょっとオモシロい影が出ていたので
もうちょい撮りようがあったのだが
渦をまく蚊の大群に負けた後悔の1枚 ( ゚Д゚)







↑ うっそうとした感じをだそうと
あえて暗いかんじにして撮ったのは○。
でも手前の花に寄ったほうが良かったかも。


……と、そんなことを気にしながら撮ってます。

すご、自分の写真が相手とはいえ
悪口だと次々に言葉が浮かんできて
あっという間に書ける~♪



▼おまけ。
『写真募集中!』だそうで。
ちょうど説明文に書かれている靫(うつぼ)シーズンど真ん中!

これは撮らねば、と何枚も撮ってみたのだが、
あぁ、なんと募集は横向き写真でしたね……





タテ向きはたくさん撮ったのに
▼横向き写真はこんなんしか無かった。却下。





さて。
先週末、激しい雨の中、御岳山へ登ってきました。
明日から書けるかなー。どうかなー。


もし書けなければ
またボツ写真ネタにしよう。
ボツ写真なら50ギガほどもあるのだ!


2016年8月23日火曜日

しずくさんの写真

ちょいと、おまいさん。

こないだ紹介した
しずくさんの提出写真、見てくれたかにゃ?

まだみていない方は
▼まずはこちらからどうぞ。

『わくわくドキドキの写真セミナー』
↓ 写真をクリック
http://sion920.exblog.jp/26103351/

(おおっ、まるであたいのブログの格が上がったかのようだ(笑))


でもね、
提出しなかった写真たちも
すごくイイの。

しずくさんにおねだりして掲載してもらったので
ぜひ見てみてね。


『いがり先生の写真セミナー その後  春・夏』
(↓写真をクリック)
http://sion920.exblog.jp/26107765/



『いがり先生の写真セミナーその後 秋・冬』
↓ 写真をクリック
http://sion920.exblog.jp/26111417/



「まめ吉の写真とぜーんぜん違う」って
今、思ったそこのあーた!

あったぼーよ。

しずく姐さんはね、まだデジカメなんて無い時代から
一眼レフカメラ(銀塩カメラ)で撮ってたお人だもん、
そりゃ、あたいとはキャリアが違わーね。だーね。


フィルム時代にカメラを学ぶ、ってのは
1枚撮るたびに「F=5.6、露出=+1.7」と
メモを残して、現像に出して、確認して。

そうやって「撮る」感覚を
叩きこんで叩き上げてきた叩き込みのお方だもん。
そりゃ、あたいとはが違わーね。だーね。


たくさんの人に慕われていて
しずくさんガイドの女子会(主に青梅や奥多摩)には
わざわざ山梨、千葉、神奈川からでも
朝早くから集まるの。


写真も良いし、
美人で、たまにおっちょこちょいで
チャーミングだしね♪

そりゃ、あたいとは
何もかもが違わーね。だーね。


あたいの、ここ数年の
『素敵なおねえさん』に出逢える確率、
すごいなぁ。

5年くらい前まで
「いいなぁ~」と思えるヒトって
平野レミ(テキトー加減)、
デヴィ夫人(ちょっとあーた)とかだったあたい。
将来の自分の方向性を少~し間違えるところだった(笑)


何人かの素敵おねえさんたちに出逢えて
軌道修正できて良かったデス(//∇//)



2016年8月22日月曜日

クイズの答え

昨日のクイズの回答ですよ~

問1
白い犬・黒い犬・赤い犬・茶色い犬のうち
一番おとなしい犬はどれでしょうか?

答:   黒い犬
黒い犬→黒+犬→黙=だまる、から。


問2
200円持って駄菓子屋に行き
20円の飴を5個買いました。
お釣りはいくらでしょうか?

答:  0円
200円=100円玉が2枚。
100円玉1枚で支払ったので代金ピッタリ。
おつりはない。


問3
「は」から「も」を引くとなにになる?

答: カ
「ハ」から「モ」を引き算する
→ハ-モ=カ(ハーモニカ)


問4
たくさんの荷物を抱えたお年寄りが
大変そうにバスに乗り込んで来ました。
しかし、誰一人として席を譲ろうとはしません。
なぜでしょうか?

答:空席があったから


問5
牧場に3頭の牛がいます。
1匹目は1年間に牧場の3分の1を、
2匹目は4分の1、
3匹目は6分の1の草を食べるそうです。
この3匹が牧場の草を食べ終わるのは
何年何ヶ月後ですか?

答:牧草はまた生えてくるから食べ終わらない


以上。

解けた問題があったかな?
「なにそれー!」な答えもあったかも?

問2や問5は
算数で解こうとすると間違えちゃうよねー。

おつきあいいただきまして
ありがとうこざいました~ (*^3^)/~☆




2016年8月21日日曜日

さて問題です


はい、昨日の予告どおり、
今日明日は手抜きブログです。
(ちょいと刺客に挑まねばならぬ)


でも手抜きなりに
どんな手抜きをしようかなぁ~♪と
真面目に考えたのだ。偉いでしょ?(笑)


そうねぇ、ま、ここで一曲、
歌でもうたっておけばラクだーね。
歌詞かけば終わりだもん。

でもなぁ、その手は以前にも1度使ったしな。


……と、いかん、いかん、
手抜きのはずが
書きはじめてしまっているではないか!


普段、犬としか会話してないゆえの
♪わたし心はおしゃべりだっわ~病なもんで
書きだすと次から次に思い浮かんできて
あれもこれもと……

じゃないってば!
マジでストップ ザ シーズン・インザサ~ン♪
(結局、歌う)


えーっと、このたびあたいが思い付いた
手抜き名案はクイズです!

1日目 問題を載せる
2日目 回答を載せる


ね、ね! すごくない?
クイズだけで2日間もネタがもつよ。
忙しいときにピッタリ♪(´▽`*)\(-""-;)コラッ


ではいよいよクイズを出題しま~す♪
すべてトンチ思考でお考えください。


問1
白い犬・黒い犬・赤い犬・茶色い犬のうち
一番おとなしい犬はどれでしょうか?


問2
200円持って駄菓子屋に行き
20円の飴を5個買いました。
お釣りはいくらでしょうか?


問3
「は」から「も」を引くとなにになる?


問4
たくさんの荷物を抱えたお年寄りが
大変そうにバスに乗り込んで来ました。
しかし、誰一人として席を譲ろうとはしません。
なぜでしょうか?


問5
牧場に3頭の牛がいます。
1匹目は一年間に牧場の3分の1を、
2匹目は4分の1、
3匹目は6分の1の草を食べるそうです。
この3匹が牧場の草を食べ終わるのは何年何ヶ月後ですか?


以上です。

『問』の色を、先日紹介したわが家のバラ
コーヒーオベーション色にしてみたよ。
んもう、その発想がオシャレだよね~
(単に流用しただけの手抜き……)


くりかえし言うけど
全てトンチ思考でね。

回答は明日。
ハバナイセー!!\(^-^)/



2016年8月20日土曜日

今年のミニトマト


5月のゴールデンウィークに植えたミニトマトは
もう収穫を終えて引っこ抜いたけど、

6月に植えたミニトマトは
まだいくつか採れてます。



散歩の行き帰りに みの吉にあげます。
これが欲しくて小走りで帰宅してきます。



さて、今日はこれにて。
雨ふる山へおでかけなのだ。

明日とあさってはさらに手抜き記事だよん。
おったのしみに~! ニンニン(^人^)


2016年8月19日金曜日

アスリートは皆すごい


吉田沙保里選手......無念(/ω\)

あたいさー、前回のオリンピックで
金メダルでよろこぶ吉田選手のマネをしすぎて
ヒジ悪くしたほどのファンなんだよね(^o^)/
(ファンの基準がおかしいですか?)


前回のオリンピックで
いったん引退を決めてからの今回リオへの道のりは
本当に大変だったと思う。



↑ このお兄さんとお母さんの表情ったら!

泣く妹、泣く娘が
もう可愛くてしかたない、という愛情の笑み。
ほんと、よくがんばったよね。

あたいなんてこれまで生きてきて
吉田選手の1日ぶんくらいも
運動したことないな、きっと。

それを子どもの頃からずっと毎日(;つД`)


元柔道選手の篠原信一さんが
こないだ言ってたけど、

「金メダルを獲れそうな選手が
銀とか銅とかだったときに
一般の人やマスコミが『おめでとう』と言うことは
選手も理解できるんですよ。

でも同じアスリート同志で
「銀メダルおめでとう」と言うことは絶対にないですね。
せいぜい「お疲れさま」って言えるかどうか、ですね。」

とかなんとか。


ホントにねぇ、
吉田選手に対しても
銀メダル云々よりも
本人が金メダルが欲しくて頑張ってたんなら
取らせてあげたかったなぁ、という
親心のような気持ちでおりますです。


同じように、
伊調馨選手や内村航平選手たちには
金メダルが獲れてよかったね、ということより
欲しかったものがとれて嬉しかったよね!という
親心のような気持ちです。


ま、ご本人たちは
金メダル獲っても
「納得いく動きができなかった」とコメントしてたけど。

そう、多くのアスリートが、
メダルはともかく納得できたかどうか、
つまりは自分との戦いなんだよね。


だから、浅田真央選手が
ソチ・オリンピックでのフリー演技のあと
「メダルは獲れなかったけど
納得いく演技ができて良かったです」って笑っていたのも
そういうことなんだと思う。


レベルの高くない演技構成で
高得点をとったキム・ヨナ
美しく完璧な演技で金メダルをとったのに
他国の選手から尊敬されないと報じられるのは
アスリートたるもの、的なものがあるのかな。


まぁ、荒川静香が金メダルとった時も
難しいワザに挑戦しない演技構成を
美しく滑った結果であって、

「絶対に金メダル」と言われていた
スルツカヤ(ロシア)は
難易度の高い演技で転んじゃって結果3位。
会見では笑顔で「That's life(それが人生)」とコメント。


荒川静香の演技は
今みてもウットリするほど清く美しく
何度見ても拍手しちゃうけど、

スルツカヤを応援していたあたいは
「え?荒川のあの難易度でも金メダル?」とか
「え?男子なのに4回転飛ばなくても
ライサチェックが金メダル?」って思っちゃったわけで。
(2位のプルシェンコも当然怒ってましたね)


高校の数学で80点とる努力よりも
小学生の算数で100点とるほうが
評価が高いというか。
Teamキム・ヨナはそこに目を付けたのかもなぁ。


浅田真央が
ギリギリ跳べるトリプルアクセルに挑む
アスリートな精神は尊いと思うし、
でも勝負という前提ならば
キム・ヨナを「ズルい」と
責めることもできないわけだ。
(ま、出来る範囲のことを丁寧にやったと解釈するなら
逆に「謙虚だ」とも言えるわけで)


柔道ならぬJUDOなんて
正々堂々の勝負よりも
胴着の乱れも正さずに小ワザで得点を稼ぐという
競技に成り下がってしまって
国際大会を見るにつけイヤになる。


剣道は、柔道のソレを見てるから
オリンピック競技にはしたくないと
申し入れを固辞しているとかなんとか。
本来、柔道も剣道もスポーツではなく武道だったはず。
もし剣道がスポーツになったなら
『残心』という精神的な判定などなくなり
ただの東洋フェンシングになってしまうことでしょう。


そーいえば
吉田沙保里選手も、
元選手の浜口京子しゃんも、
普段のトークのときは
女の子っぽくてカワイイよね。

卓球の石川佳純選手が
4年くらい前に
とんねるずの『食わず嫌い王決定戦』で見せた
北京ダックの食べ方、
おもしろくて可愛かったなぁ。

両手で、リスみたいに食べるんだけど
「噛み切れない」という理由で
ものすごい速さで、一気に
パパパパッと口の奥にタテ食い。

わが家のブルーレイの「おもしろ」フォルダーに入ってます(笑)


石川佳純選手なんてさ、
リオオリンピックが終わって一番やりたかったことが
「ネイルアート」だってよ?(涙)
そんなことすら「おあずけ」にして、と思うと
もう尊敬しかありません。


以前さ、「なんも言えねぇ」「超きもちいい!」と言った
北島康介選手のことを
「こいつ、絶対これ言おうって考えてたよね」などと
ワイドショーの芸能人スキャンダルに
あれこれ言うのが生きがいなオバハンが言ってたけど、

たとえ本当に事前に「そう言おう」って考えてたとしても
金(かね)でも名誉でもない、
そんな「たった一言」が言いたいがために
どれだけ頑張ってきたのかを思うと
涙がにじみでてくるあたい。
尊敬しかありませんっ!


過酷だ……アスリート道。

はぁ~あたい、
アスリートに
ならなくてよかった♪
(はぁ?そもそも「なれない」でしょ?)



ところで。
緊急速報、っていうの? 
『金メダル獲得』とかあったときに出るやつ。

あれさ、
今、試合やってたチャンネルでも出るよねぇ。

▼多くの人が
「今、見てたがな!」「知ってるがな!」って思ってる、はず?



あれ、なぜか福原愛ちゃん選手が
殴られているかのような......?



リオ・オリンピックの合同CMで言ってるアレ、
「4年に1度じゃない、一生に一度なんだ」とかいうセリフ、
選手にとっては本当にそうなんだなぁと思う。

あぁ、オリンピック、
大好きだ~っ(^o^)/


※なお、本文は個人の感想です。
ご意見はご自分の土俵でどうぞ(=^・・^=)


2016年8月18日木曜日

笑う犬の生活

ペットや子どもを写真に撮る時には
連写で撮るのが定石だーね。

んなもんで、毎日みの吉を
連写しまくりまくるわけですが、

▼カメラからデータを吸い上げるとき
なんかカワイイんだよなぁ~(=^・・^=)!!




これがさー、

口あいてれば笑ってるみたいに見える

ってもんでもないんさ。



▼こちら、ただのハァハァ顔





▼これは嬉しいときの顔 ((´∀`*))アハッ




目と口角が違うんだよねぇ~(^_-)/☆


基本的に鼻呼吸のみの吉。
いつもお口を閉じてるのがお行儀よかったんだけど、
加齢とともに息が上がりやすくなり
ハァハァしがちです。

室温が27℃に達したとたん
ハァハァするので
わが家では一日中26℃+扇風機。

あたいはいいんだけど
ダンナは長袖を着てます......



ところで。

下半身マヒのみの吉。
ずっと車イスに載っていられるわけじゃなく
一日で合計1時間くらいまで。


車イスに載っていないときは
こんなふうに過ごしてます。





車イスで遊び過ぎたあとは
▼疲れてプルプルしちゃいます。

そりゃそうだ、前脚だけで
歩き回ってるんだもんね。

飼い主に似てガンバるタイプだよね~みの吉!





▼おいおい、そんなに見つめるなよ、
カワイイぞ~♪ と思ったら、



↑ウンチしてまちた。。。


やりなはれ、やりなはれ。

夏は洗濯物がすぐ乾くのだけはイイよね。