2016年12月15日木曜日

ナメクジ系ホッキ貝

ここ数日、連載している
エディブルフラワーについては
「料理する気力がわかない」ということで
いったん停止。


ネタに詰まったこんなときには
頼みの綱のアレ。
近所のスーパーへGO~!


▼き、き、気持ち悪いカット!!



ほっき貝って
こんな細く刻んで食べるもんなの?

居酒屋とかで3つ切くらいのは見たことあるけど、

これじゃあ
太さといい、長さといい、
整列したナメクジにしか見えない。
口に入れたくないよ(。>д<)
そりゃ売れ残るってば。

食べやすく切るのは
買った客に任せた方がいいと思われ。


ここのスーパーは
やっぱり魚売り場に
独特のセンスの店員がいるやーね。

以前にも不気味なとぐろ系ブリだの
生臭さ推しをしてきたっけね。

食材がもの足らないスーパーだけど
ブログネタはそろってマス!(^o^;)


ついでに「北海道北斗市」のホッキ貝のゆるキャラもご紹介します。
「ずーしーほっきー」さんで~す。


http://localchara.jp/catalog/3295/


これまたラリッちゃってる目に
生々しい手足、
ポーズも不気味で
子どものギャン泣き間違いなし!(笑)

楽しいね~♪


↓ 「ダメなスーパー」のやらかしリスト

■ ネジがゆるめ
■ ロシア人気分で
■ またキャベツ
■ 今度は納豆
■ 意外にも塩対応
■ ここはどこ?
■ 返品できません
■ とぐろ系ブリ
■ ひっかけ問題?
■ 生臭さ推し

2016年12月14日水曜日

エディブルフラワーで(2)和菓子


昨日のエクレアのつづき。 

今日は和菓子編。


▼三色だんごに『お花野菜エディブルフラワー』。
昨日のマカロン同様、色合わせが楽しい。





▼鹿の子(かのこ)に。
全体に挿して花団子にしようかと
一瞬思ったけど
なにのお菓子か正体がわかってこそ。
このくらいのほうが品がいいよね。



「まめ吉のくせに品だなんて
ちゃんちゃら可笑しい!」
という空耳はさておき、


▼お次はきんつば。難易度高し。
どうやったらよかったんだろ?




あのさー、実はほれ、ちょっと前に
和菓子教室いったべ、あたい。
→ 『料亭の和菓子教室へ』


そんときのアフター食事会で
「和菓子の未来」的な会話になり、
食用花を取り入れたら?って意見を言ったのね、あたい。

そしたらさ
「すでに桜の花や葉っぱの塩漬けとか
使ってますけどね」
と講師の先生がおっしゃる。


ナーーンセーーーンスーー!

あれはあれで好きだけど
塩漬けじゃなくて
細胞の活きてる花や葉っぱだよ~!


だって和菓子ってなんかイキイキしてないじゃん?
柿だの椿だの季節を表現しているというけれど、
洋菓子のような
季節のフルーツのフレッシュ感がないってーの?


あたいもさ、年齢とともにあんこ好きになってきたんで
「死んだ食べ物」とまで悪く言う気は全然ないけど
とーにーかーく
みずみずしさが足らないっつーか、ね。


イチゴ大福を初めて食べたのは
小学生くらいだったかな。
ショーゲキだったよ!
でもあれ以降、あんまり進展ないよねぇ?

あ、大阪の一心堂の『フルーツ大福』は好き。
http://www.issindo-osaka.com/daifuku/
だれかお歳暮ギブミー(*^^*)



エディブルフラワーなら
簡単でキレイにフレッシュ感も楽しめるし
いいんじゃないかな♪

と。
で。
ま、和菓子の先生のお店へ買いに行った、というわけです。

うまくいったら
2月のお教室のときにプレゼンしようかなー!という
下心をたずさえて(*^^*)



▼んで、まぁ、こんな感じに。




やっぱお花入ると華やかどすなぁ~♪


でも。


でも。


▼フツーにこっちのほうがいい、かも(;^ω^)ゞ


るるるるるる~(心に寒風が吹く音)


で、数日後の健康診断へ向けて
これらの甘味は冷凍庫へしまい。



ほんで、もともと冷凍庫にあったほうの和菓子を
この撮影のために解凍しました。

▼10月に買ったので季節がアレだけど。




解凍してはみたものの
とんとイメージ沸いてこない。
栗に花をぶっさすなんて
違和感ありありだしねぇ。


で、

▼添えてみる。うぬ……





▼散らしてみる。野暮ったい。





▼黒パンジー。
有元葉子しゃんみたいな おっとりマダムが
「皆さん『あんこは黒色』っておっしゃる方が多いんですけど
こうして見比べますと
あんこはあずき色ってことがよくわかりますでしょ?」
とか言いながら盛りつけたら
「さすが葉子さん、素敵だわ~♪」とか言われるかも?(^o^)/




和菓子はやはり繊細だよね。
色のぼかしやジャパニーズモダンな形状を愛で、
あんこのかすかな渋みなど
奥深い味わいを楽しむもの。
コラボ難しかったです(-。-)y-゜゜゜


ま、昨今の食べ物業界で
「自宅で仕上げる」的な惣菜が流行りつつあるじゃん?
『お花野菜エディブルフラワー』は
そのへんに需要があるのでは、と思うんさ。

「あそこの和菓子屋さん、
練り切り買うと食用花を付けてくれるの」
ってだけでも
他店との差別化になる、かもね~。


で。
解凍した菓子はダンナに
夕飯がわりに食べてもらいました。
(世間の逆いく糖質オンメニュー)


実は月曜日から風邪ぎみで
今日は熱もでちゃってダウン中なんさね。

↑の写真はおととい撮ったもので
次は「お料理編」書こうと思ってたけど
食べ物のにおい、気持ち悪い......

お花さんたち、
復活するまで冷蔵庫の中でガンバって~!



2016年12月13日火曜日

エディブルフラワーで(1)スイーツ


『ムーランフリル』というゴージャス系パンジー。

1苗でもいろんな色の変化があるから
寄せ植えに1つでもいれると
すごく楽しめるんだよね♪



(秋の『園芸ガイド』に載ってた)


その見目麗しきイタリア貴族『ムーランフリル』が
な、なんと、このたび食べられる花と
一部生育されているそう。


『お花野菜エディブルフラワー』の講座へ行ってきました!

『試食あり』の文字で申し込み即決ლ(´ڡ`ლ)



講師はあの横山直樹さん。
以前、市の講座で
爆笑クリスマスローズ講座を受講したこともあり、
今回も安定のおもしろさ! → ■■■


エディブルフラワー(=食用花)は
ただ単に「農薬不使用」ってだけじゃないそうです。

毒性のない花、
薬を使わなくても丈夫に育つ花、
食べて美味しい花、などなど
いろんな条件をクリアした
食べて楽しむために生産された専用のお花です。

だから園芸店で買ってきたお花を
食べちゃだめですよ。
ホルモン剤や水銀系が残留してっからね!

薬剤はおおむね30日くらいで
分解されるそうだけど
矮花剤(小さく育てる)とかは長らく不安......
やっぱり食べない方がいいんじゃないかな。


あと、普段見慣れた親しみのある花のなかに
毒性の強い花もあるから要注意というお話もありました。
(クリスマスローズ、シクラメン、スイセンなど)



さて試食タ~イム!(試食の写真は後日ね)

まずはベゴニア。
かなり酸っぱくて
サラダに混ぜたらビネガーの代わりになりそう。
お米に混ぜて手まり寿司とかにも良さげ。

そういえば食べられる多肉植物
グラパラリーフも酸味があったっけ。
こーゆー肉厚系は酸っぱくなるのかな?


それから、まさかのマリーゴールド!( ゚Д゚)
花びら1枚でもかなりインパクトある香りだったけど
意外にも想像していたような
菊菊しさはなくて驚き。

かすかに感じる苦みが
かえって口の中をサッパリさせてくれるので
肉々しい料理や
ジンベースのカクテルに添えると良さげ。


他の花も食べたかったなぁ。
あたい、こーゆー、新食材(?)の
マリアージュ考えるの大好き♪
さすが、食べ物にはパッション爆発だわ、あたい(笑)

------------------------------------------------

で、試食後に某パーティーがありまして
帰りにおみやげで
ムーランフリルのエディブルフラワーを戴きました。


それがさ~、一緒に帰ったお二人に
あとで渡そうと3人分もらってきたのに、

急いでた電車のりかえで
あたいだけ乗り遅れちゃってアディオ~ス!


ということで
3ブーケ分をお持ち帰り~(;^ω^)ゞ



独り占めしちゃってちょっぴり後ろめたい......


なーのーで、懺悔のつもりで
今日から何回かにわけて
「エディブルフラワー使ってみた」レポートを書いてみるよん。

ええ、これは懺悔なの。
これにこじつけて
あれこれ食べようってことじゃないかんねΨ( ̄∇ ̄)Ψ



まずはやっぱり手っ取りばやく
スイーツとのコラボだよね!

とはいえオシャレ~なケーキなんぞ買ってこない。

庶民はやっぱり
コンビニスイーツ!

ダサスイーツを変身させるのだ!


▼ファミリーマートのチョコレートのエクレア。





▼袋から出すと、すでにこのガッカリ状態。




せっかく手間かけてクリーム絞ってるのに
フィルムで巻くなんて
しょせんコンビニスイーツよねっ。プンプン!


▼開発部門と流通部門のつばぜり合いを感じるわ~




そんなガッカリスイーツでも
『お花野菜エディブルフラワー』を飾るだけで、ほら!

コンビニスイーツに見えない♪




見た目だけじゃないよ。

コンビニ・エクレアって食感がないじゃん?
良く言えば「一体感」だけど
お店のエクレアみたいな
パリッとかトロッとかがなく
ただフニャフニャ・ムニョムニョと噛むだけじゃん?


そこへエディブルフラワーをのせるとあら不思議。
シャクシャクとよく噛むからなのか
よく味わって食べられるのが新発見でした。
ほのかな花の香りと
わずかな酸味?塩味?も加わってウマし!


正直いうと今までは
エディブルフラワーって
お飾りでチョロっと載ってるだけのもんで

だからなに?
わざわざお花
食べる意味あんの?

ってイメージがあったけど、

特にこのフリルのボリュームがあるパンジーは
食べ応えがあってイイね~
今回のコンビニ・エクレアのように
食感が単調なものに併せるといいと思うな。

ケーキ屋さんのオプションで
エディブルフラワーをセット販売したらいいかも。

----------------------------------------------

花びらの色や品種ごとに
日照加減などを研究して
エグミや苦みをコントロールされているそうです。

ちゃんと食材としても
価値のある花に仕上がってました。


カラフルなマカロン(ファミリーマート)に
花びらを飾る色合わせも楽しかったです♪


明日もエディブルフラワーで○○。
シリーズでいくよー!

なにせ3人分、あるからね〜 ღ˘◡˘ற♡.。oO


2016年12月11日日曜日

デイケアの花壇のその後


▼先月、生産者さんに仕入れにいった
デアケアの花壇用の苗。




翌日には植え込みにいって。

あれから3週間。
ふと思い出したことがある。


そーいえば去年すごく
ガッカリしたんだ、ってことを。

植えてから2週間後に花壇を見にいったら
あれま!ハボタンやストックが何本も
根元から刈り取られて
お部屋に飾られてたんだよね。


▼  ▼ これ、この写真! ▼  ▼






ガ━(゚Д゚;)━ン!!!


去年いたメンバーの2人は

「残念だけど花壇はデイケアのものだし」
「お絵かき時間にみんなに見てもらえれば」
「ハボタンなら切り花にしても長持ちするし」

と優しい解釈をしていたけれど、


せっかく予算をやりくりして植えたのに
たった数日でバチ伐るなんて
あたいは相当ガックリしたんさー。
→ 2015年『デイケアの花壇、まとめ』


そんなことが
あっりーのなもんで
今年、内心ドチドチしながら
花壇を見にいってみたらば
今のところ大丈夫でした(^o^;)/





▼正面になるこちら側は
パッと目を引くよう派手めに。




なにせ今年はあたい1人だもん、
元キレキャラ芸人として
はっきり言いましたよ、
植え込んだその日にデイケアの人に。


言わずにはいられない。
だって知らないだけかもよ?
「伐るのはぜんぜんかまわないけど
この時期に根元から伐っちゃうと
もう次は出てこない」って。


そうと伝えたうえ
伐るのならば
あたいにゃ文句はにゃい!


で、デイケアのかたに伝えたらば
「え?そうだったんですか!
切り花にしたら高くついちゃいまっすねー、
ありがとうございますぅ~」と\(^_^)/


あぁよかった。

同じ内容を言っても、
伐る前なら「気遣いの言葉」、
伐ったあとでは「不満の言葉」だもんね♪

さっぱり、明るく、
ペラペラッと言っちゃうもんね~だ。





ま、それでもお姫さま系ハボタン
お絵かきに使いたいだろうから、

鉢植えにしたものを土に埋めることで
スポ抜いて室内に持っていけるように工夫しました。


さっすがデキるオンナ、あたい!

車のナンバーは「1107」(イイ女)!
ま、ウソですけどね。


年内にもう1回、いけるかな~。
どーせそのうち行けなくなるし(みの介護)、
行けるうちは頑張っていこ。



2016年12月10日土曜日

月の写真、コツのようなもの


昨日のニュース、
アメリカ初の有人地球周回に成功した
元宇宙飛行士のジョン・グレン氏(95歳)が8日、
お亡くなりになられたそうです。

ロケットに乗って地球を周回したのが1962年!
実にあたいが生まれる○年も前に宇宙?
ひょ、ひょえ~~~(゜ロ゜;ノ)ノ





……ということで
存知あげませぬジョン・グレン氏を悼みまして
昨日、久しぶりに
月の写真を撮ってみた。



1/300、F5.6(Auto)、-3、ISO=100、5200K、250mm。


三脚なし。
っつーかベランダの物干しざおに寄りかかって
手持ちで撮影(;^ω^)ゞ


月写真は10年くらい前?に
何回か練習したことがあったけど
コンパクトカメラ(Canon PowerShot)だったので
当時はこのていどでした。



でもね、これでも
3万円程度のバカチョンデジカメで
月のクレーターまで写るなんて!と
当時は相当コーフンしたんだよね。

いや、当時っつーか
去年ですらコーフンしてたっけね。
→ 2015年6月『デジカメ修理』



で、そのころに会得した
月写真を撮るときの自己流コツが
いくつかあるんだけど、

一番のコツは
「夜、撮らないこと」でありました。

かといって朝でも昼でもござーせん。
「夕暮れの終わりの夜の始まり」
が良さげなのです。


というのは
夜だと「月の明かり」と「空の暗さ」の差がありすぎて
三脚なし&コンパクトカメラでは
うまく撮れなかったのです。


↑の月の写真はどちらも
一見、夜のように見えるけど
実際はカメラの設定を
上記数値のようにチョメチョメして
夕方撮った写真なのです。



それと、実際には
▼こんなふうに撮れたものを
トリミングしています。



空の余白を切り取って
月が大きく写るようにトリミング。

なぜならば、大きく写せるような
お高い望遠レンズなんて持ってないんだもん(=^・・^=)


カメラ買ったときに
セットで付いてきた
望遠レンズ(~250mm)しか持ってないもんで、
トリミングは庶民のつましい工夫デス♪

トリミング前提なので
画質は一番イイので撮りまひょ~



あとは
エッジに焦点を合わせる」

クレーターの凸凹を撮りたいなら
満月よりも欠けた月」

「手持ちで撮るなら
2秒後タイマーなどを利用して
すこしでもブレを防ぐ」

「ホワイトバランスを変えて
好みの色の月に写す
(青っぽい月、黄色っぽい月)」

「状況に合わせて
測光モードを変える」


などなど
安いコンパクトカメラ時代にたたき上げた
コツは他にもいくつかあるのだけど、


一眼レフを持ってる今、
そんなコツをコツコツしなくても
カメラがいろいろ考えてくれるし、
そもそもいい望遠レンズを買えば
済むじゃん!と思いながら、

今日もまた
洗濯槽の底にみつけた10円玉を
レンズ貯金箱に入れる
あたいなのでありました。


でもさ、月だけ撮ってもしゃ~ないよね。
ストーリーがないって~の?
誰が撮っても、どこで撮っても一緒だし、
いい機材(お金)次第ってんじゃ
からっぽだ。

やっぱ景色も込みの月空で
「おおっ!」って写真が撮りたいわけさ。


ちょっと前にも紹介したけど、
しずく姐さんの写真
『わくわく、ドキドキの写真セミナー』 は
見てくれたかな?

そのなかの3枚目の提出写真、
『劔岳黎明』みたいな月空写真を撮ってみたいけど
それには山を登らなきゃだしねぇ(≧◇≦)

御岳山頂でヒーハーしてるあたいには
ぜったいムリだ~ね。

年末ジャンボが当たったら
イケメンマッチョを募集して
どっかの山までエッサホイサ、
ラクして乗せてってもらおっと ლ(´ڡ`ლ)


2016年12月9日金曜日

ハナネコ女子会(4)雨催詩な青梅


ハナネコ女子会(1)朱紅の駅
ハナネコ女子会(2)照紅葉の散歩道
ハナネコ女子会(3)エメラルドと黄金の湖 

のつづき。




しずくさんのガイドは手際よく、
電車の時間にちょうどよく白丸駅へ戻りまして
鳩ノ巣駅へ移動しました。


▼ハトの印の鳩ノ巣駅。
木枠の窓、メルヘンな時計、
ランプも灯っている!







おなかが空いてきました(;^ω^)ゞ

当初は各自お弁当持参のランチの計画でしたが、
空もようが不安定なので
駅舎の近くにある喫茶店『山鳩』でのランチに変更になって。
http://www.yamabatonosu.com/cafe/

11名という人数なので
しずくさんが事前に各自の注文をとって
お店の方へ電話でお願いしておいてくださいました♪


▼あたいはパスタのランチ。
セットの人参サラダの
フレンチドレッシング(?)がすごく美味しかった~





ひとしきりオシャベリを楽しんだ後、
青梅駅へ戻って
いつものガーデニングカフェや
メタセコイアを見に行くことになりました。


ところが青梅駅に着いたら
あらら、いよいよ雨粒がポツポツ......

まだ3時半ころなのに
なんだか空も暗くて。


急遽、進路変更。
青梅駅近くで
しずくさんのシマ(笑)をめぐるコースになりました。


▼まずは青梅駅といえば、のパン屋さん、
『オーロール青梅店』で
ホテルブレッドを買い占めるわれわれ。


9月に書いた→ 『町のパン屋さん、オーロール』


店内を眺めていると、あれ?
なにやら見覚えのある商品があるなぁ。

あ。エメラルド湖で小休憩の時に
だれかから廻ってきたひとくちパンだ!


あ~、なるほど。
しずくさんが朝早く、わざわざ途中下車して
ここで買って持ってきてくれたんだなぁ。

しずくさんったら、そーゆーこと
言わないんだから......(*ノωノ)シクシク


で。

パン屋『オーロール』からすぐの
ステンドグラス工房『Minamo』さんを
チラ見して(定休日?)、


カフェ『ころん』へ。
古民家を改造した
日替わりオーナーのカフェ。

この日は「昼呑み居酒屋」の日だったけど
「お茶飲みもどうぞ」と快く迎えていただいたうえに、

▼裏庭のツリーハウスを上らせていただきました。













▼ブラッドオレンジのジュース、
すっごい美味しかった。
今度行ったらまたこれにしよう。








お店のかたが
「テーブル二手に分かれて座りますか?」
と気を遣ってくださったけど、
みんなで小さなテーブルを円く囲んで
車座に座り、まるでお炬燵みたい。

しずくさんを慕ってのハナネコ女子会、
みなさん、知的でユーモアのあるかたばかり。
暖かい暖炉に照らされながら
話もはずみました。

さて、青梅駅から電車に乗って
東京方面へ戻ります。



町の灯りと人々が
駅ごとに増えてゆき、
いよいよ旅もおしまい。
再会を願って電車を降りました。


今回のハナネコ女子会『しずくロード』も
とてもよいコースで楽しかったです。
あいかわらずノロノロのあたいちゃんだったけど
しずくさん、皆々さま、
どうもありがとうございました!


2016年12月7日水曜日

ハナネコ女子会(3)エメラルドと黄金の湖


ハナネコ女子会(1)朱紅の駅
ハナネコ女子会(2)照紅葉の散歩道
のつづき。


さて、いよいよ奥多摩の
通称エメラルド湖へたどり着きました! 








BGMは『エメラルドの伝説』ザ・テンプターズ
でいかがでしょう?(笑)



♪湖は 色を変えたのさ
きみの瞳の エメラルド~



紅葉のピークは過ぎてしまった、
と聞いていたけど
樹木の種類や場所によってはまだ真っ盛りでした!















▼ブッシュ・ド・ノエル、秋バーションみたいな。
美味しそう~





▼こちらはしっとりガトーショコラに抹茶とキャラメル!
がるっるるるるrrrr





▼誰かが並べたかのように均等に





数々の名作品を
この湖で撮っているしずくさん。

写真教室の提出セミナーでも
いがり先生に相当気に入られていた何枚かは
ここで撮ったものでした。
→ 『わくわく、ドキドキの写真セミナー』 


そんな『憧れのしずくロード』

あたいは何か見つけられるかな?






▼森の中にはカヌーの棚がカラフルに。




最初のポイントへ到着。

紅葉にはすこし遅かったけど
曇り空ながらこの色合い♪













遠浅ぎみになっている岸辺は
水草が透けてみえて本当にきれい!

▼どこから水の中か
境目がわからないほど。




どこもかしこもキレイで
同じような写真がつづくけど
お付き合いくだされ~(=^・・^=)スマンス










▼「女子会」だけど
女子のみなさんと仲良くしてくださる
ナイス男子がお二人参加してまーす♪
















▼JR青梅線の橋梁と。
ぼかしすぎた。





▼あーーー ピンボケ。
たぶんお腹が空いたせいなのだわ。
なにか食べられそうな実や葉っぱはないかなー。


(今、「pいんぼケ」って入力されたし)


......と思っていたら、


▼途中の小休憩で
前から順にお菓子が回ってきました!(^o^)/

珍しいキットカットとか、
何味か書いてないチロルチョコとか、
みなさん、ひと味ちがうセレクトがナイスです。




チャージ完了。
ふたたび元気にレッツゴー。



しずくさんが前日下見してくれた
黄金のカエデが現われて
みんな、今日イチの歓声です!













湖の幻想的なエメラルド色も出てきて。


どこから撮っても
あたいが撮っても
スマホで撮っても
とにかくキレイ!!





カメラの露出(明るさ)は上げたけど
色加工はしてません。

撮ったまま、天然色です。































あぁ、2016年の秋、さよーならー (*^^*)/~~~





去年、家族で来たときとは
ぜんぜん違う写真が撮れて大満足でした。